彼方から。 彼方から

彼方から (1) (白泉社文庫)

20歳。 そこにまたアレフ。 自分がイザークを変貌させてしまう事実を暴露されて彼の元を去ろうとするが、彼の強い想いを受け、イザークを守り傍に居続けることを誓う。 どっとはらい。 天上鬼の力とは、世界に闇をもたらす恐ろしい力だと言われ、その強力な力故に各国のお偉いさん方は「我こそ覇者に」と手に入れようとしています。

Next

彼方から

見たことも無い樹海に落とされ、異形の虫の襲来に怯える彼女を救ったのは、渡り戦士の イザークだった。 なんとか状況を飲み込もうとする典子は、人間離れした不思議な力を持つ青年・イザークに連れられて樹海を脱出し、広大な世界へと踏み出すのだった。 迷って困るようならいっその事二軒構えてしまえと、ジェイダさんの 重鎮仲間、グセナ国のエンリ、カイノワ両大臣にも渡りをつけ、 ガーヤおばさんのお店のほど近くに小さなお屋敷を構えてもらいます。 ノリコに想いを寄せてイザークと恋の駆け引きを演じるが、ノリコがイザークと相思相愛と知って身を引いた。 ザーゴ国から逃れてきたノリコ達一行を迎え入れる。

Next

彼方からのネタバレと最終回の結末は?あらすじや感想も紹介|はぐれめたる

ニンガーナ、シェフコ、トラウス兄弟 ワーザロッテ親衛隊の面々。 さて日々の暮らしです。 もうすでに人生半分牛耳ったかと思うほどイザークの今後に 関わりたがります。 異世界召喚ファンタジーが好きならばぜひぜひぜひぜひに! 超おすすめです。 53歳。 パロイ ザーゴ国の新国王。

Next

彼方から此処へ / EXILE ダウンロード・試聴

第二部中盤でテレパシー能力(ただし相手はイザーク限定)を身に付け、第五部終盤では「目覚め」として覚醒し光の世界への扉を開いた。 ある日の下校中、爆破事件に巻き込まれて異世界へ飛ばされてしまいます。 高飛車でプライドの高い性格。 そんな気持ちになった(マジで)。 ガーヤたちの助けによって隣国グゼナへ亡命した後、各地で身を隠しているはずの同志を捜す旅に出て、最終的に光の地エンナマルナに行きつく。 ラチェフ様を粉微塵にしちゃってから半年位は経ってるよね。

Next

彼方から 1巻

〜もくじ〜• 「元凶」 ラチェフ一派からは「主」とも呼ばれる。 そんなこんなでまんまとアレフの口車に乗り、結婚宣言という名の 夜の営み独占契約をおおっぴらにしてしまうわけです。 本邸にはニアナさんも グローシアもいますから心強くて嬉しいノリコでした。 それまでは「あんた」扱いだったのが花の町では 「お前」呼ばわり。 「自分は無力だが、無力なりにできることを全力でする」を信条とし、随所で芯の強さを発揮する。

Next

彼方から (かなたから)とは【ピクシブ百科事典】

グセナにも5ヵ月位居た模様。 幼少の頃から、後に世界に闇をもたらす「天上鬼」になると言われて育つ。 厄介事には慣れたもんだ。 当初は毎月連載だったが、作者の体調不良による休載後に隔月連載となり、数度の休載を挟みながら12年の歳月を経て完結した。 ラチェフみたいな屈折男も彼女のツボかも知れない。 幼少時代の経緯から自分を否定される事に敏感で、自分に従わない者に対しては苛立ち、時に激昂する。 結局ノリコが元の世界に戻ることはないけど、一方通行で元の世界に連絡することができるようになるのでノリコの家族も救われたなぁと。

Next

彼方から

いわゆる魔法は存在しないが、衝撃波(作中で「遠当て」と呼ばれる)を発する・未来視や透視を行う(占者)・超人的な跳躍力を発揮する(アクロバット能力者)・風を操る(風使い)などが可能な「能力者」が少なからず存在する。 だってこのわけのわからない言い伝え ? も、人間の性ホルモンに 関係していると考えられ発生したみたいですよ。 グゼナ国の国専占者だったが、大臣ワーザロッテが連れてきた占者タザシーナにその地位を奪われ、自宅に嫌がらせを受けるようになっていた。 そして二人の第二の母、 ガーヤおばさんが店舗移転して住んでますから、迷うところです。 19歳。

Next

彼方から (1) (白泉社文庫)

色素が薄く、目も髪も茶色っぽい色をしている。 第一部 [ ] 立木 典子(たちき のりこ) - 本作の主人公。 ノリコと同じ年頃で、明るくしっかり者な性格。 ドロス 声 - ラチェフとタザシーナに脅され利用されていたやや愚鈍な青年。 人々は基本的に男女ともに長髪で、腰に帯を巻いた長衣を纏う。 おそらく、今後もっと大きく世界的に評価されていく、日本の誇れる作品のひとつなのではないかと思っている。 ここでノリコの前向きさが光ります。

Next