プラバン おしゃれ。 プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツ!|DIYと暮らしを楽しむ

プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツ!|DIYと暮らしを楽しむ

シンプルなものが作りやすいです。 大人のための大人による大人だけの 笑 ・・・プラバンをご紹介しちゃいます! ヤスリがけが雑過ぎると色鉛筆で着色した時にムラが出ることがありますが、かなり細かくヤスリがけし過ぎると色が乗らないこともあります。 しかも、以前からあるプラバンだけでなく、色々な画材が使えるプラバンや、好きなイラストや写真がプリントできるプラバンなど、進化を遂げたプラバンが販売されています。 ムラが無くなるまで乾かしながら重ね塗りを繰り返す この4ステップで簡単に作ることが出来ます。 プラバンを準備し、プラバンにやすりがけをします。

Next

【更新】プラバン 海外/国内おしゃれデザインと作り方まとめ*立体あり

次に、ポスカで塗りつぶす部分を、まずは囲ってから一つずつ塗りつぶしていきます。 逆に、全ての面に色を塗るのであれば、やすりがけをしたプラバンやフロストタイプの半透明プラバンを使った方が、ポスカで色を塗ったりがやりやすくなります。 今回はプラバンキーホルダーの作り方の紹介をしていきます。 (フロストタイプのプラバンを使っている場合、油性マジックのみで絵を描く場合はこの過程は不要です。 でも、 半透明プラバンの裏側をポスカで塗っていない状態で焼くと、色の塗られていない部分は白くなって焼き上がるので、透明で透き通ったものは作れなくなってしまいます。 ポスカの極細ペンを使って細かな文字を書いても、インクをプラバン上で弾いてしまって文字が汚くなってしまうことがないので、便利で書きやすくて快適にプラバンが作れます。

Next

大人のプラバンを始めよう! プラ板デザインまとめ レシピ・作り方・必要なもの【ハンドメイドまとめ】

全体的に均等に白く濁った半透明の状態になれば、色鉛筆での着色が可能になります。 プラバン(100均のもので大丈夫です)• プラバンにつける金具を変えるだけでもいろんなアクセサリーが作れてしまいますし、たくさん量産したい場合も同じ下絵を使えば同じデザインのものも作ることができてしまいます。 ポスカがまだ乾いていないのに焼き始めてしまうと、ポスカで書いたラインや塗りつぶした場所に、ひび割れや粉吹きが起きてしまう失敗が起こりやすくなります。 ポスカの細字タイプを使う• はさみ• 「プラバンが真っ直ぐに焼けなくて困っている!」という場合には、プラバンを真っ直ぐに焼けるコツを動画付きでまとめているこちらの記事が参考になります。 ポスカの色ムラが気になって何度も塗り重ねて厚塗り状態になってしまうと、トースターで焼いた時にヒビが入ってしまったり、不自然に粉っぽい状態になり汚くなってしまいます。 時々インクを弾いてしまうこともありますが、この方法を使うと綺麗に書けることも多いです。

Next

プラバンにポスカで着色する時に塗り方で失敗しないコツと作り方!|DIYと暮らしを楽しむ

全体的に白く濁った感じになれば、プラバンの表面に細かく均等に傷が付いた状態になっているので、色鉛筆や水性ペンで着色することが出来ます。 今日は、そんなプラバンの新世界? でもこんなデザインなら、大人女子でもおしゃれに使えます。 5.くにゃくにゃになって縮んで行きますが、しばらくたつとほぼ平らになります。 フロストタイプではないプラバンであっても、やすりがけや除光液を使うことで、色鉛筆で着色をしても弾かずに色を付けることが出来る状態になるからです。 2.アクセサリーにする場合はこの時点で穴あけパンチで金具をつけるための穴をあけます。 色えんぴつやパステルが使えるので便利です。 コツさえ掴んでしまえば、焼く工程も簡単にできてしまいますよ。

Next

【更新】プラバン 海外/国内おしゃれデザインと作り方まとめ*立体あり

手に色がつきます。 プラバンに塗ったポスカがしっかりと乾いていることをもう一度確認して、ちゃんと乾いていればトースターで焼けば完成です。 特にやすり(目の細かいもの)は色鉛筆やパステルを使う際は、専用のプラバンでない限り必須となります。 この塗り方だと、何も決めずにぐしゃぐしゃにペン先を動かして塗った時よりも、ポスカの色ムラが気にならなくなるからです。 4.オーブントースターにくしゃくしゃにしたアルミホイルをしき、プラバンを置いて焼きます。 プラバンの表面を目の細かい紙やすりで、縦横斜めと軽く擦って均等に傷を付けて、最後に円を描くようにくるくるとヤスリがけして仕上げます。

Next

大人のプラバンを始めよう! プラ板デザインまとめ レシピ・作り方・必要なもの【ハンドメイドまとめ】

ただ、 筆圧が強いと下の色が剥げてしまうこともあるので、重ねて書く時にはあまり強く書きすぎないように注意しないといけません! ポスカの着色で色を塗ったプラバンを焼く プラバンにポスカで色が塗れたら、しっかりと乾かしてからはさみでカットします。 まず、モチーフとなる絵を用意します。 細かな小さ過ぎる文字や線を書かない• 3mmの種類のみになっています。 こんな風に先に塗っていた色と違う色のポスカを使って重ねて書いても、色が滲んだり混ざらないで綺麗に重ねて書くことが出来ます。 3mm以上の厚みがあるプラバンで色鉛筆を使いたい場合には、0. 着色したプラバンをはさみカットしたり、穴あけパンチでキーホルダーの金具を通すための穴をあけます。 その他必要に応じて、穴あけパンチ、紙やすり、ニスやレジンなどのつやを出す画材、キーホルダーやアクセサリーの金具などを用意しましょう。

Next