国交 省 洪水 浸水 想定 区域。 洪水浸水想定区域を指定しました

洪水浸水想定区域

区域図は国交省の各河川事務所やホームページで見ることができ、家屋が倒壊する氾濫(はんらん)区域なども記されている。 6kmの人工河川(昭和40年完成)です。 想定最大規模として利根川沿いは伊勢崎、太田、館林市と玉村、板倉、明和、千代田、大泉、邑楽町に浸水し、最大の水深は板倉町飯野の一部で約一〇・二メートルと予測。 県は6月、県管理の18河川についての浸水想定区域を公表。 jsp) 4)レーザープロファイラー測量 航空機からレーザーを照射し地表面を測量する技術。 本ホームページは、新潟県が管理する河川で作成した洪水浸水想定区域図を地域住民の皆様へ公表することを目的としており、今後も作成した河川について逐次掲載する予定です。 なお、富山河川国道事務所では、平成27年の関東・東北豪雨の状況等も踏まえ、「常願寺川・神通川・庄川及び小矢部川大規模氾濫に関する減災対策協議会」を平成28年4月21日に設置し、流域の関係機関と減災のための目標を共有した上で、対策に取り組んでいきます。

Next

新潟県内の洪水浸水想定区域図

72時間で812ミリの雨が降るとの想定で、桐生市など4市5町で浸水する。 0km)で堤防決壊した場合、江戸川区が浸水し、はん濫域の人口は約160万人注5から約220万人注5に増加。 〇国交省サイト 報道発表資料「水防法等の一部を改正する法律案について」 平成27年2月20日 この中で、「想定し得る最大規模の洪水・内水・高潮への対策 」として、「現行の洪水に係る浸水想定区域について、想定し得る最大規模の降雨を前提とした区域に拡充するとともに、新たに、いわゆる内水及び高潮に係る浸水想定区域制度を設ける」こととしました。 07MB• 葛飾区役所周辺の浸水深は、0. 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 <外部リンク>• 減災の取組の一環として、市町村長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、最上川水系において、想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域や家屋倒壊等氾濫想定区域を公表しました。 5m〜1m程度から2階の床が浸水する3m程度に増加する(資料3、P2)。

Next

富山河川国道事務所|国土交通省 北陸地方整備局|かわの情報|防災情報|とやまの洪水浸水想定区域図

高さ方向の誤差は一般に15cm程度。 近年、短時間強雨等の発生頻度が増加し、想定を超える大規模な氾濫・水害が増えており、市町村長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、新たに想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図等を作成したものです。 関東地方整備局によれば、建設中の八ッ場ダムは、利根川流域に200年に一度の規模の大雨が降った時に洪水を軽減するための施設です。 広範囲の測量を精度良く短時間に行い、電子データとして処理できる。 現在、豊川には上流に洪水調節を行うダムが無く、河道が狭く流下能力が不足している箇所があるため、洪水に対する警戒は常に必要です。 / / / / / / / / / / / / / / 国土交通省ハザードマップポータルサイト 全国の区市町村が作成した各種ハザードマップの検索・閲覧ができるウェブサイトは、です。

Next

荒川の洪水はん濫時の浸水想定の公表について : 防災情報のページ

ktr. このたび、減災の取組の一環として、市町村長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、久慈川水系久慈川、里川、山田川及び那珂川水系那珂川、藤井川、桜川、涸沼川が氾濫した場合に浸水が想定される区域、予想される水深及び浸水継続時間を示した「洪水浸水想定区域」を水防法第14条の第1項及び同条第3項の規定に基づき指定・公表し、関係市町村へ通知します。 利根川、渡良瀬川以外に公表された17歌仙で想定区域に県内が関係するのは広瀬川、小山川、早川、桐生川、旗川、秋山川、矢場川、多々良川。 洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。 <外部リンク>• 通知を受けた市町は、地域防災計画の見直しや洪水ハザードマップの作成・公表・普及を行います。 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 仮に未曾有の豪雨があって浸水被害があった場合に、あらかじめ警告しておいたことだと、行政の責任回避のために、公表されたようにも思われます。

Next

浸水想定区域図

19MB• 指定する洪水予報河川および水位周知河川は、次の20河川です。 しかし、2015年9月の利根川支流の鬼怒川水害で明らかになったように、堤防が未整備な箇所があり、数十年に一度の規模の大雨でも内水氾濫による水害が発生しています。 これらに指定されていない河川についても、必要に応じて、洪水浸水想定区域図を作成・公表しています。 1.想定最大規模降雨により想定される浸水の区域 2.浸水した場合に想定される水深 3.浸水した場合に想定される浸水継続時間 4.基本高水の設定の前提となる降雨により当該河川が氾濫した場合に 浸水が想定される区域及び浸水した場合に想定される水深 5.洪水氾濫流により、家屋が流失・倒壊するおそれがある範囲 6.洪水時の河岸侵食により、家屋が流失・倒壊するおそれがある範囲 なお、今回作成の洪水浸水想定区域図は、水防法の規定に基づき関係する市町に通知しています。 ただし、「浸水想定区域図」は日野川および法勝寺川が氾濫した場合を想定したものであり、想定を越える大雨が降った場合や高潮などによる氾濫を想定したものではありません。 洪水浸水想定区域等をご覧になるには、山形河川国道事務所 調査第一課において縦覧しているほか、当ホームページからダウンロードできます。

Next

富山河川国道事務所|国土交通省 北陸地方整備局|かわの情報|防災情報|とやまの洪水浸水想定区域図

計算条件等 対象となる降雨や河道の整備状況などの計算条件は、洪水浸水想定区域図に記載しています。 PDF 125KB• 6MB• 今回作成した豊川・矢作川の洪水浸水想定区域図として明示する事項は以下の通りです。 「温暖化の進行により危惧されているような 極端な雨の降り方が現実に起きており、明らかに雨の降り方が変化している」、「いつ大規模噴火が起こってもおかしくない」という状況を、「新たなステージ」と捉え、「危機感をもって防災・減災対策に取り組んでいく必要がある。 ただし、「洪水浸水想定区域図」は吉井川、金剛川、旭川、百間川、高梁川、小田川が氾濫した場合を想定したものであり、想定を越える大雨が降った場合や高潮などによる氾濫を想定したものではありません。 これまでの経過は以下の通りです。

Next

洪水・土砂災害ハザードマップ|能美市

。 <外部リンク> 新潟県 洪水浸水想定区域図. ここでは、国土交通省及び都道府県が公表している洪水浸水想定区域図に関する情報と、市町村が作成した洪水ハザードマップ等に関する情報を掲載しております。 浸水の予想される区域およびその程度は、雨の降り方や土地の変化、河川の整備状況などにより変化することがあり、地図に示した区域以外も浸水することがあります。 水害リスク図について 洪水予報河川/水位周知河川以外の河川について、水害リスク図として次の河川を公表します。 最終更新日 2020年5月26日 | ページID 008953 洪水浸水想定区域の指定について 水防法第14条第1項の規定に基づき、洪水予報河川および水位周知河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水災による被害の軽減を図るため、想定最大規模降雨(想定し得る最大規模の降雨)により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定しました。 併せて、一定の条件下において家屋の倒壊・流出をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域として、「家屋倒壊等氾濫想定区域」を公表いたします。

Next