ご尽力 意味。 「尽力」の意味と使い方とは?敬語や類語「お力添え」との違いも

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

「及ばずながらお-しましょう」 「お-を願いたい」 一方で「お力添え」とは、手助けすること・援助をするという意味合いがあります。 「尽力」を使った例文(自分に対して使う場合) 先にも述べましたが、自分に対して使用する場合には尊敬語である「ご尽力」はふさわしくありません。 そんなときに失敗しがちなのが、自分の会社を「弊社」と言ってしまうことです。 「支援いただき」「協力いただき」という言い方を目上の人にすると、失礼にあたります。 また「尽力を注ぐ」とすると「力を尽くすことを注ぐ」と意味が重複しますので、重語にあたります。 「存じます」とは「思う」の謙譲語に「ます」という丁寧語がついた形です。

Next

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

「精進」の読み方は「しょうじん」です。 一方、「お力添え」の方はどうかというと、「力添え」は「力を添える」ですから、そのまま「援助」「助力」という意味です。 「いたします」は自分がすることですが、させてもらうのは、相手の許可が必要になります。 力を尽くす 既に漢字に現れているように「力を尽くす」「全力で努力する」「精いっぱい対応する」といった姿勢を伝える表現です。 ・この度は、弊社にお力添えいただきありがとうございます。 相手に対しては「ご尽力」。 目上の人に対しては、たとえば自分の身内に対して何か努力をしてくれた、力になってくれた折などに尊敬と感謝の気持ちを込めて使いましょう。

Next

「尽力」の意味や使い方から類語まで、例文付きで解説!これでお礼や抱負を述べるときに困らない

ご支援 ご支援もご協力と同様、シーンを問わずに使える表現となります。 「お力添え」は、「尽力」よりも、より「助ける」という言葉に近いです。 「尽力」は上に「ご」がつくと尊敬語となるため、自分に対して用いることはできません。 ・お力添えを頂いたにも関わらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありません。 また、似たようなで 「尽力を注ぐ」という表現もありますが、こちらも重複表現に当たります。 「誠心誠意努めて参ります」などの使い方があります。

Next

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

たとえば、「ご尽力されている環境活動について伺う」という風に使うことができます。 「努める」には、力を尽くす・努力する、という意味があります。 「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 平素よりご尽力を賜り、感謝申し上げます。 シチュエーションによってどちらを使うのか区別します。

Next

「尽力いたします」の意味とビジネスでの使い方|メール/履歴書

この場合、「要望の実現ができない可能性もある」ということを暗に示唆することによって、いざ要望が実現できなかった時に相手が抱く不満を和らげたいといった意図などから、使われることが多いフレーズです。 力を出し切る事・全力を出して取り組むことを相手に伝えたい時、自分の行動をへりくだる謙譲語を使って丁寧に表した形です。 さらに「~してもらう」という言葉の謙譲語の「 いただき」。 相手に対して感謝の気持ちをしっかりと伝えるためにも、ここで適切な敬語表現を押さえておきましょう。 「精励する所存にございます」は非常に丁寧な言い回しになります。

Next

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

口で直接伝える場合や、手紙やメールなど、伝え方はさまざまです。 」 「この度はお力添えありがとうございました。 文章の場合は「貴社」と表現することが一般的だと言われています。 「努力します」と言うこともできますが、 「尽力します」と言った方が、「ただの努力ではなく、全身全霊で頑張っていく」という強い気持ちを伝えられます。 尽力いたしますの意味を英語で表現すると「effort」 尽力いたしますの意味を英語で表現する際には「effort」という英単語が役立ちます。

Next

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

受け身で使用する場合は「ご」や「お」をなくして話しましょう。 まとめ 「尽力」は、自分が力を尽くして対応するという意味で使用できる言葉で、ビジネスでは「頑張ります!」ではなく「尽力いたします」というのが通例です。 言葉遣いの他にも、身だしなみやメール・電話のマナーなど細かいところでも求められます。 注意しましょう。 「弊社」は相手にへりくだって使う謙譲語 「弊社」という言葉は、「自分の会社」をへりくだって言う場合に使われる謙譲語です。

Next

「尽力」の意味と使い方とは?敬語や類語「お力添え」との違いも

そのうえであなたの会話の幅が広がるように 類語もみてみましょう。 また、目上の人に対してお願いごとをしたいときには、努力を相手に要求するのは違和感があるため「お力添え」が一般的とされます。 「ご尽力」は、力を尽くしてもらったり、努力した時に使用する敬語で、「お力添え」は、支援をもらったりお願いする時使用する敬語です。 「尽力」と「注力」の使い方の違い 「尽力」と似た言葉には「注力」もあります。 ・この度は、プロジェクト実施において、皆様より多大なるご尽力を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。

Next