リアルタイム レーダー 高 解像度。 高解像度降雨ナウキャストを使いこなす

ミリ波レーダーに認識力、新原理で一気に超高解像に

次ページでログインまたはお申し込みください。 そして、今回提供が始まった高解像度降雨ナウキャスト。 バーチャル・レシーバーは、水平・垂直解像度の両方を提供するのに使用され、水平・垂直解像度の新しいベンチマークレベルを達成する。 国土交通省防災情報提供センター【リアルタイムレーダー】 出典:国土交通省ホームページ 該当する地域(大阪、京都、福岡)をズームすると更に解像度高く表示されます。 5メートルの分解能よりもはるかに低く、Sequoiaのような小型衛星で同様の性能を実現することも難しい。 地図とともにさまざまな情報を表示する「HOME」画面は、その真骨頂だ。 さらに、雨雲の動きも出ますのでどちらに流れているのかも見えてきます。

Next

高解像度観測画像をリアルタイムで取得できるCapella Spaceの最新衛星技術

その他• 非常に見やすいサイトです。 雨雲レーダー大阪、京都、福岡 気象レーダーのリンクを集めました。 民生技術の軍事利用を専門に扱うは、戦闘機の識別だけでなく、ミサイルやその他の飛翔体のモデルの特定も可能になると見込んでいる。 竜巻については、「竜巻が今にも発生する(または発生している)可能性の程度」を示し、発生度4以上ということです そして、 虫眼鏡マークのツールをクリックすると、 地域の河川や 道路・鉄道などの情報が地図上に現れてきます(下図) というか、 この河川や町名などがないと、地図を拡大したときにドコなのかまったく判別がつかなくなってきます。 先の記事では、気象協会のサイトを例にしていますが、その理由として、気象庁は、やはりどこかお堅いサイトになっていて、とくにスマートフォンなどでは、改行すらされていないリンク文字にタップすら厳しいという、とても親切とは言いがたいものがあったからです。 ただし、この技術自体の将来性は高い。 健康・生活• ミリ波レーダーの進化が著しい。

Next

台風やゲリラ豪雨への備えに! 降水状況をグラフィカルに表示できる雨雲レーダーサイト5選

Capella Spaceによると、新しい衛星デザインは「顧客からのフィードバックの結果」であり、高速充電や迅速なリサイクルのために改良されたソーラーアレイや、一度に長時間の撮影を可能にする進化した温度管理、顧客のニーズに応じたより高速なターゲット設定の切り替えといった改良が含まれるという。 方位分解能の向上に寄与する。 ミリ波レーダーが「LiDARキラー」になりつつある。 フレーム間処理 [ ] フレーム間処理では、処理対象となる1つのフレームが持つ画素情報だけでなくその前後のフレームが持つ画素情報を参照することで、対象フレームに含まれるノイズを効果的に除去しながら対象フレームの輝度情報を大幅に向上出来る。 概説 [ ] 「超解像」は主に従来の動画の変換で用いられている「」に近い用語として企業の商品宣伝に使われている。

Next

ミリ波レーダーに認識力、新原理で一気に超高解像に

日本気象協会が「過去の天気」に関するAPIを提供開始。 2016年9月17日閲覧。 デジタル台風:リアルタイム雨雲レーダー画像 (Google Maps版) 北本朝展様(国立情報学研究所(NII)のサイトです。 この能力とそれによって得られる重要な数々のデータが、車両インテリジェンスと安全システムの継続的な改善のための情報として、ソフトウェアシステムに供給されるのだ。 その他の分野における超解像技術 [ ] また、の分野ではによるが有効と考えられ VLBI の分解能限界を超えた超解像の画像を得られる。 このアプリケーションのために、 などの最近の技術が開発されている。

Next

【ナビレビュー】ケンウッドの最新“彩速ナビ”「MDV

もともとはステルス機の検出が期待されていたが、ポピュラー・メカニクス誌によると、現在では難しいと考えられているようだ。 それはディスプレイがドライバー側に近くなることで、見た目の表示サイズが大きくなること。 構造としては本体とその下部に用意されたマウント機構によりディスプレイを装着と、先発の他メーカーと大きく変わらない。 このガッチリ感はタッチパネルでの操作時にも有効で、彩速ナビならではのレスポンスと相まって気持ちよくナビを操作できる。 日本気象協会 全国の雨雲の動き 実況 出典:日本気象協会(tenki. SDメモリーカードを使った映像や音楽再生にも対応する。 雨雲の動きは、降雨が黄色~赤色の激しい部分だけを予測しています 雷の発生状況は活動度2度以上ということで、雷が実際あることを記しています。 アプリ• まぁ、これはクルマやドライバーの体格によって異なるけれど、遠いより近い方が操作しやすいのは間違いない。

Next

日本気象協会、高解像度ナウキャスト対応のAndroidアプリ「豪雨レーダー」リリース

また、業務用途のものも基本的にリアルタイム処理であり、たとえば手持ちの旧映像を長時間かけて高解像度化するといった非リアルタイム処理の研究は不思議なほど発表されていない。 ステルス機も微弱ながらレーダー波を反射するため、量子レーダーでそれを捉えられると考えられていたが、技術的にはそう簡単ではないという。 活用ガイド• 高解像度自動車用レーダーの新しい標準を提案すべく、正確な検知、広範囲スキャン、高回復力を提供するため、このiCONレーダーは、米軍が使用している先進技術が採用されている。 「え? じゃあ、取り付けてからやっぱりもっと前に出したいなんてことになったら面倒じゃん!」と思うかもしれないけれど、同社では装着時の推奨位置を車種ごとに公開している。 台風やゲリラ豪雨が急増する6月から9月ごろにかけて重宝するのが、雨雲の位置を表示してくれるレーダーサービスだ。 これに従っておけば、装着したのはいいけれどワイパレバーに干渉してしまって装着やり直し、なんて面倒なことにはならないので安心だ。 これは、レーダー以外にも索敵範囲内にある高温の物体がマイクロ波を自然放出しており、そのノイズにターゲットからの反射波が紛れてしまうためだ。

Next

高解像度観測画像をリアルタイムで取得できるCapella Spaceの最新衛星技術

ストレスなくカーナビ操作が可能 ひたすら画面に文字を費やしてしまったので、そのほかのスペックは簡潔に。 カーナビが純正装着されているモデルなど、一部を除き多くの車両に装着でき、しかも車種専用フィッティングを使わないのでコストがかからず、クルマを買い換えた時には付け替えができる場合も多い。 灯火のおかげで敵を見つけやすくなる反面、敵から反射した光が自分自身をも照らし出し、位置を教えることになってしまう。 歴史 [ ] この技術そのものは2000年以前から研究されていたが、2000年代なかごろから始まった平面パネルを持つテレビ画面の大画面化競争とその価格低下や、標準解像度程度の映像ソフト資産の存在、半導体技術の向上などによって、一般消費者が居間の映像機器によって高解像度化処理を行なうことが現実的になった。 このような特性から同誌は、量子レーダーは「戦闘のあり方を変革する可能性のある、新しい高解像度のレーダーシステム」であると述べている。

Next

急な雨・雷対策に 5分間隔・250メートル単位で降水予測「高解像度降水ナウキャスト」 気象庁が開始

5分おきに更新しています。 2020年1月25日閲覧。 自動運転に必要なセンサーとして脚光を浴びるLiDAR(Light Detection and Ranging)の陰でこれまで目立たなかったが、この1年ほどの間に急激に存在感を高めている。 といわれても、よくわからないのですが、雨粒の発生や落下を計算する対流予測モデルを用いた、ということです。 こういった処理すべてを、動画映像が流れる実時間内ですべて処理する必要があり、かなり強力な演算能力が求められる。 さらに有償サービスを利用すれば「スマートループ渋滞情報」など、便利な情報も手に入れることができる。 Inc, Sony Marketing Japan. 9V型の大画面と相まってドライブが楽しくなること請け合い。

Next