スレイマン イブラヒム。 イブラヒム・パシャ:スレイマンに寵愛されて捨てられたオスマン帝国大宰相

スレイマン1世 〜オスマン帝国の最盛期を築いた大帝

彼はかなり早い段階でに改宗していたが、キリスト教徒としてのルーツを完全に捨てたわけでもなく、キリスト教徒の両親をオスマン帝国の首都に住まわせてもいた。 その1年後、大宰相に指名されて13年目の1536年に、イブラヒムは処刑された。 ムスタファが玉座に就けばヒュッレムの息子たちは慣習に従い殺される。 第7話:運命の導き 大宰相イブラヒムの失脚をもくろむ財務長官イスケンデルは、皇帝に書簡を送り、ペルシャに新王国を建てるという彼の野望を告発する。 従者が語ったヒュッレム失踪の真相とは…。

Next

スレイマン1世

遠征中のオスマン帝国軍は幾多の勝利を挙げて帰路に。 離婚騒動 1541年。 働いている人にも見やすい時間で毎週やっていったら絶対に惹きつけると思うのだが・・・。 そこで彼は、同年代の皇太子スレイマンと親しくなった。 スレイマンが頭を悩ませていることについて話し出し…。 マヒデブランの苦悩 愛しの息子、ムスタファがどんどん苦境に立たされて、気が気じゃないマヒデブラン。 しかしながら、このような同時代人の内部批判は、その背景をよく考える必要がある。

Next

スレイマン1世|オスマン帝国最盛期の皇帝でスレイマン大帝として知られる名君

一方、イスタンブールの法官の悪評が皇帝の耳にも入り、召喚して、事実関係を問いただすことになる。 1493年に生まれ、1536年3月15日)にて死去。 動揺するヒュッレムをよそに、イブラヒムはヒュッレムを倒すべくスレイマンの前で勝負に出る。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」前回のあらすじ 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」の前回のあらすじです。 マニサではヒュッレムの送り込んだ間諜捜しが続いていた。 1人で考え続けていたスレイマンだったが、雪がちらつく夜、法官エブッスードのもとを訪れて決断を下したと語る。 その頃、マニサではムスタファが海賊の船に乗り込んで人質を救出。

Next

スレイマン1世 〜オスマン帝国の最盛期を築いた大帝

第8話:魔法の手 側女フィルーゼはスレイマン皇帝から紫の手巾を受け取り夜伽を務めた。 第22話:新たな手札 神聖な木曜の夜にご寝所に向かったヒュッレムだが、スレイマン皇帝に門前払いされてショックを受ける。 ()(1531年 - 1553年) 年表 [ ]• ハティジェはイブラヒムから届いた愛の手紙を読んで心の折り合いをつけようとしていたが、後宮に現れた人物を見て目を疑う。 それぞれの存在が、様々な思惑渦巻く宮廷に争いの火種を生み、固い絆で結ばれたスレイマンとイブラヒムの関係にも亀裂を生んでいく……。 トプカプ宮殿では新任の後宮出納官アフィフェの主導でスレイマン皇帝のための宴が準備されていた。

Next

【女性】オスマン帝国の内廷とハレム

ヒュッレムは言葉巧みにマヒデブランとムスタファの危険性をスレイマンに吹き込む。 第49話:暗殺命令 皇女ハティジェの刺客ディアナは女官ファーリエとして後宮に溶け込んでいた。 スレイマン 不明 早逝 アフメドあるいはオルハン 1552年死亡。 (かわいらしいから。 やがて法廷でイブラヒムに暴言を吐いた商人とイブラヒムの裁判が始まる。

Next

【オスマン帝国の歴史を学ぶ】壮麗王スレイマン1世と「女人の統治」

第78話:亀裂 ブルサでムスタファと会うことにしたスレイマン皇帝に、ヒュッレムは言葉巧みにムスタファへの悪意を植えつける。 このことから、ヒュッレムの子と異腹の子たち、更にヒュッレムの子同士の間でスレイマン1世の後継者を巡る激しい争いが行われ、後宮の女性が政治に容喙する端緒を作ったと言われる。 マヒデブランにとっては最初の男子になります。 皇帝スレイマンは大宰相アヤスに告発の真偽を調査させる。 - に勝利。

Next