グラミー 賞 歴代。 グラミー賞で今までに最も多く受賞しているアーティストは誰?

グラミー賞の最優秀オルタナティブ・アルバム賞~歴代

最優秀長編ミュージック・ビデオ賞 過去の賞• ダニエル・カルーヤ「ゲット・アウト」• ビービー・レクサ (Bebe Rexha)• 最優秀サルサ・アルバム賞• 最優秀ゴスペル・ヴォーカル・パフォーマンス賞男性部門• 曲を聞いたことがない人でも名前ぐらいは聞いたことがあるという人が多いと思います。 最優秀子供のためのアルバム賞 コメディ・アルバム [ ]• 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ賞• 最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞 過去の賞• レディー・ガガ「アリー/スター誕生」• 「キープ・ミー・イン・ユア・ハート」 ウォーレン・ジヴォン• ナンシー・マイヤーズ 「恋するベーカリー」• ウィレム・デフォー「永遠の門 ゴッホの見た未来」• マリファナメン (Marijuanamen)• ケイト・ブランシェット 「Where'd You Go, Bernadette(邦題未定)」• 「ザ・ミドル」 (The Middle) ゼッド&マレン・モリス&グレイ (Zedd, Maren Morris, Grey)• 「ユア・ビューティフル」 ジェイムス・ブラント ()• 「ミキサー」「音響エンジニア」「録音技師」といった専門家に授与されます。 アダム・ドライバー 「マリッジ・ストーリー」• 「ムーンライズ・キングダム」• また同部門において、コンテンポラリー・フォークとアメリカーナ、コンテンポラリー・ブルースとトラディショナル・ブルースの区別がなくなってきたことから、のトラディショナルとコンテンポラリー、のトラディショナルとコンテンポラリーがそれぞれ統合された。 「シング・ストリート 未来へのうた」 監督賞 デミアン・チャゼル 「ラ・ラ・ランド」• クリント・イーストウッド 「父親たちの星条旗」• ポン・ジュノ 「パラサイト 半地下の家族」• 「ラヴァー」 (Lover) テイラー・スウィフト (Taylor Swift)• 「プラダを着た悪魔」• ケイト・ブランシェット 「あるスキャンダルの覚え書き」• ティモシー・シャラメ「君の名前で僕を呼んで」• 「 ロケットマン」 (公開:2019年8月)• 「レディオアクティブ」 (Radioactive) イマジン・ドラゴン• 最優秀トラディショナル・ゴスペル・アルバム賞• 「ユー・ビロング・ウィズ・ミー」 (You Belong with Me) テイラー・スウィフト 最優秀楽曲賞 「シングル・レディース プット・ア・リング・オン・イット 」 (Single Ladies~Put a Ring on It) ビヨンセ (作詞・作曲:ビヨンセ、Thaddis Harrell、Terius Nash、Christopher Stewart)• エイミー・シューマー「トレインレック」• 「マリリン 7日間の恋」 監督賞 マーティン・スコセッシ 「ヒューゴの不思議な発明」• ロナルド・ハーウッド 「潜水服は蝶の夢を見る」• 特にアメリカのBillboard Hot 100では5週連続で1位を記録。 トッド・ヘインズ 「エデンより彼方に」• 最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞• 最優秀ラップ・パフォーマンス賞• パラモア• ナオミ・ハリス「ムーンライト」• ギターのテクニックがめちゃくちゃすごいことでも有名です。

Next

グラミー賞の日本人歴代受賞者!過去に何人いる?あの有名人も!

「スパイ」• ジャスティン・ビーバー• 「ヘイロー」 (Halo) ビヨンセ• ティム・バートン 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」• マリオン・コティヤール 「ナイン」• ハイム (Haim)• (PP. アーティストを始め、、の各エンジニア など、楽曲のレコーディングに携わった人が授賞の対象。 「ホーム」 ディクシー・チックス• ただ2000年以降は日本人受賞者の人数も増えてきました。 ペネロペ・クルス 「ボルベール」• キャスリン・ビグロー 「ハート・ロッカー」• The New York Times. ケイト・ブランシェット 「バンディッツ」• 最優秀アルバム賞(Album of the Year)• クエンティン・タランティーノ 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」• com 2006年. 最優秀カントリー・コラボレーション賞ヴォーカル部門• シアーシャ・ローナン「ブルックリン(仮題)」• 最優秀レゲエ・アルバム賞 ワールドミュージック [ ]• 最優秀アルバム・ノーツ賞 過去の賞• 「 万引き家族」(日本) (2018年6月)• ローリー・メトカーフ「レディ・バード」• ユー (You)• グラミー賞の第1回が行われたのが1959年です。 「プット・ユア・レコーズ・オン」 コリーヌ・ベイリー・レイ ()• Cole)• Record of the Year(最優秀レコード賞) - 曲演奏者および製作チームに授与される。 最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞• クリストフ・ヴァルツ「ビッグ・アイズ」 主演女優賞 <ドラマ部門> ジュリアン・ムーア 「アリスのままで」• Billingsartworks. 「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ」 (Love The Way You Lie) エミネム ft リアーナ• 「シンキング・アバウト・ユー」 (Thinkin Bout You) フランク・オーシャン• 「ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス」 (Beauty Behind the Madness) ザ・ウィークエンド 最優秀新人賞 メーガン・トレイナー (Meghan Trainor)• 「アイム・ユアーズ」 ジェイソン・ムラーズ ()• マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」• シンシア・エリボ 「ハリエット(邦題未定)」 <コメディ/ミュージカル部門> オークワフィナ 「フェアウェル」• 最優秀楽曲賞 - シングル曲の作詞者、作曲者に授与される。

Next

グラミー賞の最優秀ジャズアルバム賞(インストゥルメンタル)~歴代

クリスチャン・ベール「マネー・ショート 華麗なる大逆転」• ハビエル・バルデム 「それでも恋するバルセロナ」• スティーヴン・スピルバーグ 「ミュンヘン」 主演男優賞 <ドラマ部門> フィリップ・シーモア・ホフマン 「カポーティ」• ファウンテンズ・オブ・ウェイン• バリー・ジェンキンズ「ムーンライト」• ベレニス・ベジョ 「アーティスト」• 「 女王陛下のお気に入り」 (公開:2019年2月15日)• 「ザ・カレッジ・ドロップアウト」 カニエ・ウエスト• 最優秀女性カントリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞• 「(500)日のサマー」• ドレイク (Drake)• 「ワット・ゴーズ・アラウンド... ジャネット・マクティア 「アルバート氏の人生」• ヴィゴ・モーテンセン 「イースタン・プロミス」• 「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」 (I Took A Pill In Ibiza) マイク・ポズナー• ケイト・ウィンスレット 「エターナル・サンシャイン」• 最優秀トラディショナル・ワールドミュージック・アルバム賞• ビリー・ボブ・ソーントン 「バンディッツ」 主演女優賞 <ドラマ部門> シシー・スペイセク 「イン・ザ・ベッドルーム」• 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」• デヴィッド・O・ラッセル 「アメリカン・ハッスル」 主演男優賞 <ドラマ部門> マシュー・マコノヒー 「ダラス・バイヤーズクラブ」• 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」• ミシェル・ウィリアムズ「ゲティ家の身代金」 <ミュージカル・コメディ部門> シアーシャ・ローナン 「レディ・バード」• ダイアン・レイン 「運命の女」• ケルシー・バレリーニ (Kelsea Ballerini)• ジョナ・ヒル 「マネーボール」• ニコール・キッドマン 「ラビット・ホール」• 「イシューズ」 (Issues) ジュリア・マイケルズ 最優秀アルバム賞 「24K Magic」 (24カラット・マジック) ブルーノ・マーズ• 現在はアメリカ国籍であるオノ・ヨーコも過去に受賞している。 ベン・キングズレー 「セクシービースト」• 1976年2月22日. 「ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース」 (A Sailor's Guide To Earth) スターギル・シンプソン• 世界的に一番名誉ある音楽の賞がグラミー賞と言ってもいいでしょう。 クリスチャン・ベール 「フォードvsフェラーリ」 <コメディ/ミュージカル部門> タロン・エガートン 「ロケットマン」• カニエ・ウェスト 部門 受賞 ノミネート 最優秀レコード賞 「クロックス」 コールドプレイ• 「 ハリエット」 Stand Up シンシア・エリボ• 最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞トラディショナル部門• 「ハンブル」 (HUMBLE. Thomas, Bob 1959年4月8日. デンゼル・ワシントン 「フライト」 <ミュージカル・コメディ部門> ヒュー・ジャックマン 「レ・ミゼラブル」• ローラ・リニー 「イカとクジラ」• 「7 イヤーズ」 (7 Years) ルーカス・グラハム• 「RED/レッド」• キャメロン・ディアス 「ギャング・オブ・ニューヨーク」• ソー・メニー・ライジング (So Many Rising)• 主な会場はニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデン、、ロサンゼルスの、、ハリウッド・パラディアムである。 「ブリジット・ジョーンズの日記」• 「フォックスキャッチャー」• 最優秀ラップ楽曲賞• 「ザ・ブレスド・アンレスト」 (The Blessed Unrest) サラ・バレリス• 歌は日本語で歌われているものが多いですしね。 「サウザンド・マイルズ」 ヴァネッサ・カールトン ()• しかしこのカテゴリーでの演奏者の数が常に少なく、2009年に削除されたと共に最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞として統合された。 フランシス・マクドーマンド 「バーン・アフター・リーディング」• 10人以上は日本人も過去にグラミー賞を受賞しています。 「ヘアスプレー」• トム・ウィルキンソン 「フィクサー」 助演女優賞 ケイト・ブランシェット 「アイム・ノット・ゼア」• アン・ハサウェイ 「ラブ&ドラッグ」• ジェームズ・フランコ 「スモーキング・ハイ」• 最優秀コメディ・アルバム賞 過去の賞• グラミー賞のジャズアルバム賞(インストゥルメンタル) ジャズ音楽の名盤~「ジャズ楽器アルバム」受賞作 グラミー賞の「最優秀ジャズアルバム賞(インストゥルメンタル)」(Grammy Award for Best Jazz Instrumental Album)の受賞作とノミネートの一覧です。

Next

グラミー賞(歴代の受賞曲・ノミネート・動画) | 小山守生

キャシー・ベイツ 「リチャード・ジュエル」 脚本賞 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」• アラバマ・シェイクス (Alabama Shakes)• ジョン・キャメロン・ミッチェル 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」• 最優秀バンダ・アルバム賞• イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。 ダニエル・デイ=ルイス 「ナイン」• マーク・ラファロ「インファナリー・ポーラー・ベア」 主演女優賞 <ドラマ部門> ブリー・ラーソン 「ルーム」• 「ブリーディング・ラヴ」 レオナ・ルイス ()• ジェイムス・ブレイク 「Assume Form」• 「ウィザウト・ミー」 エミネム ()• ユマ・サーマン 「キル・ビル Vol. 年間リミキサー賞 クラシック以外 クラシック音楽 [ ]• 2010年8月28日閲覧。 エマ・ストーン「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」• 「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」• 最優秀ディスコ・レコーディング賞 1980年のみ フォーク [ ]• ハル・ベリー 「フランキー&アリス」• マーク・ボール 「ハート・ロッカー」• 「 ディザスター・アーテイスト」 <アニメ部門> 「 リメンバー・ミー」 (日本公開:2018年3月16日)• 「ヘイ・ヤ!」 アウトキャスト () 最優秀楽曲賞 「ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー」 ルーサー・ヴァンドロス (作詞・作曲:ルーサー・ヴァンドロス&リチャード・マークス)• そういう部分も評価されてグラミー賞を受賞したのかもしれません。 ジョン・C・ライリー 「ウォーク・ハード ロックへの階段」 主演女優賞 <ドラマ部門> ジュリー・クリスティ 「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」• 最優秀レコード賞(Record of the Year)• 2012年6月8日、アカデミーは2013年のグラミー賞に最優秀クラシック・コンペンディアム賞、最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞、最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞の3部門を新たに追加することを発表。 最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞 過去の賞• そのさらに上をいくものがいる。

Next

米グラミー賞 歴代受賞年表(1958年〜現在)【PRiVATE LiFE】データベース

最優秀カントリー・アンド・ウェスタン・レコーディング賞• 「 マリッジ・ストーリー」• というか増えてほしいですね。 ケネス・ブラナー 「マリリン 7日間の恋」• リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。 topic ピアノ奏者として上原ひろみが参加したアルバムが受賞 スタンリー・クラークのアルバム『The Stanley Clarke Band』がベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞した。 最優秀リミックス・レコーディング賞 クラシック以外• 「 ナチュラルウーマン」(チリ)• スティーヴン・スピルバーグ 「A. ヒュー・ジャックマン 「ニューヨークの恋人」• バスティル (Bastille)• 「her/世界でひとつの彼女」• ロザムンド・パイク「A Private War(原題)」 <ミュージカル・コメディ部門> オリビア・コールマン 「女王陛下のお気に入り」• 最優秀カントリー楽曲賞• グラミー賞について紹介しました。 1991年2月2日. アルバート・フィニー 「ビッグ・フィッシュ」• 最優秀南部カントリーまたはブルーグラス・ゴスペル・アルバム賞• アンジェリーナ・ジョリー 「チェンジリング」• 年間製作者賞 クラシック以外• 音楽業界の重鎮達はアカデミー賞やエミー賞のような音楽業界の賞を創立することを決心。 「ビー・ウィザウト・ユー」 メアリー・J・ブライジ ()• マリオン・コティヤール 「君と歩く世界」• スーザン・サランドン 「17歳の処方箋」 脚本賞 アレクサンダー・ペイン 、ジム・テイラー 「アバウト・シュミット」• 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞• ) ビリー・アイリッシュ (Billie Eilish)• Rihanna, Kid Cudi(カニエ・ウェスト ft. スタンリー・トゥッチ 「ラブリーボーン」 助演女優賞 モニーク 「プレシャス」• 「ザ・リーズン」 フーバスタンク 最優秀アルバム賞 「ジーニアス・ラヴ~永遠の愛」 (Genius Loves Company) レイ・チャールズ• 「Awaken, My Love! ブラック・ピューマズ (Black Pumas)• サーシャ・フィアース」 (I Am... 「レッドボーン」 (Redbone) チャイルディッシュ・ガンビーノ• 1971年の受賞ですから、私が16歳の高校生の時です。 「デスパシート」 (Despacito) ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー ft.。

Next

グラミー賞(歴代の受賞曲・ノミネート・動画) | 小山守生

ザ・チェインスモーカーズ (The Chainsmokers)• ミシェル・ブランチ. 「アイム・ウィズ・ユー」 アブリル・ラヴィーン• 」 主演男優賞 <ドラマ部門> ラッセル・クロウ 「ビューティフル・マインド」• エヴァ・デュヴルネ「セルマ」• クリストファー・プラマー 「終着駅 トルストイ最後の旅」• ビル・マーレイ 「私が愛した大統領」 主演女優賞 <ドラマ部門> ジェシカ・チャステイン 「ゼロ・ダーク・サーティ」• 「 Portrait of a Lady on Fire」 (フランス)• トニ・コレット 「リトル・ミス・サンシャイン」• 「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」 (Shake It Off) テイラー・スウィフト• マムフォード&サンズの2作目となる『バベル』のリリースが決定!昨年夏からレコーディングが噂されており、新曲のいくつかはすでにライヴなどで披露されていたことからファンの間でリリースが切望されていた作品。 ヘレン・ミレン「トランボ」• ジャズ音楽の歴史的な名盤がそろっています。 ブラッド・ピット 「バベル」• ブラッド・ピット 「マネーボール」 <ミュージカル・コメディ部門> ジャン・デュジャルダン 「アーティスト」• カテゴリー• 「 ジョーカー」 (公開:2019年10月) コメディ・ミュージカル作品賞 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 (公開:2019年8月)• ルーカス・ヘッジズ「ある少年の告白」 <ミュージカル・コメディ部門> クリスチャン・ベイル 「バイス」• これらのカテゴリーは現在他のジャンルの最優秀ソロに含まれる。 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」• 「プリティ・ウィングス」 (Pretty Wings) マックスウェル• リチャード・ジェンキンス「シェイプ・オブ・ウォーター」• 実は私も聞いたことはあってすごい賞だというのはなんとなく知っていたのですが実際はよく知らなかったのでちょっと調べてみたんです。 マイケル・ファスベンダー 「それでも夜は明ける」 助演女優賞 ジェニファー・ローレンス 「アメリカン・ハッスル」• アーバン ユーロ ポップ、アーバン・ロック、アーバン・オルタナティヴなどがリズム・アンド・ブルースと融合した音楽を発表するアーティストのアルバムが対象となる。

Next

グラミー賞(歴代の受賞曲・ノミネート・動画) | 小山守生

最優秀ゴスペル・アルバム賞• アダム・サンドラー 「パンチドランク・ラブ」 主演女優賞 <ドラマ部門> ニコール・キッドマン 「めぐりあう時間たち」• Lionel Richie — Say You Say Me [[ Official Live Video ]] HD グラミー賞と聞くと、思い出すのは、何と言っても、 私が大好きな、サイモン&ガーファンクルの Bridge over Troubled Water 明日に架ける橋 です。 「アダプテーション」• ケイト・ブランシェット 「アビエイター」• スティーヴン・ザイリアン 、アーロン・ソーキン 「マネーボール」 部門 受賞者 ノミネート 作品賞 <ドラマ部門> 「ソーシャル・ネットワーク」• ビョーク 「Utopia」• (ハー) 「H. 小澤征爾さんもグラミー賞を受賞しました。 。 。 。

Next

グラミー賞受賞者一覧

。 。 。 。 。 。 。

Next