フェデラー 対 ジョコビッチ。 フェデラー ハース ディミトロフ そしてジョコビッチ 4人の歌声に反響

通算50度目の対戦を制するのは?「一方的な展開になる可能性も」レジェンドが語るフェデラー対ジョコビッチの展望(THE DIGEST)

〔第1セット〕 6-7 5-7 の立ち上がりは完璧。 7%にとどまる。 そして、同じようにフェデラーもまだまだ優勝回数を積み重ねていくでしょう。 (2003年-07年)• これにより BIG4全員が世界ランク1位在位者となった。 ATPツアーで初めて決勝に進み、同胞に6-2, 3-6, 6-7 5 で敗れた。 すべてのグランドスラム決勝に2回以上進出、1回以上は連続進出。

Next

ジョコビッチvsフェデラー ウィンブルドン5時間の死闘 勝者は

男子プロテニス協会のATPは12日に公式サイトで、世界ランク1位のと同4位ののラリーポイント獲得率の分析結果を掲載した。 これまでので喫した全ての敗北の様にね。 しかも複数人だ。 2005年7月から世界ランキング2位も独占• スロー映像を見るとコケたままドロップを確認して、入ったのを見て倒れた状態でうつむいていた。 (1988年)• 4人全員デビスカップで優勝• テニス界は、、、、そしてロジャー・フェデラーなどの「ニューボールズ世代」と呼ばれる選手たちが活躍し始めていた。 1977-1981 計109週• 全米オープン前哨戦のでは、、、、準決勝で、決勝でにストレート勝ちし大会連覇と同時に7度目の優勝を飾った。 net. a tenth straight semi-final in Melbourne. 決勝に駒を進め、を6-4, 7-5で破り、に並ぶ大会最多5回目の優勝を果たした。

Next

フェデラー ハース ディミトロフ そしてジョコビッチ 4人の歌声に反響

(1974年)• (Roger Federer, - ) ・出身。 まとめ 対戦成績の数字見ると、直接対決はほぼ互角と言っていいですが、25勝22敗とジョコビッチが先行しています。 1991 計12週• ほんとうは世界選抜にデル・ポトロがくるはずだったんですが欠場。 "Federer is the first man to reach the 全英 final seven years in a row since 1922, when the system of automatically putting the defending champion into the title match was dropped. 彼はまさにワールドクラスのオールラウンド・プレーヤー。 戦績は、• 公式戦にはから復帰。

Next

フェデラー ハース ディミトロフ そしてジョコビッチ 4人の歌声に反響

最後の対戦は、今年2018年のシンシナティ決勝で、ジョコビッチ選手が64 64,1時間23分で勝利した。 2008年8月18日、ラファエル・ナダルが世界ランキング1位となり、記録は「237週」で止まった。 2005年 ツアー支配 [ ] 2005年も好調を維持し、驚異的なペースで勝ち星を重ねた。 最強であるライバルを、彼らが最も得意とするサーフェスで破ってきた選手でもあります。 2016年3月8日閲覧。 これでウィンブルドン男子シングルス通算84勝となり、と並んで歴代1位タイとなった。 この年はでも準優勝し、ランキングを12位まで上げ、準優勝2回、優勝1回、49勝21敗でシーズンを終えた。

Next

BIG4 (テニス)

今後も彼らの活躍から目が離せませんね! まとめ 現時点で、テニス史上最強を選出するならば、ロジャー・フェデラーで間違いないでしょう。 ファイナルズ初の ベスト4に全員進出する。 自分のにあまり自信を持てていなさそう。 昨年に引き続き、マッチポイントを逃しての負けが続いています。 2019年1月18日閲覧。 wide-browser-and-larger• 1%)、年間最終ランキング3位と引き続き好調だった。 の影響でシーズンが中断となる中、6月に右膝の再手術を受けたことを発表し、復帰は翌年になるとした。

Next

フェデラーvsジョコビッチの対戦成績【2018年11月版】

新時代(2014年-2017年) [ ] 、ではが決勝でナダルを倒し優勝。 15歳になるとスイスの18歳以下のジュニアチャンピオンになり、これを機にジュニア選手として本格的に世界を転戦。 (1968年)• 2012年3月19日閲覧。 ATP World Tour 2014年8月18日. ポイントも4大大会に次いで稼げるため、マスターズよりも重要視されている。 しかし、銅メダル決定戦でに敗れた頃から急成長が始まる。

Next

通算50度目の対戦を制するのは?「一方的な展開になる可能性も」レジェンドが語るフェデラー対ジョコビッチの展望(THE DIGEST)

観客が圧倒的にフェデラー寄りの中、動じないジョコ、重要な場面でのプレーの質が高かった。 続く2位も同じく現役の選手でラファエル・ナダルである。 - フェデラーに未勝利• ネットプレーも積極的 かといってに焦る様子は見られず、非常に落ち着いて見える。 フランシス・ティアフォー• 攻め急ぐな攻め急ぐな。 これは非常に大きな利点。 何故なのか。

Next