ポケモン 剣 盾 おい かぜ。 【ソードシールド】わざ「おいかぜ」の効果とおぼえるポケモン一覧【ポケモン剣盾】

モスノウ育成論 : 絶対おいかぜ仕事人 通常特性!?りんぷんモスノウ きりばらい搭載 後続サポート|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

草タイプのポケモンを使う 草タイプのポケモン使えば、やどりぎのタネを無効にできる。 鉢巻エラがみでHAダイマックスバンギを確定一発、追い風中ならスカーフドリュまで抜けるなど、流石のスペック。 相手の場の『しろいきり』 『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』 『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』 『ステルスロック』『ねばねばネット』、 さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 積みサイクル、対面構築寄りのPTはこの点がメリットかもしれません。 H252D4 56. D4 91. もうひとつのコンセプト技。 パーティ レンタルパーティ• データベース• 現環境で飛行タイプが少ないせいか、地震が一貫して通ることもしばしば。 ・基本的にエルフーンからの晴れ展開はバレてないor対策されてないため、相手が天候対策をしてなければ一方的に勝てる ・良くも悪くも天候、追い風依存なので、エースが3、4ターンで落としきれないと、急速にガス欠する(まもる、ダイウォールで凌がれるなど) などでしょうか。

Next

【ソードシールド】わざ「おいかぜ」の効果とおぼえるポケモン一覧【ポケモン剣盾】

追記:似た構築で、おいかぜ鉢巻ヒヒダルマに遭遇し、バンギを突破されました。 持ち物はとつげきチョッキ推奨 特性でやどりぎを無効にしても、ムーンフォースで弱点を突かれてしまう。 特性「マジックミラー」で『ちょうはつ』が効かない。 H252D4 89. Hは極振りにして、余った努力値は防御に全振りしている。 なんか見たことある型だな、と思ったら同じ方でした。

Next

【ポケモン剣盾】おいかぜの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

なんでみんな使わないの? ってくらい強いです。 自身も 『ちょうのまい』1回では最速やスカーフを抜けませんが、『おいかぜ』を使うことで抜くことが出来ます。 6〜7割キープ出来ればマスター踏める計算なので、レート制に対する一つの答えではあるんですけどね。 ただし、エルフーンが有利なポケモン サザンドラなど には、ムーンフォースなどで倒しに行くことも可能。 それでは本題のパーティ紹介に移りたいと思います。 重複する部分も多いかと思いますが、 努力値や技構成はまったく異なりますので別の育成論と致します。

Next

【ポケモン剣盾】おいかぜの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

シングルでもめっちゃ強い。 コットンガードを積むなら特防を厚めにしておいても良いだろう。 ダメージ計算 下記に想定敵への与ダメージ計算をまとめます。 。 やり方・方法まとめ• 始めに言っておくと、 見た目以上に回し方がかなり独特な構築です。

Next

【ポケモン剣盾】おいかぜの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• 厳選時に特性外しとして逃がされたり、皆様のボックスに眠ったままのユキハミ、モスノウを救済出来ればと思います。 選出や技選択の空き時間などを使って書いてます。 氷統一にオススメ。 2ターン目で交代してきてもみがわりを残せるため、やどりぎのタネを入れる隙ができる。 お役立ち• 向こうもリザ出す気満々なのがバレてるのか初手ヒトムが多く、返しとしてこちらも初手で出すように。

Next

【ポケモン剣盾】エルフーンの育成論と対策ポケモン

エアスラッシュ 『おいかぜ』によりSで上を取ってひるみを狙う場合。 フェザーダンス 相手のA2段階ダウン。 れいとうビーム 『むしのさざめき』との選択。 ・初手『ねこだまし』であっても次ターンには確実に動ける。 相手にバンギを出されるのはほぼ確定ですが、相手先発は構築によるので様子見しつつ、おいかぜウオノラゴンを決めていく流れ。

Next

【ポケモン剣盾】エルフーンの育成論と対策ポケモン

ポケモン図鑑 分類別• HP・こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさは「HABCDS」、性格補正有り努力値252振りは「特化」など省略文字を用います。 シングルではダブルほどねこだましが蔓延っていませんが、ひるんで何もできずに落ちるのをケアできるので使いやすそうですね。 初手のサポート要員に合わせ選出し、 散り際に『きりばらい』する事で相手の補助技(『ステルスロック』『ねばねばネット』『どくびし』『ひかりのかべ』『リフレクター』等)にかけたターンを無かった事にしエースに繋げます。 「りんぷん」という特性+持ち物[きあいのタスキ]により、 必ず 1回以上の行動保証があり、安定して『おいかぜ』が打てます。 こうしてお互いの構築と選出をメモしておくと、 「相手選出の傾向」 「直近のパーティ傾向(環境ログ)」 「結局何を選出すれば良かったか」 「そもそも自分のパーティは環境に刺さっているか」 など俯瞰しやすいのでおススメです。

Next

【ポケモン剣盾】おいかぜの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

なかなか読まれないので決まればかなりのアドバンテージになります。 通常特性「りんぷん」モスノウを使うモノ好きもいると覚えて頂くとともに、この育成論を見て採用を検討頂ける方が少しでもいれば幸いでございます。 おきみやげの死に出しから後続のエースに繋いだり、対面のポケモンに対して後続で受けができるなら、とんぼがえりで繋げられる。 とのタイプかぶり。 この場合は一旦『むしのさざめき』で相手を削ります。

Next