やせ うま 作り方。 おやつにぴったり!大分県の郷土料理「やせうま」の作り方・レシピ

【簡単に作れて美味しい】大分の郷土料理「やせうま」を作ってみた!

長野県では北部の地域を中心に昔から、毎年春になると作られているおやつで、名前は「やしょうま」といいます。 菱形や三角形にカットした小さなパーツを、パズルのように組み合わせるのがコツらしい。 地域の特色が出る郷土料理は全国的に知られていないこともしばしばだが、「やせうま」は簡単に作れて美味しい。 大丈夫だろうか??頭の中で失敗の二文字がよぎります。 それでも初めてにしては、ちゃんと花模様ができたかな。

Next

愛され続ける大分の郷土料理「やせうま」「だんご汁」とは

やせうまは寺で作るのではなく、檀家が各家庭で作って持ち寄ることも多かったそうなので、粘土遊びの延長線として、親子で作ることも多かったのかな。 住職の法話を聞いていたら、私は佐渡に住んで43年、みたいな錯覚に陥った。 郷土銘菓として大分県内の学校給食などで時々出されることがあるほど。 ボールにきな粉を適量、そこに砂糖を大さじ4杯加えてしっかり混ぜる。 おこし作りも楽しかったが、型がないので自由度はより高い。 その一部をこうしてお堂に供えていたのだろう。

Next

【簡単に作れて美味しい】大分の郷土料理「やせうま」を作ってみた!

だんごを平たく伸ばして鍋に入れ、茹でる• 生花の代わりなので、模様の基本は花柄となる。 程よくまとまってきたら、コシが出るように手でしっかり力を加えてこねる。 涅槃会の終了後、お供物のおさがりを少しいただいた。 1時間経過したら、親指大にちぎり、手のひらで伸ばしてだんごを作る• 寒さが厳しい冬の時期、お供えの花の代わりにだんごを色付けして花をかたどったことに由来します。 形状は麺に分類されるが包丁は用いず、水で練った小麦粉(薄力粉であることが多い)の塊から指で引きちぎるように作る。

Next

【簡単に作れて美味しい】大分の郷土料理「やせうま」を作ってみた!

っていうかこれしかなかったんです!• そして鶴清麿はこの食べ物が欲しい時、「 八瀬、うま(食べ物の幼児語)、八瀬、うまくれ」と言ったそうで、これが「やせうま」の語源となったらしい。 生地がまとまったら、棒状に伸ばしておく。 だんごの形によって違った食感が楽しめるので、不揃いでもOK! ・作り方3(粉作り) ここまできたらゴールは目前。 京から豊後の国に都落ちし、古野下原(現在の由布市挾間町古野地区の近辺)に隠居した一族がいました。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 私の二作目は葉っぱも入れてみたが、茎がどっかに消えた。

Next

佐渡島に伝わる金太郎飴型の団子、「やせうま」の作り方と文化を習う :: デイリーポータルZ

公民館の役割を持つお堂。 白い生地だけが柔らかったので、全体を伸ばそうとしても白だけが伸びてしまった。 適度な硬さになったら、小分けにして丸める• 長野県北部の地域に伝わる「やしょうま」 「やしょうま」は新潟と同様、涅槃会に仏壇に供えるだんご菓子で、信州の郷土料理です。 そしてだんご作りも簡単だ。 郷土料理として大分県内の祭りの屋台のほか、飲食店などでも提供されることも多く、時代やニーズに合わせて具材や作り方も工夫されながら現在へと続いています。 「だんご汁」は、特別な日に食べるハレの日のご馳走というよりは、ケの日(日常)の家庭料理として食べられています。 ブレンドした米粉に水を少しずつ加えていく。

Next

大分の郷土料理

仏陀の奥さんの名前が「ヤソーダラー(耶輸陀羅)」なので、そこから来ているという説もあるとか。 平たい麺状に伸ばしていくことがポイントです。 とても美味しいので子どもにも人気のものです。 混ぜ合わさった中にだんごを入れてよくまぶしたら完成 これでやせうまの調理は完了となります。 檀家さんと一緒にお念仏を唱え、住職の法話を聞かせていただく。

Next

佐渡島に伝わる金太郎飴型の団子、「やせうま」の作り方と文化を習う :: デイリーポータルZ

塩…13g• 薄く切られてオードブルの盛り合わせみたいになったやせうま。 0g未満 女性: 7. もち粉や上新粉を混ぜて生地にし、絵柄の部分はこねた生地に食紅などで色付けを行い、白い生地と色付けされた生地を組み合わせて絵柄を作り、最後に蒸し上げて作られます。 小麦粉をこねて茹で、きな粉と砂糖をまぶすだけの簡単な料理となっています。 古野(大分県由布市)に住んでいた一族の幼君「鶴清麿」が、乳母の「八瀬(やせ)」におやつをせがんだことに始まる。 今回はワークショップ形式なので簡単なデザインしか作れないが、前に住職が家族でやっていた時は、じっくりと時間をかけて大作に挑戦することもあったそうだ。 なにしろ信州ではそういい伝えられているのですから。

Next