紙 コップ 風車。 折り紙やペットボトルなどから風車を作ろう!様々な素材で作り方を紹介

小1が自分でもできる!「動く」工作3選で自由研究はばっちり

レクリエーションの道具にはあまり時間と手間をかけたくないという意見もたくさんあります。 パックの下から6cmのところを四角く切り取ります。 自分が好きな色の100均のフェルトを正方形に2枚カットします。 ゴムをねじる回数が多いか少ないかによって、人形が動く距離が違ってきます。 簡単折り紙ストロー風車の詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 小学生なら自分でやらせてあげてください。 羽は軽い方が回転しやすいので、重たい素材よりは折り紙のような 軽い素材の方が回転します。

Next

簡単な紙コップ工作[風車の作り方:動画あり]

コットンボールや小さく切った折り紙(クラッカーのタネ)• 紙コップの先端の8箇所に3cm切り込みを入れる• これを二枚分作ってから広げて、斜めに二枚重ねて下から上に向かって互い違いに折り込みます。 折り紙ストロー風車の材料• 紙コップの底をカッターで切り取る(手を切らないように注意してください)• 牛乳パック• 親子で楽しく工作をしましょう 小学生におすすめの夏休みの簡単工作やおもちゃ、自由研究を紹介してきましたが、参考になりましたか。 を爪楊枝の先につける• 下の動画では簡単な割り箸ゴム鉄砲の作り方を紹介しています。 紙コップを6等分するように印をつける• 幼児ならマラカスの中身で音が違う事やマラカスの振り方で音が変わる事など教えてあげましょう。 ダンボールに爪楊枝を直接さしてダンボールごと壁に飾る 何度も遊びたいときは、花瓶などで取り出しやすくするのも良いでしょう。

Next

小1が自分でもできる!「動く」工作3選で自由研究はばっちり

ビニールテープなどで保護し、ケガにつながらないように配慮しましょう。 円形のチーズの空箱を用意して中央に穴を開け、 6等分して一つ飛ばしで3箇所切り取ります。 家にある材料で工作を楽しめるのもポイントが高いですね! キリで穴を開ける作業では子供がキリを扱うのは危険かなと感じたら、大人が代ってあげてくださいね 息を吹きかけるとくるくる回転する、紙コップの風車が完成! 色鉛筆や絵の具で色付けをしてカラフルに仕上げるのもかっこいいですね。 特に腕時計に関しては、底が少しだけ地面から浮いているので、その点も円形を活かした工作に役立ちそうな要素と言えそうですね。 大人がやってあげましょう。 輪ゴム1本• 巻き付けたテープに1cm感覚で印をつけていきます。

Next

紙コップでクリエイティブな1日を!その③

子供が喜ぶお絵描き風車• 割り箸1膳と、半分に切った割り箸1本を用意します。 作り方は折り紙で作る八重風車と同じです。 ストローが紙コップに挟まれてつぶれないよう調整してください。 マスキングテープで見た目を装飾し完成 まとめ 始業式に間にあう実用的な工作は、すてきなアイディア作品ばかりでしたね。 6つの切込み全て、斜めに折ります(下図青線が折り線)。 ここは大人がやってあげましょう。 紙コップ• 紙コップにマジックで模様を書いて、オリジナル風車を作ってみてください。

Next

【デイサービスレクリエーション工作】紙コップと割り箸を使って『紙コップ風車』

10分ほどで簡単に完成でき、すぐに遊ぶことができる手作りおもちゃ。 ペットボトルのふた• 重ねたときに上になる方をカットしたり、下になる方をカットしたりすることで、かわいらしい動物に仕上がります。 マラカスにする紙コップの一つにお米または、小豆などを入れます。 ペットボトルの底と蓋の中心に、キリで針金ハンガーが通る穴を開けます。 (動画参照)• 紙コップの口部分に2か所(対面する位置で)、1cmほどの切り込みを入れます。 割り箸に画びょうを挿し込む際は、勢いよく力任せに押し込むと、割り箸が割けてしまいます。 切り込みを入れて中心の穴に綿棒を通して順番に羽を重ねて通してからビーズで固定しましょう。

Next

紙コップでクリエイティブな1日を!その③

テープ、マスキングテープ• 輪ゴム 作り方• 先の尖ったもの(ボールペン、つまようじ、キリなど)• 釣りごっこなどで遊ぶとき、釣ったものを入れるための入れ物として使うのもよいでしょう。 。 ホチキスで挟むこともできるので、使い方が広がりますね。 で切り落とした部分で短針・長針の針を作る• はさみ• 細い糸を使うほど難易度が上がるので小学生にはタコ糸などの釣り竿にすると良いでしょう。 続けて、輪ゴムを交差させるようにして巻きつけ、割り箸同士を固定します。 穴を開けたところに針金ハンガーを通してから上からストローを被せてカバーをすれば完成です。 側面の部分をハサミで切り落とす(切り落とした部分は後ほど使うので取っておく)• ダンボールや板など坂にしてマラカスを使ったオリジナルのルールを考えて遊ぶのもおすすめです。

Next