桃田 ブー 子 の ブログ。 【楽天市場】45歳、ぐーたら主婦の私が 「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました! (講談社の実用BOOK) [ 桃田 ぶーこ ](楽天ブックス)(新着レビュー順)

半年で20kgやせた!!桃田ぶーこさんの【ゆる糖質制限ダイエット】 人生が変わる!運命のダイエット

農家の長男の嫁として20年以上たちました。 ダイエットは〝食べるのを我慢して、きつい運動で脂肪を燃やす〟というイメージしかなかったので、チェブの話にすごく驚き、知識のない私でも「それならできるわ!」とスーッと思えて、ゆる糖質制限をすることにしたのです。 image. たくさん食べてもOK! 我慢しなくていい! そんな夢のようなダイエット法を、イラストとともに詳しく紹介します。 人間の体は単純ではなく計算通りには行きませんが、 「摂取エネルギー > 消費エネルギー」 = 太る はある程度、成り立つのです。 体重は増え、ぜい肉も増え、ダイエットしたのは財布の中身だけ。 私は人に「あれも食べるな、これも食べるな」などとあれこれ言われたり、強制されるとストレスになるからです。

Next

桃田ぶーこさんのプロフィールページ

ダイエット成功記録を残すためにブログを書き始めました。 もうひとつのかごには、肉、魚、ソーセージや卵など、家族の食事の材料。 そして、ゆる糖質制限は、 ご飯や甘いものを全部やめなければいけないのではないし、運動もカロリー計算もいらないと教えてくれました。 そしてすぐお腹が空き、次の食事を求めるのです。 著・イラスト:桃田 ぶーこ 運動なし、我慢なし、たくさん食べてOK! 「関取」と呼ばれていた45歳の主婦が、半年で20kgやせたダイエット法。 だから脂質には、もともとの「体を動かすこと」や「体を作る部品」といった役割に加えて、 ケトン体を 作ること + ケトン体に なること が追加されます、さらに 一部のケトン体は使わずに捨てられる のです。 でもよく聞いたら、 「我慢なんてしなくていい!」「食べてはいけないものはない! 肉も魚もチーズも何だって食べていいんだよ!」と言うではありませんか。

Next

【楽天市場】45歳、ぐーたら主婦の私が 「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました! (講談社の実用BOOK) [ 桃田 ぶーこ ](楽天ブックス)(新着レビュー順)

細かい計算はせず、糖質が多い食べ物を知っておいて、なるべくそれを控えればいいだけなので楽でした。 ダイエットが続かないのは意志が弱いからではありません。 ご飯を減らしても、 おかずはしっかり食べられるので空腹感はなく、やってみると主食1回はすぐに慣れました。 やり方が間違えているからです。 人生で一度もダイエットに成功したことがなかった45歳の主婦が、 運動せずに1ヵ月で7キロ、3ヵ月で14キロ、半年で20キロ減量! こんなにやせたのに、シワやたるみは出ていません! もちろん、リバウンドも一切なし。

Next

45歳主婦が20kgやせた「ガマンなし、運動なし」のダイエット法とは?

重要なのが「満足」を感じること。 必ず買い物かごを2つ使い、そのうちひとつは私専用の食べ物。 しかし実際には、食べ過ぎれば、 脂質もたんぱく質も、脂肪として蓄えられる のです。 103• 糖質を控えていると、体を動かすエネルギーとして脂質やたんぱく質が使われています。 ほかにも新商品のお菓子やスイーツはないか、棚をすべてチェック。 この言葉に、「やるわ! 私やるわ!」とコロリと考えが変わったのです。 今思えば、これ全部糖質の多いものばかり……。

Next

【脱デブ】運動なし!我慢なし!リバウンドなし! 20kgやせの奇跡のメソッド|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

糖質制限中は、脂質やたんぱく質には、もともとの「体を動かすこと」や「体を作る部品」といった役割に加えて、 ブドウ糖を 作る こと + ブドウ糖に なること が追加され、仕事が増えるのです。 そのブドウ糖ですが、肝臓や筋肉などに少し貯めておけます。 腹持ちが良いから 糖質制限では、糖質の代わりのエネルギーとして脂質、たんぱく質を多く食べ、食べる量を意識しなくて良いと言われます。 そのようなときには同じく脂質の脂肪酸から、 脳でも使えるエネルギー源: ケトン体 と言う物質が作られます。 では、なぜ糖質制限では食べる量を意識しなくてよい、のでしょうか。 糖質制限では、糖質の代わりに脂質、たんぱく質を食べます。

Next

【脱デブ】運動なし!我慢なし!リバウンドなし! 20kgやせの奇跡のメソッド|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

スーパーに行くと、いつも同じような食べ物を大量に買っていました。 お礼が言いたくレビューを書きました。 食べ物をとると糖質によって血糖値が上がり、それを下げようとして膵臓からインスリン(ホルモン)が分泌され、余った糖を脂肪に変えてしまう。 私は人に「あれも食べるな、これも食べるな」などとあれこれ言われたり、強制されるとストレスになるからです。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

Next

【楽天市場】45歳、ぐーたら主婦の私が 「デブあるある」をやめたら半年で20kgやせました! (講談社の実用BOOK) [ 桃田 ぶーこ ](楽天ブックス)(新着レビュー順)

r10. 「頭が回らない、糖分が不足している、チョコを食べよう!」など言ったりしますが、糖質制限をしていると、その糖分由来のブドウ糖が不足していて、少ない状況です。 ケトン体は肝臓で作られて脳だけではなく身体中で使われます。 「とにかく練乳が大好き!」「朝食は食パン1斤」 「食べ物が口に入っていないのは、寝ている間だけ」……。 私はブログを見て、何よりも糖質オフを続けるモチベーションを貰いました。 3キロからのスタートです。

Next