パーシヴァル コンボ。 【グラブルVS】Sランクパーシヴァル使いから見たダイヤグラム

【グラブルVS】バザラガのコンボと立ち回り解説

アーマー付与後は、中、強版「バタリアンズ・オブ・フィア」や「クルード・ランページ」中に受けた攻撃を、2回まで耐えられるようになる。 ・キャンセル波動:c昇竜 簡易が楽 ダッシュ2a:中段or垂直or置き技 ・5b:間合い外5b,5c差し返し ・5c:間合い外5Cor発生勝ち 昇竜も横狭く、距離あれば垂直JCで勝てる。 トロイメライ使用後の 版と はヒット数が増加しダメージが上昇するぞ。 端起き攻めに場合は高めだとめくりで昇竜が当たらず、低めだと詐欺になるため昇竜で読み合うのが難しい。 アン・ツュンデン 飛び道具。

Next

【グラブルVS】Sランクパーシヴァル使いから見たダイヤグラム

5 メーテラ 4 ゼタ 5. カードバトルとRTSが融合した新感覚な戦術バトルをPCで楽しもう!スマホ・PCから登録可能、プレイ環境はPCのみ。 ・タックル:ガード後5B。 RPGモード攻略 クエスト攻略• 最後の逃げムーブを読んだ場合は、C行進Cで狩れる ・空中斜め下突進:対空潰し。 なおは硬直が大きいため使い過ぎると相手に対策されるため過信は禁物。 王者の行進から派生。 近距離立ち弱・弱・弱or近距離立ち中・中・中or近距離強・強・強【C】中プラッツェンorトロイメライ版中王者の行進~ツェアライセン 2. 出始め無敵で弾無敵無い。

Next

【グラブルVS】ナルメアの立ち回りとコマンド・コンボレシピ【GBVS】

・解放奥義 ガード後近C確定。 パーシヴァルは、飛び道具を持っていない代わりに、このような遠距離牽制技を所持しているのではないでしょうか。 ナルメアの特別演出 対戦相手がグランの場合演出が若干変わる (左)グラン/(右)その他 相手がグランだと対戦前の表情が穏やかに。 接近戦でガードを固める相手には有効です。 新キャラクター キャラクターパス1• ・ラリアット:動作中は攻撃出すとパー様の食らい判定が広がって確定でchなる。

Next

パーシヴァル

演出直後の立ちモデルにも反映されており大変細かい。 構えは任意の攻撃の後あるいは最中にいつでも変更可能なためコンボに組み込める。 ダメージはないが崩しに使える。 砲撃型のため通常時より1. その前にこちらがボロボロになってることが多いですが、、、。 射程距離が長いので、状況によってはどちらもガードされた場合でも反撃を受けづらいという特長があります。 ジャンル: 対戦格闘• 近距離でヒットすると、さらに追撃し大ダメージを与えられる。

Next

【モンスト】パーシヴァルの最新評価!適正神殿とわくわくの実

もくじ• ・ワープ:近Bで対応 ・遠B、遠C:パー様の遠Bより短い ・ダッシュハイジャンプJDで近づくと、波動、なぎ払いに勝ち、対空ずらしにもなる。 最初はわからん殺しされてましたが、冷静にガードすれば、昇竜確定ポイントが多いです。 貫通タイプでスピードも約300あるため、地雷回収役としても使いやすい。 縦斬りを警戒する相手はガードを固めるため、コマンド投げの「大鎌グロウノス」でダメージを与えよう。 攻撃の範囲が長く、遠距離型の相手にも匹敵する攻撃範囲であると想定されます。 パーシヴァルの総合評価と使い道 進化、神化共に汎用性の高いアビリティが特徴なキャラ。 キャンセル 派生 ゲーム内解説 クルード・ランページを解除する。

Next

【グラブルVS】パーシヴァルのコンボと立ち回り解説

縦斬り 派生 ゲーム内解説 大鎌で強力な縦斬りを行う。 B版:2回目確定無し、3回目は2B、2D、遠B確定。 ダメージはないが、発動後に追撃が可能。 ナルメアの基本的な立ち回り・プレイスタイル プレイスタイル ・「源氏の構え」と「神楽の構え」という2種類の構えを切り替えて戦うテクニカルキャラクター ・構えの切り替え操作は難易度が高いが、構えごとにそれぞれのアビリティのクールタイムが管理されているためつなぎ方次第では高火力が期待できる。 コマンドリスト• もちろん、こちらも冷静に対応すれば良いのですが、どうしてもフラストレーションが溜まりますね、、、。 奥義は相打ちだし、キャンセル波動に突進技も勝てないっぽい。

Next

【グラブルVS】ナルメアの立ち回りとコマンド・コンボレシピ【GBVS】

ローアイン 対戦経験が少ないので、なんとも言えないですが、とりあえずキツいと思ったことはないです。 もしくはしゃがで中段以外対処可能。 バザラガ 1回しか戦ったことないので、正直周りの評価見て決めています。 (空中任意の攻撃+ ) また中に技を出すと【神楽】の技へ派生するためその際は構えの切り替えが不要。 なぎ払い下 派生 ゲーム内解説 大鎌で足元をなぎ払う。 コンボ難易度は高め。 ただし突進後当身を出すローアイン使いもいるため読み合い。

Next