ムラ っ け オクタン。 【ポケ勢の闇】もこう先生、大会で「ムラっけオクタン」に負けた結果とばっちりで炎上してしまう…

オクタン

今後のムラっけについて 今後のムラっけについて考察します。 とにかく、その口からいろんなものを放ちまくる。 ムラっけで運用する場合、回避率が上昇しないと運用が難しくなります。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 第6世代は命中率:100 技. 私がを使う際に意識したのは ・7世代レート環境でしっかり役割をこなせること ・中でもメジャーな相手に役割を遂行できること ・「独自の強さ」を活かせるような型にすること ざっくりこのようなことである (は?無理くせ) それで思いついたのが の特性「」を利用した電磁波による害悪展開始動である。 今回は特性『ムラっけ』と『まもる・みがわり』を用いて戦うポケモンたちを紹介していこうと思います。 はじめに ムラっけ大好き レンカイです。

Next

【ポケモンUSM】S8使用構築 チラチーノ式純正ムラっけ~カバドリを添えて~

もちろんこの系統だけの・・・と言いたいが、に遺伝可。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 短所としては2つ。 ひとつずつ解説させていただきます。 トリックルーム下で上を取りやすい点、ムラっけ最高の攻撃性能、優秀な耐性による受け出し・流し性能を活かしたい。

Next

ムラっけ

選出率もかなり高い自慢の1体。 5世代では、として「っけ」を獲得した。 きっと、女子力が高くなるから急所ランクが上がります。 ムラっけは運ゲー運ゲーってよく言われますが作戦次第では「分が良い運ゲー」にできる と思います。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

Next

ムラっけの弱体化と考察 オクタン/オニゴーリ【ポケモン剣盾】

、 きゅうばんの うでで あいてに からみつく。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 効果は全く異なる。 釣り テッポウオ呼出 主な入手方法 USUM• ムラっ気オクタンの他の有用な技 オクタンは優秀なポケモンで、技巧的な技をたくさん覚えるテクニシャンなポケモンです。 1ターンに同じ能力が上下することはない。 しかしの場合、身代わりを貼っても連続技で壊されたりアンコールで縛られたりすることを嫌って素直に殴ってくる。 とにかく重いやカプ・コケコの選出を抑制する (できていない) 今回のPTはがとにかくキツかったので炎牙を持たせた。

Next

【ポケ勢の闇】もこう先生、大会で「ムラっけオクタン」に負けた結果とばっちりで炎上してしまう…

取り巻きの妨害技 ・ によるムラっけへのサポートも定石。 この技構成だとやに無力だが、そこに対してオクタンを出せば大体何とかなる。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 火力もそこそこ出る。 低種族値を無難にカバーできるムラっけの汎用性には及ばないため、採用優先度は低い。

Next

元オニゴリスト レンカイが教える:特性:ムラっけの極意

・特殊を問わなければ、格闘、、、以外の技を使いこなせるという技のっぷり。 タイプ一致。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それでは、育成論の詳細に入ります。 まもる・みがわりを確定とし、熱湯を入れることで火傷のスリップダメージまで狙えるでしょう。 そのため基本的な技構成は守る・身代わり・メインウェポン・サブウェポンとなります。

Next

ムラっけの弱体化と考察 オクタン/オニゴーリ【ポケモン剣盾】

ただオクタンの鈍足だと最大威でぶっ放すのは難しいかも。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 ビーダル・オクタン・オニゴーリ・ドーブルですね。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 個人的には、湿り気ブルンゲルのしおふきがおすすめです。 ミトムゴーリの組み合わせは、これからムラっけに入門する人にはぜひ使っていただきたいです。 自分の名前を冠する技「オクタンほう」をで覚える。

Next

ムラっ気+しおふきオクタン育成論【ロマン溢れるポケモン講座】

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 こんなときに使おう• そのほうが相手に合わせて柔軟に立ち回りやすいですからね。 その場合は当然などの他のムラっけ持ちがライバルとなるが、ムラっけでは最鈍であることが足を引っ張る。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 がって…。 例えばを使ったことのある人なら一度は経験したことがあるであろう、初手ゲンガーやに上から身代わりを貼られ、何もできずに逆に相手の起点になるという展開。

Next