地震前兆 百瀬。 地震を予知する動物たち~なぜ動物は地震の前に騒ぐのか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

西日本にも大地震の恐れ! 沖縄の“謎の揺れ”は地震の前触れか!?

10代の頃にスピ世界に目覚め、内外の聖地巡礼を続ける。 実は、現在、このTEC値が沖縄あたりで高い状態が続いていて、地震に警戒が必要なのだ。 複数の住民が、「窓や建具などがカタカタと揺れた」「寝ていたが、起きてしまった」と、揺れを報告している。 山中氏は、恩師である 故池谷元伺大阪大学理学部名誉教授(1940-2006)とともに、この研究を続けてきた。 今後メガマウスが目撃された時、人々が「地震とは関係ない」と油断した結果、実際に巨大地震が起きて被害が拡大するような事態を招けば、これは取り返しがつかない悲劇だ。 ならば、地震の前兆として発生する電磁波を感じ取って、回避行動を取ったとしても、おかしくはないだろう。 太田教授は、動物と電磁波の関係について研究するために、32年前に大地震が発生した中国遼寧省の海城市を訪れた。

Next

西日本にも大地震の恐れ! 沖縄の“謎の揺れ”は地震の前触れか!?

ところが、津波が襲来したスリランカの国立公園では、 動物の亡骸がまったく見つからなかった。 私は以前に、UFOを研究すると学会から村八分にされるので米国へ渡ったという天文学者を知っていた。 現在でも貴重な情報が含まれているので、番組の内容について紹介することにしたい。 主に、一般の人々が特別な計測器などを使わなくても、自分の五感で認識できるものを集めている。 2004年に新潟中越地震があったが、貞観地震の6年前には、今の富山県から新潟県にかけて大地震が起きている。 私は現在、ハムスターの中でも最小の部類に入る、ジャンガリアンハムスターを飼っている。

Next

地震前兆百科~はじめに|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

地球の上空の電離圏に存在する電子の数が、東日本大震災など巨大地震の前に増大していた。 日本ではどこにいても地震の被害は免れないものとして、日頃から注意を怠らないようにしたいものだ。 せめて前兆現象の知識を得て、自分や家族や身の回りの人々を護る必要がある。 貞観11年に、陸奥国東方沖の海底を震源域として発生し、規模は少なくともマグニチュード8. これは「三行半」を意味する大凶相として、最大限の注意が必要な結果だった。 地震に先立つ地殻変動で、地中の石英を含む花崗岩では、岩石破壊に伴って強いパルス電磁波が発生する。 さらに、メガマウスの出現地点から比較的近距離であれば、M4クラスの小規模な地震でも前兆として考えることにした。 (ヘルムート・トリブッチ『動物は地震を予知する』) 世界的に著名な科学者の言葉として、非常に説得力がある。

Next

【警告】「メガマウス出現と地震発生は無関係」NHK報道に疑問! 過去データで完全反証、深海ザメの予知能力をナメるな!(2018年7月12日)|BIGLOBEニュース

貞観地震の5年前には富士山が噴火し、9年後には今の千葉県沖でM7. 隠岐では今年に入って、サケガシラが漂着したり釣り上げられたりするケースが相次いでおり、大地震の前兆ではないかともウワサされる。 人間の脳が地震を予知するという可能性を探求した画期的な番組だった。 これだけ短期間のうちに海底で異変が続けば、電磁波に敏感と思われるメガマウスがそれを察知し、異常行動をとったとしても不思議はないだろう。 今さらサバイバル本能を研ぎすませと言っても、遅すぎる。 本書は、地震や津波の前兆をまとめたリファレンスブックを目指した。

Next

【警告】「メガマウス出現と地震発生は無関係」NHK報道に疑問! 過去データで完全反証、深海ザメの予知能力をナメるな!(2018年7月12日)|BIGLOBEニュース

この番組の趣旨は、動物や人間が地震の前兆を捉えているという可能性を探るというものだった。 だが、非科学的ではなくて、 「未科学的」だと筆者は考える。 その男性によれば、地震発生前に、午や豚が逃げ出し、ニワトリが鳥のように飛び、ネズミが人を恐れなくなったという。 この時に村人たちと交わした会話から、 地震の前に多くの動物たちが異常な行動を示していたことを知って興味を抱いた。 0の地震が起きている。

Next

【2020/07/13】過去の水害の予言が現実になった件と、今後起こるかもしれない件|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

だが、この件は別としても、3月15日には島根県の隠岐の島で、「地震魚」の別名をもつ深海魚「サケガシラ」が出現しているので、やはり西日本での地震が気になるところだ。 また、宜野湾や豊見城でも「揺れた」という報告があった。 説得力があると私が考えているのは、時代や文化や職業を異にする多くの人々の目撃談が驚くほど互いに似ているという事実と、もうひとつ、もっと重大なことだが、 一見ばらばらな現象がすべて科学の言葉できちんと説明できるという事実である。 太田教授の研究室の研究員が、そのスリランカの国立公園へ調査に赴いた。 これによると、日本は世界第18位だが、先進国(OECD高所得国)の中では第1位となっている。 お座敷犬など、人間に近い生活をしていると、そのような本能が薄らいでくるようだが。

Next

地震を予知する動物たち~なぜ動物は地震の前に騒ぐのか?|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

科学の世界がこういう状況なので、われわれ民間人がやらなければならないのが現状だ。 ・ブログ. 風もないので原因が知りたい」と心配気に語る。 (『生物は磁気を感じるか』、 前田担、講談社) 人間はその進化の過程で道具や言葉を使うようになっていったことで、このような自己防衛本能が退化していったのだろうか。 中国では、動物園で飼育員たちが亀・イグアナなど7種類の動物の異常行動を日々チェックしている。 逆に、いまは地殻変動によって日本で地震が起こりやすくなっている。

Next

西日本にも大地震の恐れ! 沖縄の“謎の揺れ”は地震の前触れか!?

…というか、そういうものが多い。 これらの海洋現象が日本付近の気候に影響を与えることは、気象庁でも言っているが、地震については関係ないと思われている。 筆者は、今後もメガマウス出現と地震の関係について研究を続けていく。 これを第二種動物異常と呼ぶ。 18年後にはM8規模の仁和(にんな地震が起きているが、これは東海・東南海・南海の3連動型地震だった可能性が高いという。 たとえば、武蔵野学院大学特任教授で、海底地質学を専門とする地震学者の島村英紀氏は、微弱な電磁波をキャッチすることで餌の位置を把握する、メガマウスの頭部にある「ロレンチーニ器官」について「海底プレートのズレによって起こる巨大地震の場合、地中の岩石が破壊される際に微小な電磁波が発生する。 そして、熊本県をはじめとして大きな被害が出た「令和2年7月豪雨」が起きてしまった。

Next