千 と 千尋 の 神隠し ラスト シーン。 【都市伝説】千と千尋の神隠しの幻のエンディング!ハクの八つ裂きシーンは存在する?|RealVoice

まさに都市伝説!千と千尋の神隠しにある別のラストシーン説を本気で考察した。

不思議の世界から早く帰ってきて欲しいものです。 自分の名前を取り戻した千尋は、ハクと別れてトンネルを抜けようと足を進めます。 新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される• 当時の書き込みではほとんど同意されずにあしらわれていました。 劇場へ見に行った方の記憶も、20年近く前のものとなります。 その後、ハクと別れてから元の世界へ戻るため両親と車でトンネルを抜けるシーンで物語は幕を閉じています。

Next

千と千尋の幻のラストシーンにかかる考察、人の記憶はあてにならない

この理由は、 未練が残り、元の世界に帰れなくなるからです。 皆さんは、「千と千尋の神隠し」のラストシーンを覚えてますか? 契約に従い、湯婆婆から出題された問題。 あまりにもざっくりしすぎているのでもう少し絞ってみましょう。 二回目はハクに連れられて養豚場へと向かうシーン。 ではなぜ2か月なのか・・・?• 「誰かとくっついていたい」だけのカオナシと、 明確な意思を持ちそのためには単独行動をも厭わない千尋はある意味で対極の存在にあるのかもしれません。 。 スタジオジブリは曖昧な回答• しかし、そんなカオナシの暴走がストップするシーンが二場面ある。

Next

【千と千尋の神隠し】裏設定&都市伝説の考察【カオナシ&ハク様&幻のラストシーン】

ちょっと話は変わりますが、ジブリには「引越し」から始まる映画がもう一つあって、『となりのトトロ』も、引越しの車に家族全員が乗っている、というシーンから始まります。 さぁ行きな。 当初のタイトルは「 千とちさとの神隠し」になる予定だったとされています。 そして千尋におにぎり、服を渡す、といったものであり、一方カオナシはといえば、食べ方は汚く清潔感は皆無。 これは、引越し先についたすぐ後に、サツキが「メイ、橋があるよ」といって、覗きこむシーンです。

Next

千と千尋の神隠し最後の時間経過はどれくらい?ラストの車のほこりに違和感?

日本でも、• なんだか見たことがあるような、ないような… 私自身、小学生の頃に映画館に見に行って絵本も買っていますが、正直このラストは正直記憶にはありません! ただ、髪留めのくだりは記憶の隅にあるような気がします。 では、経過した月日は半年くらいでは?という意見もありましたが、そうすると季節は真冬。 また電車に乗り込む客は皆一様に黒色の半透明な身体という特殊な出で立ち、更に言葉を発することが一切ないというこれらの点はカオナシとも共通していますね。 こうして水を意味する名前の部分を失い、千尋もハクもお互いに 水を失っている状況であることが分かる。 一般的に、車のバッテリーが上がるのは1年と言われており 現実世界での時間経過は少なくとも1年よりは短いことが予想できます。 本当の 「千と千尋の神隠し」のラストシーンはこれらしい! いったいなぜ無くなったのか・・!? 本当の「千と千尋の神隠し」のラストシーン 都市伝説ではない「千と千尋の神隠し」本当のラストシーン。

Next

本当の「千と千尋の神隠し」のラストシーンはコレ!?ジブリに隠された謎が判明!

ただ橋に立っていたカオナシに千尋があいさつをするという、そもそも出会いからして受動的である。 車中のシーンとか。 彼女たちも千と千尋の神隠しにおいて重要な役割を担っているのは言うまでもないことでしょう。 そして、これは湯婆婆に八つ裂きにされた ハクの最後の涙だという都市伝説もあります。 理由とかはどうでもよくて、描きたいシーンを描いたらああなった、というのが結論だと思います。

Next

千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

テレビ放送だったりネットで情報に何度も触れる度に脚色した記憶を呼び起こすため「実際に見た」と脳が勘違いをしている可能性が高いでしょう。 豚の中の両親が初め(2,3回目の再開)分からなかった理由は、 彼女が「千」だったからであろう。 早い話、後先をしっかり考えて行動しろとも取れますよね。 ネットでは通常のエンディングに加えて、ある描写があったことが話題になっていました。 湯屋のモチーフ 千と千尋の神隠しで物語の舞台として扱われる湯屋。 6%と、かなり高い数字だったことも記録に残っています。 」といったもの。

Next

【都市伝説】千と千尋の神隠しの幻のエンディング!ハクの八つ裂きシーンは存在する?|RealVoice

」といった意見が飛び交うようになりました。 一方、カオナシはといえば、食べ方は汚く清潔感は皆無。 これだけ考えても、それでもやっぱり、「なんか見たことある」気分が抜けないのですから。 元の世界に私も戻るよ。 千尋は元来た道をたどればいいんだ。

Next