リッジ ラインズ。 富士通は本当に変われるか、DX新会社の給与をグローバル水準に高める真意

富士通が年功序列を撤廃、「営業」という名前もなくなる!(ニュースイッチ)

63ビュー• 適切な目標を設定する重要性ついて今井新社長は次のように話す。 具体的には、役割の異なる複数の部門が一緒になってお客様の変革を支援します。 まずは「営業」という組織名をなくし、客先との共創に軸足を置く「ビジネスプロデューサー」職に改めるなど、グループを含め国内営業部門1万人強の改革にメスを入れる。 今後は3年後をめどに600人ほどの体制に拡大させる計画です。 組織運営や人事制度は外資流に Ridgelinezの組織運営や人事制度には、外資系コンサルティング企業のノウハウを持ち込む。 時田社長は、これまでの富士通グループは「データやノウハウを社内で共有し活用することができず、データをお客様や社会のための価値に還元するという仕組みも十分ではなかった」と話し、弱点があったことを認める。

Next

Strategy&パートナーの経歴

写真1:富士通の常務執行役員に就任予定の福田譲氏 富士通の常務執行役員 CIO(最高情報責任者)兼CDXO(最高デジタルトランスフォーメーション責任者)補佐に、SAPジャパンの代表取締役社長の福田譲氏( 写真1)が2020年4月1日付けで就任する。 お客様のショーケースとなるような最先端のマーケティングを実践 富士通株式会社 CMO(最高マーケティング責任者) 理事 山本 多絵子 私が取り組むべきプライオリティは2つあります。 76ビュー• Contents• また、この実現に向けて、高度人材処遇制度、新卒・既卒を問わない通年採用、フリーランス制度などの柔軟な人事・報酬制度を含め、新しい働き方を提案・提供。 なお、事業を開始する4月1日付で、日本および海外のIT、製造業を中心に30年以上にわたるコンサルティング業界での経験を持つ、現PwCコンサルティング合同会社 副代表執行役 シニアパートナーの今井俊哉氏がRidgelinez(株)の社長に就任する予定です。 そのやり方では、たとえシステム開発に成功しても、(事業面で)意味のないシステムになるリスクがある」(今井新社長)。

Next

富士通がDX事業の主軸を新会社へ、幻に終わった「専門家1200人育成計画」

もう1つは、当社自身がDX企業となるため、社内改革を着実に進めていくことです。 当社は「Transformation Design for Alternative Futures」(未来を変える、変革を創る)をビジョンとしてかかげ、「変革創出企業」を目指します。 ただし、今井氏は「リッジラインズは、あくまでお客様の成功のためにベストソリューションを提供する企業」と述べ、富士通との連携を前提にはせず、他のSIerとも協業する方針を強調する。 リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 富士通、デジタル変革を支援する新会社「Ridgelinez:リッジラインズ」を設立 IT Leadersはてなブックマーク - 富士通、デジタル変革を支援する新会社「Ridgelinez:リッジラインズ」を設立 IT Leaders プレビュー 富士通、デジタル変革を支援する新会社「Ridgelinez:リッジラインズ」を設立 IT Leadersはてなブックマーク - 富士通、デジタル変革を支援する新会社「Ridgelinez:リッジラインズ」を設立 IT Leaders 富士通、デジタル変革を支援する新会社「Ridgelinez:リッジラインズ」を設立 IT Leaders Leaders > 一覧 > > 動向 > 、変革をす... 1000人以上の従業員を抱える日本企業への調査から、デジタルトランスフォーメーション(DX)では投資対効果の評価に苦慮する企業が多いことが判明しました。 2020年1月30日、2019年4~12月期決算発表の場で、同社の磯部武司執行役員常務CFO(最高財務責任者)がDX企業への転身を図る施策を相次いで発表した。 139ビュー• リッジラインズ単体では、2〜3年後までに売上高200億円を目標とするが、DXプロジェクトに伴うレガシーシステムの更改など、富士通本体にはより大きな案件が転がり込む。

Next

DXを推進する富士通の新会社「Ridgelinez」の全貌に迫る : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

顧客のDXを支援するビジネスを伸ばすことでこの目標を達成する戦略で、その中核となる新会社・リッジラインズを設立するとともに、「富士通自身がDX企業となるための社内改革」(時田社長)に取り組んでいる。 Transformation Design 新会社がユニークなのは、独自の人材制度を採用する点だ。 従来、富士通グループではアーキテクチャ設計やシステム開発、運用などのプロセスの一部分を得意領域としていました。 111ビュー• 具体的には大きく3つある。 社長には、事業を開始する4月1日付で、現 PwCコンサルティング合同会社 副代表執行役 シニアパートナーの今井俊哉氏が就任する予定。

Next

フジドリームエアラインズ 客室乗務員募集

68ビュー• この見解もDX推進においてチェックすべきポイントだ。 福田氏は「日本を代表するICT企業の富士通が、デジタル時代のビジネスモデルや事業運営のあり方を自ら世に示す」、山本氏は「世界の最先端のマーケティングソリューションを活用する」と述べ、自社をDXのショーケースとしていく考えを強調。 富士通とは異なる新たなカルチャーの下、独自の仕組みや社内制度を整備して、柔軟性、機動性に長けた活動を行う会社を目指します。 「RidgelinezはDXに関するコンサルティングから最新技術の実装までワンストップでお客さまにサービスを提供する。 顧客の要望をうのみにせず、顧客の「丸投げ」をあえて拒否する点は、競合のIT企業との差異化要因になるとみる。 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 富士通の一部門ではなく、自立した企業として競争力のある集団を目指す」と説明した。

Next

Strategy&パートナーの経歴

3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• グローバルで事業環境が急速に変化する中、既存の業種・業務の枠組みを超えたディスラプションが起こり、あらゆる業界において俊敏かつドラスティックな変革が求められています。 リッジラインズからみて、富士通本体は「強力なパートナーの一社」(時田社長)という位置付け。 このような波及効果を含めて、グループ全体のDX関連ビジネスに最大2000億円の増収効果を与えることを目指す。 では、Ridgelinezを、におけるDXのとしてづける。 67ビュー• 企業のDXの取り組みにおける3つの課題とは デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みは、今やどの企業にとっても重要な課題になってきている。 具体的には、戦略策定、ビジネスモデルソリューション設計、業務プロセスアーキテクチャ設計、オペレーションシステム開発、戦略実行、エコシステム構築・運用を行う。 具体的には、顧客が抱える課題を解決するために、国内外のさまざまな企業とのパートナーアライアンスにより、富士通グループの製品やサービスにとどまらない多様なテクノロジーを用いて、顧客のDXを支援するという。

Next

富士通、顧客のDXを支援する新会社「Ridgelinez株式会社」を設立

トーンダウンした「DIer」 富士通はこれまでもDX事業の強化に向けて施策を進めてきた。 今井氏は、リッジラインズの役割を「コンサルティングとプロトタイピングをする会社」と説明。 Ridgelinezは、富士通のDX企業への変革を具現化した1つの姿です。 富士通は3月9日、今年1月に設立したデジタルトランスフォーメーション(DX)新会社・リッジラインズ(Ridgelinez)の事業戦略と、春から経営幹部に加わる外部登用人材を紹介する説明会を開催した。 現在PwCコンサルティング合同会社の副代表執行役シニアパートナーを務める今井俊哉氏が同日付で同社社長に就任する予定だ。 幅広い業種・業務における各種のデータを、AI(人工知能)やIoTなどのテクノロジーに注入し、そこから新たな価値を創造し、そして再びお客様にご提供するという「データの還流」でDXを実現するのが、富士通が目指すDXビジネスの全体像です。 377ビュー• お客様と社会の変革を創出し、これまでの延長線上にあるものとは違った「非連続な未来」を実現する、これまでとは違ったアウトカムを出せる企業になりたいと思います。

Next

富士通が年功序列を撤廃、「営業」という名前もなくなる!(ニュースイッチ)

新会社でDXのコンサルティングとプロトタイプシステムの構築を担うのは、3職種のコンサルタントだ。 85ビュー• 富士通はマーケティングが使うべき優れたソリューションやテクノロジーを数多く保有しています。 なお、富士通は同日に、ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する新会社、Ridgelinez(リッジラインズ)の設立を発表している( 関連記事: )。 元社員が新会社の社長に 1つ目の「DX子会社の設立」においては、DX子会社は富士通のDX企業への転身を象徴する存在となる。 他のコンサルティング会社並みの報酬を用意するほか、直属の上司が直接の評価者とならない評価制度を採用する。 92ビュー• 代表者 : 時田 隆仁(当社代表取締役社長) 3. 106ビュー• 所在地 : 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング 商標について 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

Next