アジサイ 剪定。 紫陽花(アジサイ)の剪定時期と剪定の仕方。秋を過ぎても大丈夫?

アジサイの剪定は年2回!正しい方法で毎年綺麗な花を咲かせましょ♪|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

もちろん全体的なバランスを考えながら剪定する必要がありますので、少し手間はかかりますが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。 定期的に剪定することで、ある程度成長をおさえることができるため、日ごろの手入れも比較的楽になります。 花がまだツボミだった時代に周りを覆っているもの。 花後の剪定 花後の剪定は、花の2~4枚下で切り落とします。 花は萼の中央にある粒のようなごく小さな部分のみになります。

Next

アジサイ(紫陽花)の剪定|花後が大事!目的によって方法も違う?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

一般家庭のスペースでは手に負えなくなりますので定期的な剪定が必須です。 ただし、西日の当たる場所では乾燥して葉が焼け傷んでしまうことがあります。 来年も開花させる剪定 来年は花を見ず、コンパクトにする剪定 ・花後の剪定 アジサイの花が咲き終わったら、すぐに花後の剪定を行います。 剪定をして、コンパクトに樹形をとどめ、鑑賞しやすいアジサイにする必要があります。 7月中から遅くても8月上旬までに花後の剪定をします。 後は翌春に芽を吹いて花を咲かせるだけです。

Next

アジサイの剪定時期と方法に気を使ったら、やっぱり花付きが良かった話

「雨」というものがそもそも「弱酸性」なので徐々に土が酸性になります。 また、花後の剪定を行わないと先端付近の目が花芽になって、どんどん高く株が大きくなってしまいます。 土に植える• 注意 葉の付近にぽっこりとしたものができていたら、それは芽です。 アジサイはかなり強いので、2年もすれば花が咲き始めるでしょう。 そのため、苗木を植えた年に樹形を整えるための剪定を行います。 太くて長いものから順番に間引き、ほどよい樹形になったら切るのを止めます。 アジサイの花芽は葉の付け根についている丸い塊です。

Next

アジサイの育て方|ヤサシイエンゲイ

また、最近よく目にするカシワバアジサイは、セイヨウアジサイを改良したもので、セイヨウアジサイ自体は、ガクアジサイがイギリスなどで品種改良されて逆輸入されたものです。 特に花が咲いている期間は土を触って乾燥しているようであれば、たっぷりとした水をあげましょう。 樹形を整えるための剪定 カシワバアジサイを苗木を植えたまま放任していると、 枝分かれせずに長い枝が伸びていきます。 まずは、剪定の時期をお話ししたいと思います。 男性が愛する女性の名前を植物名に付ける、なんだかロマンチックですね! その後、シーボルトが日本産ガクアジサイを持ち帰り、品種改良後、西洋アジサイとして逆輸入したそうです。 無理に剪定しなくても、自ら枝葉を落とします。 夏~初秋の肥料は新芽を大きく育てるためです。

Next

【アジサイ(紫陽花)の挿し木や剪定】時期や方法、増やし方のコツは?

単純に言うと、「花の咲いた枝は切って、今年花の咲かなかった枝を残す」ということです。 小さいスペースでも花をたっぷりつけてくれるので、ボーダーガーデンとして通路脇に植えるのもおすすめです。 アジサイの剪定時期 花が終わった直後(6月頃)か、落葉期(冬期)が適期です。 毎年剪定を行っていると、ある程度は株を小さく保つことができます。 でも、剪定することで樹形を整えたり、花つきを良くしたり、花の大きさを変えたりすることができるのです。

Next

アジサイ 小さく保つには?

切るべき枝について ちょっとした剪定ならばまずはこれ、という切る枝の選び方があります。 こういう昨年の枝に花芽がつくものを「2年枝に花が付く」といいます。 木化したアジサイは剪定だけでなく、日ごろの手入れも大変なので、思い切って強剪定しましょう。 栽培スペースに限りがある場合は、 剪定を行わないと株が大きくなりすぎてしまう可能性があります。 でも、株が大きくても大丈夫、紫陽花の色の変化を秋まで楽しみたい、という人は秋の色の変化が終わるまで待ってから剪定しても大丈夫。 そういう場合は一年おきに咲くことになります。

Next