国家 総動員 報。 国家総動員法(こっかそうどういんほう)とは

【国家総動員法とは】簡単にわかりやすく解説!!制定理由や内容・問題点など

(軍需局官制(1918年 大正7年 6月1日第178号)に基く。 (放送禁止事項改正、1925)• 国勢院は、内閣軍需局と内閣統計局を統合した機関で、政府関係機関を整備強化したものである。 131. 国家総動員法及び戦時緊急措置法を廃止する法律の一部を改正する政令(昭和24年11月26日政令第373号)• 国家総動員法そのものは、政府が国内の資源、資本、労働力から貿易、運輸、通信に至るまで、すべての人的資源・物的資源を統制する経済政策に関わる法律でした。 1943. その後、同年7月7日に勃発した支那事変の拡大、陸軍軍需動員、総動員計画の一部実施などの国内の進展を背景にして 、軍部から法律の即時制定を求める声が強まった。 のちの1935年(昭和10年)、ルーデンドルフ自ら『国家総力戦論』を著したのを受けて、敗戦後にが永田やの言動から、この国家総動員体制に対して後知恵で「総力戦体制」と名付けた。 2ch. 11)• (1927. 1941. 医療関係者職業能力申告令(昭和13年8月24日勅令第600号)• 第三十三条 次の各号の一に該当する者は三年以下の懲役または五千円以下の罰金に処する。 廃止法律附則第2項により、法律廃止後1年効力を持ち昭和22年4月1日から失効した勅令• 316-317. (1943. 1945. 永井和「日中戦争全面化と東亜新秩序」• 130. 最後に、罰則の強化で、従来の罰則が「三年以下ノ懲役又ハ五千円以下ノ罰金」であったものを、「十年以下ノ懲役又ハ五万円以下ノ罰金」へ変更したことである。

Next

国家総動員報 ランキング

同法の原案は、内閣資源局によるものである。 (企画院 出典:Wikipedia) 1 兵器、艦艇、弾薬などの軍用物資 2 衣服、食糧、飲料、飼料 3 医薬品、医療機器、医療器具、その他の衛生用物資、家畜衛生用物資 4 船舶、航空機、車両、馬、その他の輸送用物資 5 通信用物資 6 土木建築用物資、照明用物資 7 燃料、電力 8 上に挙げたものを生産・修理・配給・保存するのに必要な原料、材料、機械、器具、装置、その他の物資 9 上に挙げたもの以外で勅令で指定する物資 このように、政府が統制・運用できるものが事細かに書かれています。 国立公文書館アジア歴史資料センター. (1927. 」などと、大臣らへの同意を示しながら理由説明を促した。 国立国会図書館。 そこでのが質問に立ち、「総動員の必要などは国民が皆知っておる」、「総動員ということを知らせて置くことはまことに結構で、その点は同感だが、自分の出した案を良く見てからおっしゃって下さい。 1914. 獣医師等懲用令等廃止ノ件(昭和20年10月24日勅令第602号)により廃止• (1937. ただ、これは一種形式的な発動である。

Next

【国家総動員法とは】簡単にわかりやすく解説!!制定理由や内容・問題点など

また施行の日は特に規定がないため法例の規定で公布の日の20日後になる。 纐纈『総力戦』p. (1918. 1943. そこで委員長は他大臣らに連絡をとり、陸軍大臣や外務大臣が審議に参加することを告知。 重要事業場労務管理令(昭和17年2月25日勅令第106号)• 11)• 国家総動員法の前段階として1918年には「軍需工業動員法」という法律が制定されて、戦時ではなく平時に軍事産業を政府が保護して、戦争に必要なものを備えていました。 廃止法律附則第2項により、法律廃止後6年効力を持ち昭和27年4月1日から失効した勅令• 1938. [ ] 第1次近衛内閣は、翌1938年(昭和13年)1月に法案提出のをした後 、同月中旬に要綱を公表した。 1941. (1942. (1942. 実際の法律の運用がかなりの部分で政府の自由な裁量にゆだねられていたため、政府にとって都合の良いようにこの法律が使われ、これ以後の戦争拡大を止めることができませんでした。 地代家賃統制令(昭和15年10月19日勅令第678号)• 1926. 1924. 戦時海運管理令の存続期限を国家総動員法廃止後2年に延長• ただし、質問者の宮脇長吉議員は元陸軍軍人で佐藤の時代の教官であったことから、佐藤と宮脇の個人的な確執が発言につながったとする説もある。

Next

国家総動員法(口語訳)

古川「戦中期」p. 永井和「日中戦争全面化と東亜新秩序」• 政党の反応 [ ] 要綱の公表後、法案賛成に回ったのはなどの小会派で、「革新立法」であるとの理由で歓迎した。 1941. 経済界に近い立場の・など既成も、に対する広範な授権はにおいてに保障された立法協賛権の剥奪につながる恐れがあり憲法違反であるとして反対の空気が強かったが、議会審議においては政府や陸軍に押し切られる形で可決成立をみた。 12)• (1920. 『1940年体制 - さらば戦時経済』(、、1995年・2002年)• 1938. (1923. 政府は、戦争時に国家総動員上必要な時は、勅令によって労働争議の予防もしくは解決に対して必要な命令を出すことができる。 (1910. このうち反対論が多数派で、勅令委任範囲が広すぎて違憲の疑いが強い、という意見が多かった。 はじめは建築技術者850人が徴用される程度でしたが、1941年以降は大規模になります。

Next

国家総動員報

古川「戦中期」pp. この審議会は、国家総動員法運用において実質的には議会の代理をする意味を持っており、政治的な意味において重要だった。 (1943. (1940. 纐纈「総力戦」p. 11)• 総動員物資使用収用令(昭和14年12月16日勅令第838号)• これで国民に何の覚悟が出来るか」、「裏からでも表からでもよろしいが、どうぞ十分にラジオを通じ、新聞を通じ、速記録を通じて国民に分からせてもらいたい」、「国民が私と同じ程度のものであるならば、政府の言うことが分からない。 [ ] また、当時陸軍大臣が直ちに謝罪する例は珍しく、法案審議に際しての軍部の低姿勢ぶりが際立っているとする見方もある。 この頃、水面下では両党の法案賛成派と同じく賛成派の小会派の一部を糾合して近衛新党を結成しようとの動きがあり、新党結成によって政界地図が塗り替えられることを両党は恐れていた。 法案成立後、軍需工業動員法を施行するために、管理下に「軍需局」が設置された。 1939. 1939. 2ch. このことから、同法を政権下のによる(昭和8年)制定のの日本版になぞらえる説もある。

Next

国家総動員報(@totalwar226)

また、従来の労働統制が雇用主に限定されていたものを、一般の労働者に対して直接命令できるようにした。 結局、近衛自身の決断により、議会提出を延期し原案の修正で乗り切ることにした。 政府は、戦争時に国家総動員上必要な時は、勅令によって輸出や輸入を制限したり禁止したりすることができる。 これは、民政党からは、、、、政友会からは、、などの有志議員からなるグループである。 この種の近代化を主唱したのは、、などの「」であったとされている。 廃止法律附則第2項により、法律廃止後6月効力を持ち昭和21年10月1日から失効した、勅令一覧• (1909)• (1934. 12)• 人事の発令は同年7月1日で、委員は計48名、幹事22名、総裁、副総裁、幹事長はそれぞれ近衛文麿首相、企画院総裁、企画院次長の陣容で始まった。

Next