大相撲夏場所番付予想。 大相撲番付予想

2020大相撲五月夏場所 番付予想 ~㊟開催予定変更(2週間先送り)~

審判部のさじ加減で決まるのだから。 239• 予想はまぁまぁ当たっていたので良しとします 笑 いよいよ2週間後から始まる大相撲九月場所(秋場所)。 そんな納谷の活躍をまとめていきます。 4横綱2大関4関脇2小結となり、役力士の数は維持されたが、もう一人の小結土佐ノ海は同じ10勝ながら据え置きを食らっている。 事例は多くないが、徐々に落ち幅が大きくなり、琴風が戦後初めて一気に前頭二桁まで落とされた(3連敗で引退)。

Next

大相撲九月場所(秋場所)番付発表!幕内の番付と注目ポイントを紹介。予想の答え合わせも。|好きです!大相撲

共に全勝優勝で1人横綱時代を打破した白鵬、日馬富士は、どちらも西横綱からスタート。 ある相撲部屋で力士を含む複数協会員に感染の疑いがあることが8日、分かった。 そして、この場所は意外な配置となった2大関がその場所の決定戦を戦い、それで縁起を担いだわけでもないだろうが、以降新大関はすべて一番下からのスタートとなる。 関脇が詰まっていたら無理には上げない成績と見られているらしい。 東 番付 西 朝乃山 正代 関脇 大栄翔 御嶽海 小結 前頭筆頭 遠藤 阿武咲 前頭2枚目 隆の勝 宝富士 前頭3枚目 輝 霧馬山 前頭4枚目 炎鵬 阿炎 前頭5枚目 碧山 前頭6枚目 照強 竜電 前頭7枚目 徳勝龍 前頭8枚目 勢 前頭9枚目 前頭10枚目 志摩ノ海 前頭11枚目 妙義龍 前頭12枚目 前頭13枚目 高安 前頭14枚目 若隆景 琴勝峰 前頭15枚目 千代丸 錦木 前頭16枚目 琴勇輝 前頭17枚目 明生 審判部長が理事長に臨時理事会の開催を要請し、理事長が要請を許可したため、朝乃山のがほぼ確定したと言える(確定ではないが、過去に臨時理事会を開催して否決された例はない)。

Next

令和2年名古屋場所番付

そもそも小結で3場所連続勝ち越しながら新関脇になれていないのは不運だ。 2枚目8勝と4枚目9勝、7枚目10勝、8枚目11勝あたりが次候補になるが、結果は東2碧山と東4栃ノ心が小結へ。 むしろ関脇小結が常に4名しかいない分、定数に遊びがないので、負け越した力士の数だけ枠が空く。 一番安定性を保てるのは、各地位の枠を厳守することだ 大関昇進においては、当然昇進問題の重要性の方が高いので、三役の総枠云々の議論は二の次になる。 北海道・東北• 予想どおりだと、5月場所初日に琴奨菊vs照ノ富士という元大関同士の対戦が組まれる可能性が高くなります。

Next

大相撲番付予想

大関豪栄道引退で役力士がさらに減少し、昭和の番付大削減以降平幕は最多。 では小結の7勝8敗残留はというと、令和元年5月に御嶽海はじめ平成以降4例と少ないがなくはない。 tom gmail. 皮肉にも同部屋力士同士が昇降を争う形なだけに、ホープ琴ノ若もバツが悪かろう。 それにしても幕尻15枚目で9勝の小城ノ花、蒼樹山より上の方が自然な気がするが、彼らは11枚目まで上がっている。 大相撲予想クイズ、大相撲G1ゲームの二本立て。

Next

187. 2020年大相撲夏場所番付予想

同じ2枚差なのに、星の差が小さい方だけを逆転させた。 ただし昨年、0勝5敗で休場した稀勢の里が全休の2横綱と入れ替わって東正横綱になるという謎編成がなされた。 御嶽海が昨年九州場所以来の関脇に復帰。 役力士が少ないので平幕上位は横綱大関総当たりで勝ち越しは難しく、上位戦のない5枚目あたりから無理に上げてくるしかない。 陥落した大関は原則関脇に張り出すなどの措置もありでは? 3 関脇、小結の負け越し力士はすべて平幕へ転落。 世の中の状況も緊迫した状況。 大相撲九月場所(秋場所)、幕内の番付と注目ポイントを紹介しました。

Next

2020大相撲五月夏場所 番付予想 ~㊟開催予定変更(2週間先送り)~

さて、そんな春場所でしたが、気になるのは来場所の番付。 霧島は腐らずに翌場所は11勝で関脇に上がり、その翌場所は大関となった。 関係者によると、感染者が出たとみられるのは複数の関取が在籍する相撲部屋。 1,714• 平幕中位~下位がやや難しく、1点の勝ち越しでも大きく番付を上昇させる力士も多く出てきそうである。 クイズ予想の対象となる力士は幕内の42人です。 それを考えると狙い目は「高安」「玉鷲」あたりです。

Next

令和2年名古屋場所番付

事実、昭和56年の蔵間以降平成8年の土佐ノ海まで、前頭筆頭で勝ち越して三役に上がれなかった力士はいない。 平成年間を振り返り、未来の大相撲を考えてまいります。 2019年7月場所、番付予想(たもつ版) 十両降格は4関取 東前頭14・4勝11敗・徳勝龍 東前頭15・6勝9敗・照強 西前頭16・5勝10敗・石浦 東前頭17・5勝10敗・千代翔馬 照強は、来場所17枚目まであれば、ギリで残ったかもしれません。 3枚上で星2つ下の炎鵬より下に置かれてしまった。 例外となった18年11月は、筆頭で10勝の露鵬と3枚目で11勝の安美錦が、三役力士は全員勝越して三役の枠は空きがなかったものの、さすがにこの成績で平幕据え置きは気の毒と思ったのか、珍しく枠を拡げて4小結となった。

Next