ウーロ mtg。 自然の怒りのタイタン、ウーロについて考える

自然の怒りのタイタン、ウーロ|カードギャラリー|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

というわけで、次回はリリース前に構築してみた企画第3弾、お楽しみに~。 あ、《》を使うってのもあるのか。 ではやで採用される。 今日のそのデッキはミッドレンジに分類される。 つまり、再生と引き換えに突破力、展開力を獲得した形となる。

Next

晴れる屋

ではやで、ではや、などで採用され、下環境でもそのを買われて活躍の場を広げている。 効率悪いので良い子はマネしないように。 こんなに窮屈なゲームになったのは。 メインの戦闘用クリーチャーは、さきほどの 大食のハイドラと ハイドロイド混成体のハイドラ2種類になります。 虚空の力線があなたのゲーム開始時の手札にある場合、あなたはそれが戦場に出ている状態でゲームを始めてもよい。 バントコンはカウンターを多めに入れてあります。 ハイドロイドでゲーム終了まったなし。

Next

『テーロス還魂記』新カードでデッキ構築!その3:飢えたクロクサを手懐けろ(新スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

前評判通り、《長老ガーガロス》はろくに動くことができない。 ・プレインズウォーカーはぶっ刺してもぶっ刺しても出てくるので《》は外せない。 伝承の収集者、タミヨウも 脱出と相性がいい一枚だ。 一応言っておくと起動型能力はの土地をわずかに強化できる。 《魂売り》は緑を含むデッキがわざわざ黒を足してまで採用など、さまざまなデッキで活躍したが、今回注目するのはフィニッシャーとして《魂売り》を据え、後はカウンターなどでコントロールして押し通す、青緑黒「カウンターモンガー」というデッキである。

Next

[EX+](プレリリースFOIL)自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath《英語》【THB】

普通に場合はの様に自壊してしまうので基本はの様に扱い、に落としてから脱出で出しなおす事になる。 ウーロを軸に相性の良いどっしり目のカードで固めた、青黒緑の3色ミッドレンジを見てもらおう。 パックで当てるより、欲しいカードを買った方が安く済む。 茨の騎兵の効果2 茨の騎兵が死亡したとき、あなたの墓地から他のカード1枚を対象とする。 手札を捨てさせるその能力、活かすのであれば……これぐらいやんちゃな構築してみるか!? ・大型サイズに警戒、3点回復もできて対アグロ性能が高い。 その他にも スタンダード、パイオニアで禁止カードになった 「死者の原野」もあるし、 「炎の騎兵」や 「風の騎兵」などポイントで注目されているカードもあって実はおすすめパックでした。

Next

スゥルタイ・ミッドレンジ:自然が怒り、破滅が囁かれる(スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

・再生でクリーチャー戦に強く、殴るたびに大きくなる。 自身だけでなく、2枚目、枝葉族の、茨の騎兵の着地に誘発し、 毎回1ドロー以上のアドバンテージを 稼ぐ発現する浅瀬はランプの核と言っていいだろう。 あなたのの中なら、ウーロを生け贄に捧げる能力をした後にあなたがを得るのでスタックが空ならばそのままウーロを脱出で唱えることができる。 Whenever Uro enters the battlefield or attacks, you gain 3 life and draw a card, then you may put a land card from your hand onto the battlefield. そもそもそんな即除去らなきゃいけない強力なプレインズウォーカーを出すな。 ・《長老ガーガロス》を回収できる《》は噛み合っている。 4ターン目の「原始のタイタン」が当デッキの基本なのでそれに絡め難いのは大きなマイナスポイントですね。

Next

[EX+](プレリリースFOIL)自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath《英語》【THB】

デッキの回り、そして最初はサイドに数枚でしたが、結局メインにも入れることとなった《》とのコンボにとって重要だからです。 しかし、 2020年1月24日発売の「テーロス還魂記」のおかげで、「基本セット2020」のパック期待値が急上昇しております! なので、 今回の記事は、「基本セット2020」も良いよ!っていう内容を書かせて頂きます。 この環境では動きようがないのか。 Contents• しかしこのカードの肝は「虹色の前兆」の効果の方にあるでしょう。 追加のハイドロイド的な役割を果たせるかはわからないが、便利そうなので《》を仕込むのはアリだと思う。

Next