乾隆 帝 側室。 【清の全盛期に君臨した男】乾隆帝とは、どんな皇帝だったのか?

愉貴妃・珂里葉特氏 乾隆帝と最も長く連れ添った妃

突然のことで誰もその兆候を知る者はいなかったとされる。 継皇后(輝發那拉氏) 1718年3月11日生-1766年8月19日没(享年49歳) 満州八旗(清時代の満州族の支配身分)のうちの輝發那拉一族(ホイファナラ)出身。 嘉慶帝は勅命の中で「婉太妃母妃は、先の皇帝が藩邸(親王の屋敷)にいたときから仕えてきた。 祥答應某氏,乾隆十八年七月十五日進宮為祥貴人。 伽南香念珠一盤, 上掛小玉器十三件。 貴妃については定員がある為、雍正帝即位後のニウフル氏の官位については疑問があるらしい。 (雍正元(1723)年十二月)丁卯。

Next

清王朝の三人の帝、康熙帝・雍正帝・乾隆帝のなかでもっとも偉大...

清高宗• 格格某氏,乾隆帝尚為皇子時的侍妾,雍正八年十月病故。 彼の後宮関係のことにも触れておきたい。 嘉慶十年三月十七日葬入裕陵妃園寢。 (20歳) 1745年嫻貴妃になる。 今爾等不時稽查,如各宮首領太監有不謹之人向裏外傳說是非,或經查出,或被首告,必重處數人,以警其餘。 乾隆帝とは次第に疎遠になったのではないかともいわれます。 被給履懿親王。

Next

雍正帝-清・世宗文物大展_雍正帝の一生

西林覺羅氏(?—1808年),父親巡撫。 またドラマに出てくるシュウ・カイが演じるイケメンの傅恒(ふこう)は実弟。 では宮中ではどうだったのでしょうか。 満洲鑲黄旗のニオフル(鈕祜禄)氏の出身。 既日間在內辦事。

Next

雍正帝の後宮

その後、婉嬪陳氏は降格はしていませんが。 乾隆十年十一月十七日,以工部尚書哈達哈為正使,內閣學士伍齡安為副使,冊封魏貴人為令嬪。 後の孝儀純皇后となる瓔珞(「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」より) さて、乾隆帝には 「香妃」という女性の伝説がある。 「太子密建」で即位した初めての皇帝 25歳で帝位についた乾隆帝(「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」より) 乾隆帝は父で先代の雍正帝(ようせいてい)の四男で、本名を弘暦(こうれき)という。 六十一年(1722年)十一月十三日,駕崩前宣詔嗣位。 その影響力を使って如懿を助けます。

Next

清王朝の三人の帝、康熙帝・雍正帝・乾隆帝のなかでもっとも偉大...

定貴人某氏,因為乾隆二十年的乾清宮主位人數均有對應之人,可見某氏在乾隆二十一年,才經外而入宮,惟初封位份不明。 清聖祖• 乾隆帝の寵愛を集めたともいえません。 富察氏(追封)• 至於諸太妃所有一切,俱係聖祖皇帝所賜。 彼女は中国でも人気が高く、清時代を扱ったドラマや映画に「魏貴妃」や「令妃」の名前でたびたび登場している。 この前の年に孝賢純皇后が亡くなり、嫻貴妃が皇后となっている。 莞答應某氏,與祥答應一同出現在購買咈囉的檔案中,葬於曹八里屯,推測她在乾隆三十八年三月二十八日,即祥答應病故後才薨逝。 雍正帝が即位すると、 雍正元(1723)年、 裕嫔に冊立され、後に 裕妃に晋封される。

Next

愉貴妃・珂里葉特氏 乾隆帝と最も長く連れ添った妃

無定數。 《清高宗御製詩五集》卷十《少寐》• 朕為藩王時,在府中亦如此行。 再行嚴審治罪員外郎常惠、即應革職問罪。 女たちの野望がうごめく伏魔殿のごとき後宮でたった一つの愛を貫き、正々堂々と生きた皇后、如懿の気高き魅力に共感と絶賛の嵐! 幼なじみとして慕い合い、皇帝とその側室になってからも、変わらぬ愛を誓う乾隆帝と如懿。 1737年(乾隆2年。 每夜起更時,各宮首領進本宮查看燈火畢,隨出,鎖掖門,報知敬事房。 明の滅亡は奢侈が原因とされていて、その戒めでもあった。

Next

孝儀純皇后

每年選一次秀女,對象為上三旗的滿族女子,年齡約在12-15歳不等。 本日吊下荔枝三十六個之內,拿十個進宮供佛,其餘隨晚膳後呈進。 乾隆帝の浪費により国庫に不安があったとはいえ、以降の皇帝にはこうした外征の機会自体が無くなっていたという面はあったと思います。 《壽康宮白貴人遺物穿戴安放紙單》吉祥帽一頂, 上掇金桃花正面一塊、嵌東珠五顆、紅寶石一塊、珊瑚蝠五塊、玉桃花一塊。 さらに、ここにきて官選史料…しかも一次資料に近い史料の中に、この説を補強する史料を紹介されています。

Next