ドニエル マレン。 アーセナル、6700万円で売った選手を100倍で買い直し? PSV若手FWに関心

アーセナルの獲得候補”ドニエル・マレン”の2つの長所

スペイン『マルカ』が伝えている。 アヤックスで少年時代を過ごしたマレンは、16歳だった2015年にアーセナル下部組織へ移籍。 まとめ とりあえず、PS4版のウイイレ2020の週間FPガチャの速報でした。 メルテンスは言わずもがな。 ドニエル・マレンが良い動きをしてくれるので、味方はパスを出しやすいことでしょう。 マルティネッリは21日の練習中に左ヒザを負傷。 その一方で、同監督の信頼を失っているグエンドウジは来夏に開催予定となっているユーロ2020のフランス代表に選出される可能性を高めるため、他クラブへの移籍を希望しているという。

Next

堂安律デビュー戦で20歳オランダ代表FWが驚異の5得点。PSVでは55年ぶり

4更新• イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 しかも、クロスが入ってくるときにニアに突っ込むかと思えば、俊敏なステップワークでファーに流れる動きも素晴らしい。 参照記事 jadfusoqa. 今月にはオランダ代表にデビューしていきなりの初ゴールを挙げたのに続いて、堂安律のデビュー戦にもなった先週末のフィテッセ戦では5ゴールを叩き込む衝撃的な活躍をみせた。 マレンはパスを受けると、相手方向にドリブルし、タックルをさせる。 当時ルカ・ヨヴィッチ獲得の可能性もバルサは探っていたが、同選手はレアル・マドリーと最終的に契約している。 それもオプションだ」と述べ、キャリアをスタートさせた地であるレアル・ベティス復帰の可能性を匂わせつつ、あらゆる可能性も排除しなかった。 味方との連携 下の画像のシーンでは、マレンは少し下がったスペースに構えている。

Next

2020 NDS オランダ登場!ロッキングスキルまとめ

マレンはアヤックスの下部組織でプレイしていたのだが、2015年にアーセナルが獲得。 。 さらに、主砲FWルーク・デ・ヨングのセビージャ移籍に伴い、今シーズンからセンターフォワードに本格コンバートを果たすと、先日のフィテッセ戦で1試合5ゴールの衝撃的な活躍を披露するなど、ここまでの公式戦13試合10ゴール4アシストと早くもキャリアハイ更新に迫っている。 フィジカルコンタクト• 2022年夏までアーセナルとの契約を残しているグエンドウジの去就はどうなるのだろうか。 27 11:25 Sat アーセナルは26日、U-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリが左ヒザの手術を行い、今季中の復帰が絶望となったことを発表した。 ボディコントロール• 結局トップチームには入れず2017年にエンポリへ向かうことになり、その選手がトレイラの代わりに狙われている状況は何とも興味深い。

Next

【ウイイレアプリ2020:白玉・銅玉おすすめ若手選手一覧】若手レベマ交換大成功!ヤングスターをいち早くゲット!

ビッククラブへ移籍しても適応できずに終わってしまいそうな気がしますので。 その後、オランダで開花した期待の若手に対してPSVは4800万ポンド(約65億円)の価格設定をしているようだ。 『ミラー』によると、そのマレンに関して古巣のアーセナルが獲得候補としてリストアップしているという。 ただ、スピードを活かしたプレースタイルというわけではなく、相手DFの死角に入る時のスピードと駆け引きが上手い。 マッテオ・グエンドウジ、エミール・スミス・ロウ、リース・ネルソンなど期待できる若手は今もいるが、同メディアは言い訳できない4選手の放出ミスがあったと指摘する。 ) 全員思っていた以上に強くなってて驚き! 総合値が90に届かなくてもめっちゃ強いですよ。

Next

アーセナルの獲得候補”ドニエル・マレン”の2つの長所

ドニエル・マレンの周りに良いパスを出してあげる選手が多いクラブに移籍できれば、大化けするかもしれませんね。 のドニエル・マレン獲得への関心が報じられている。 Dylan Jenkins氏の記事の紹介です。 ただ、今すぐに、ビッククラブへ行くのもどうなのかとも思ってしまいますね。 クラブ公式サイトやオランダメディアによれば、1試合5得点を記録した選手はPSVの歴史上わずか3人目。

Next

堂安律デビュー戦で20歳オランダ代表FWが驚異の5得点。PSVでは55年ぶり

ドニエル・マレンのプレースタイルの特徴としましては、 ・スピードを活かしたプレー。 最も一快適にプレーできる場所にいたい」 「 ジネディーヌ・ ジダン監督から今シーズンの僕に対して、他の場所で経験を積む方が良いと言った。 オフェンスセンス: 86 ボールコントロール: 87 ドリブル: 92 ボールキープ: 88 グラウンダーパス: 88 フライパス: 80 決定力: 88 ヘッダー: 80 プレースキック: 65 カーブ: 69 スピード: 96 瞬発力: 95 キック力: 82 ジャンプ: 85 フィジカルコンタクト: 85 ボディコントロール: 89 スタミナ: 82 ディフェンスセンス: 56 ボール奪取: 60 アグレッシブネス: 61 GKセンス: 40 キャッチング: 40 クリアリング: 40 コラプシング: 40 ディフレクティング: 40 逆足頻度: 2 逆足精度: 2 コンディション安定度: 5 ケガ耐性: 2 確定スカウト ドニエル・マレンの無料スカウト・確定スカウトをご紹介しています。 昨夏にレアル・マドリーからアーセナルに加わり、ここまで公式戦35試合1ゴール2アシストを記録しているセバージョス。 もちろん、 タグリアフィコとハーリットも当たりですよ。 2019年12月5日時点ですが、10得点を挙げ、得点ランキング3位につけています。

Next

【ウイイレアプリ2020:白玉・銅玉おすすめ若手選手一覧】若手レベマ交換大成功!ヤングスターをいち早くゲット!

スピードを活かしたプレー。 その代わりに目をつけたのがエンポリでプレイする21歳のベナセルだった。 にはピエール・オバメヤンの退団の噂が絶えない。 『ESPN』が伝えている。 PSVは、首位アヤックスと勝点10差の4位、ヨーロッパリーグも2勝2分2敗でグループステージ敗退と、低調なシーズンを送っていた。 失点こそ免れているものの、後半に入ってうまくいかないアーセナルはラカゼット、ウィロックに代えてエンケティア、ダニ・セバージョスを同時投入。

Next

ドニエル・マレン 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

一方、英紙『ザ・サン』はリバプールがマレンの獲得に関心を示しているとも伝えている。 まずは、ドニエル・マレンのプロフィールから書いていきたいと思います。 彼はこれを見越して、味方へスを出した。 ドリエル・マレンのプレースタイルと言えば、スピードでしょう。 DF泣かせのプレースタイルといっても過言ではないと思います。

Next