生理用品 軽減税率。 トリュフが生理用品より必需品…… 消費税&軽減税率、イタリアの不思議な事情

おもつなどの生理用品は軽減税率の対象外!新聞や飲食料品のみが対象|白丸くん

よって、生理用品は生活するうえで必需品であり、どんな経済的状態でも手に入れなければ暮らしていけません。 私は、とても悲しい。 世界の現状 現在、世界では生理用品にかけられる税(通称 tampon tax)を撤廃する動きが広がっています。 マジですげーな、おいおい。 そもそも電気やガス、生理用品などは記事によれば「議論すらされなかった」そうです。

Next

生理用品は軽減税率の対象外?不満続出も制度への誤解の可能性も

カナダでも「タンポン税」が廃止されている。 ただし、飲食料品の中でも「外食・出張料理」「」は軽減税率の適用対象外となります。 — デキストリン UvVv8r3hKfSiNIj 新聞が軽減税率に入るっていうことに納得がいかないって言ってる人のことはよくわからんけど話題に上がってるように生理用品や紙おむつは軽減税率対象にしていいと思う — EPO(お勉強) gooseLisahouse 実際のところ、生理用品への課税は、世界でも議論が起こっており、生理用品は女性にとって生活必需品のため税金が廃止されている国もあります。 日用品も必需品は多くありますが、一切考慮されていないということです。 総合して考えると、女性が生理のために使うコストは少なくないが、現状で軽減策があるわけではない。 「生理用品」「おむつ」「トイレットぺーパー」は、飲食料品ではないので、もともと軽減税率の対象とならないし、現時点で対象となる予定もない。

Next

日用品は軽減税率の対象外!8%になる・ならない具体例【最新まとめ】

2019年(令和元年)10月1日以後は複数税率となる。 政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」で最大5%還元 政府は、2019年10月の消費税増税による消費の冷え込み対策としてキャッシュレス・消費者還元事業を実施します。 ヌメヌメのヌメです。 もくじ• 5%に引き下げられた経緯があります。 軽減税率は、酒などの嗜好品を除く食品と、定期購読の新聞にのみ適用される。

Next

トリュフが生理用品より必需品…… 消費税&軽減税率、イタリアの不思議な事情

さらに、トイレットペーパーや乳児・介護用のオムツも対象外なのを知って愕然としたとし、その一方で、新聞が対象になっているのは理解しがたいと訴えた。 生理用品は、絶対に必要になります。 欠陥の上に加速を積み重ねればどうなるか? あまり想像したくない結末が、待ち受けているに違いありません。 もっと言えば活字をあまり読みません。 これでは、外食産業がより厳しくなる可能性が高まるといえます。

Next

「生理用品を軽減税率対象に!」 大学生の私が署名を集めているわけ

酷いときには、政治家がメディアに圧力をかけたりします。 何度も言いますが、腸の一部を再利用してるんですよ。 なぜ飲み物だけ……謎です。 生理用品のような日用品が対象外で新聞が対象とは確かに納得いきませんよね。 消化液とか、悲しすぎて言葉も出ないわ。 それだけでなく、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に合わせて、 まちかどペイペイキャンペーンを実施します。 私の下着は残念な感じになるから。

Next

消費税増税でおむつや生理用品はどうなる?日用品は軽減税率対象外

これらを対象にしたのは、低所得者への配慮からと説明されている。 個人店の導入が多い からです。 なぜか新聞には軽減税率が適用される不思議 軽減税率は大雑把にいって「食料品 酒類除く と新聞」が対象です。 術後しばらくは、患部から大量出血。 ところが消費税そのものが逆累進性が大きいため、低所得層の負担を本気で軽くすると、税収が下がります。 したがって「合理的な線引が難しい」との回答は「言い訳」でしょう。 これにより• このほか、欧州連合では税率が軽減されたが、完全撤廃を求める声が強くあがっている。

Next

生理用品が軽減税率対象外で新聞は軽減税率対象な件について【考察】〈日本と海外〉

カテゴリー• ただし、このGSTは一律に課されるのではなく、多くの生活必需品や食品などが非課税になっているのだ。 実際にtwitterなどのSNSでは、このおもつや生理用品が軽減税率の対象外であることへのあまり良い印象を受けていないように思います。 こんな自明の理がわからない、あるいはわからないふりをして、消費増税を強行し、あるいは賛同する勢力(政治家、官僚、経済界、メディア、エコノミストども)と、いまだに財政破綻論を真に受け、消費増税已む無しとして政権与党に投票するような情弱民衆が、日本国家と日本国民を奈落の底に突き落とす元凶です。 具体的にはパン、そばや素麺などの麺類、各種調味料ほぼ全て、カップラーメン、お惣菜などは「対象外」だったのです。 総合して考えると、女性が生理のために使うコストは少なくないが、現状で軽減策があるわけではない。

Next