すき家 バイト 面接。 すき家バイトの面接対策!採否の決め手はシフトの融通が利くのか!

【応募者必見】「すき家」バイトの面接に関する評判・口コミまとめ

住所が記載されている身分証明書 運転免許証、健康保険証など• しかしやっぱり、いくら待っても連絡が来ませんでした。 わたし自身昼間は会社員として働き、金曜日、土曜日の深夜にアルバイトとして働いていました。 すき屋バイトの仕事内容 すき屋のバイトはお店で行うほとんどの業務を覚えなくてはなりません。 結構悪い話もいっぱいあったのでどうしようかと迷ったのですが、せっかくなので面接を受けてみたところ、人手不足なのか割りと サクッと採用まで決まりました。 4~5日くらいだったと思います。

Next

すき家のバイト (面接・落ちた)

と言われましたが、マネージャーの連絡先がわからないので、連絡先がわからないと言うと既読無視されました。 制服配布。 最後にですが、一度落ちたといえども、経営者が違う店舗でなら、採用される事もありますよ。 また、ドライブスルーがある店舗もありますので、そちらも担当しなくてはなりません。 また、もう一つのおすすめは採用されると お祝い金が貰えるマッハバイトからの応募です。 きついと言われる割には バイトでこの手取りの給与面、 他にこんな企業思いつかない程です。

Next

すき家でバイトの面接を受けて落ちたのですが、まだ求人広告をしていま

自分でもどこが悪いんだ?と思っています。 すき屋の魅力といえば、お手頃価格でスピーディーに美味しい牛丼を楽しめること。 面接時の服装 私は清潔感のある黒のリクルートスーツに、ポニーテール、爪は短くマニキュアなしで臨みました。 まかないは4時間以内の勤務で牛丼並盛を1杯食べることができます。 きっちりした考えを持つ人しか採用はしません。 志望動機• 1か月以内に辞めていく人も多い。

Next

すき家バイトの面接対策!採否の決め手はシフトの融通が利くのか!

質問が多い上に長文失礼しました。 そのため、最速で仕事を始めたい!という場合は真っ先に利用したいページです。 労災との関係性でAmazonやすき家等で購入する必要があります。 初めてのバイトですので、ミスばかりです。 会社員 47歳・男性 確認したことがよいことは特にありませんが、アルバイトしていて、楽しかったことや、失敗してしまったことなど聞いたらいいのではとおもいます。

Next

すき家のバイト評判はどうなの?経験者の体験談・口コミを紹介します!

とくに、「生活費を稼ぎたい」「学費を稼ぎたい」という目的は、面接担当者が安心する理由の1つです。 回転率の高い店舗でも諦めずにしっかり働けるか忍耐力があることを伝える• この面接の場合採用率はどれぐらいでしょうか? 因みに私は深夜帯の希望でした 補足面接は面接官一人に対し四人の応募者で行いました。 また、面接で何を聞かれるのか、何を質問するかをあらかじめ考えておきましょう。 はじめまして。 お客さんが少ない夕方の3時~5時とか数時間だけだけでしたが。

Next

すき家バイトの投稿された口コミと評判!面接対策や仕事内容は?

教える側の能力の問題もありますが、教育を受ける側の理解度も重要だと実感しました。 お店に聞くのがどうしても嫌な人は、 働く前にお客さんとしてお店に行って店員さんを確認するのもありですね。 週に2回以上と最低3か月は働けます。 どうしても無理なときはマネージャー等に頼む。 注意が必要です。 「バイト経験・なぜ辞めたか」 すき家はスピード力や効率性を重視しているため、なるべく飲食バイトの経験者を雇いたいのです。

Next

すき家 アルバイトのコツを経験者に聞いてみた!

0:00~4:00の勤務となりますと、 4:00~09:00の人を探す必要があります。 何処の牛丼屋もそうかもしれないですが、質の良い肉を使ってるわけじゃないのでめっちゃ 臭いがつきます。 実際にどのくらいの時間がかかるのか、面接に間に合うように出るには何時に出る必要があるかなどを確認しましょう。 ちょうど体制を見直した時期だったのかもしれませんし、僕がたまたま良いお店に入っただけかもしれませんが…。 それが新人でも。

Next

すき家バイトの投稿された口コミと評判!面接対策や仕事内容は?

ピークの時間帯には、フル回転でも全然間に合わない時もあるとか。 教えられたことだけじゃなくて、効率良く店を回すかとかメンバーで動くかとか考え始めたら 仕事も楽しくなってきました。 忙しい時はほんとに忙しいです。 【2】すき家の面接・服装・志望動機について すき家の面接で聞かれること すき家の面接でよく聞かれることをまとめておきましたので事前に答えられるようにしておきましょう。 覚えるまではどんなバイトも大変です。 投稿者さんの書かれたような感じです。

Next