くろづまわたる 声優。 とある科学の超電磁砲で出てくる黒妻綿流(くろづまわたる)の性格を教えてく...

とある科学の超電磁砲で出てくる黒妻綿流(くろづまわたる)の性格を教えてく...

登場人物 詳細は「」を参照 佐天 涙子(さてん るいこ) 声 - 柵川中学1年生。 アニメオリジナル 「武装無能力者集団(スキルアウト)」編(テレビアニメ第1期第15話 - 第16話) 「幻想御手」編と「乱雑解放」編の間に位置するオリジナルエピソード。 赤茶色の癖がかかった長髪に、黒い革ジャンを羽織り、背中に大きな蜘蛛と蜘蛛の巣をあしらった刺青を彫っている。 橋国が自身を模すことで情操教育の助けにしようと提案し、冗談のような外見から看守の満場一致で不採用を嘆願されたものの、あまりの不気味さから試作機の運用で一定の効果が認められて配備が決定してしまった。 事件後、黒子に手錠をかけられ放置されていたところを食蜂に拾われ、彼女に連れられドリーの記憶を持つ「妹」と再会を果たす。

Next

浜面仕上 (はまづらしあげ)とは【ピクシブ百科事典】

新約2巻、一方通行と無事生還した上条当麻の両名とは3人で互いの携帯電話の番号・アドレスを交換し合った。 wikipedia >正史(せいし)とは、 >1.東アジア諸国において、主に国家によって公式に編纂された王朝の歴史書のことである。 [5]• 睡眠が不要なので、夜は暇を持て余している。 [4]• 見たのは割りと最近だけど、その内容の濃さに舌を巻いた。 相手を透視することで、隠し持っている武器などを発見できる。 個人的にこの作品だけで十分ですが。 初春の誘拐後は囮となり、第11学区外周の境界壁付近で美琴を待ち受け、人質にした見ず知らずの不良を見捨てなかった彼女を「ヒーロー」と見定めて戦いを挑む。

Next

学園都市に背を向けた人たち アニメ週刊御坂美琴15号

主人公が逃避行を始めて、最初に降り立った惑星でのある家族の情景がクライマックスでフラッシュバックされる構成でそこに象徴的に描かれるシャボン玉のイメージとか、押し迫ってくるピアノの旋律が一話の中で積み上げられたイメージによって、解放されるは非情に物哀しいものになっているんですよね。 また、それを原作・題材とした派生作品群。 金髪で、が2本ある。 ちなみに、ドラゴンライダーやパワーリフターに搭載されていた支援操縦ソフト「」に懐かれているらしい。 9月3日、で美琴たちは学芸都市を訪れ、浜辺で自由行動を楽しんでいた。 まさかAIまでハーレム入りとは……。 ただリアルタイムで見てなくて、再放送で見たはず。

Next

浜面仕上 (はまづらしあげ)とは【ピクシブ百科事典】

美琴たちはフェブリと仲良くなるが、彼女が「科学的に作られた人造物」であり、持っている飴で命を何とか繋いでいることが判明する。 新約6巻、一端覧祭では完全に部外者であったが、滝壺やフレメアと共に垣根帝督、フロイライン=クロイトゥーネを巡る騒動に巻き込まれている。 それは甲高い音が原因。 詳細は「」を参照 遠峰 叶理(とおみね かなり) かつて「内部進化」に所属していた女性研究者。 翌日、佐天は海岸の岩場でオリーブに海難事故を装って殺されかけるが、ショチトルに窮地を救われる。 三 三 三 三... 上条たちがウィンザー城を襲撃した際は、神浄の指示で美琴を操ろうとするもA. 押井監督の作るバカ話は好きなんですけども。

Next

学園都市に背を向けた人たち アニメ週刊御坂美琴15号

一応、新しいデータは薄い青でセルに色をつけています。 また、何かと言動がうっとうしいため、「心理定規」の少女からは全力で心理的な距離を開けられており、教育係だった誉望からも普段は無視されている。 ふにゃー。 なんと脱獄を成功させたのは初春で、美琴たちとはぐれた後、少年院のセキュリティを解析し、脱獄を成功させたのであった。 代わりに美琴が。 [3]• 実験中に予想外の事態を見ると周りが見えなくなるという癖のために何度も事故に遭っており、その体はサイボーグ化され「代替技術の見本市」状態である。 とんだ迷惑である。

Next

御坂美琴の情報サイト作成について

もう1クールあったら、どうなっていたんだろうという想像は尽きない。 スキルアウトに絡まれた際は「寿命中断(クリティカル)」という能力を持っていると騙り、話術と演出を巧みに使って撃退する。 音が脳の演算能力を混乱させるらしい。 春上とは同じにいたときからの親友で、昏睡状態に陥った後は彼女のテレパスへ声を送っていた。 仲介役になりすまして「メンバー」を操り「妹達」を捜索させていたが、博士に偽物だと突き止められて手を引く。 8月1日、「ひこぼしII号 追加実験棟モジュール」を輸送中の大型特殊車両「衛星誘導車」が何者かに遠隔指示され暴走する事件が発生。

Next