姑 ブログ。 舅・姑・小姑 人気ブログランキングとブログ検索

図々しい姑に我慢も限界!

姑が仕掛けてくる様々な事件のなかでも、特に腹立たしいのは、自分の仲の良い近所の人やパート先の同僚とかを気軽にさそって、いきなり我が家にやってくることです。 でも、姑は妊娠初期しかつわりは無いものだと思っているので、 気持ち悪いという私に、相変わらずの「つわりは病気じゃない」、 「妊娠は病気じゃない」発言は続き、怠け者扱いでした。 下のバナーを押していただけると大変嬉しいです。 jp いい国作ろうキャバクラ幕府 じゃありませんが さいたま市のキャバクラで 女性従業員5人が新型コロナウイルスに感染 クラスターの様相を呈しています 当然 キャバクラなわけですから お客さんもいるわけですし ボーイさんや 店によっては送迎の人なんかもいるかもしれない どこまで拡散していくかわかりませんね 東京都内でも 日々感染者がでているようですし headlines. まぁ、これは片付けの習慣がきっちりついたので良かったといえば良かったのですが、 問題は、この御近所さんと一緒に我が家に突撃訪問してくる時は、当然夕食を出すのを要求されることです。 こちらも立派なオバさん世代になり図々しくなってきましたから、姑が突然訪問しても、居留守を使うようになりました。 あまりにつわりが酷くて、パートも休みがちになりその後辞めました。

Next

舅・姑・小姑 人気ブログランキングとブログ検索

今からどうやってその大役から逃げ出すかの作戦をたてているところです。 だから私が家のことをやらなければ、と思っていました。 新婚当時から、こういうことが続いていたので、今ではさすがに私も学ぶことができて、常に部屋をきれいに片付けるようになりました。 姑もそう言ってはくれましたが、やはり男の子は欲しいよね、と。 ですから立派な別居なのにとにかく図々しく私たち夫婦の生活に首を突っ込んでくるのです。 私の通っていた産婦人科医院は、家から車で20分くらいの距離でした。

Next

図々しい姑に我慢も限界!

つわりで横になっていると、夕飯を食べる時に温かい状態で出すことができず 仕事帰りの姑に家事をやってもらうのが、「疲れて帰ってきたのに、家事をしてもらっ…. これがさらに私を孤立化させ、もう我慢の限界になりました。 出産前に実家に帰って産む、という知人が多かったのですが、 実家の近くは総合病院しかなく、こちらで産んで…. 姑の友人や親戚の人に会うと、必ずと言っていいほど、コレを言われてき… 姑に言われて傷ついた言葉 「つわりは病気じゃないんだから」 「つわりがあるのは、赤ちゃんが元気な証拠!」 そりゃそうだろうけど、辛い私の気持ちに寄り添ってくれるような言葉かけがあったら、 もっと気持ちが楽になったろうなぁと思います。 jp 第二派?ってやつ? 早目に対策を講じないと また緊急事態宣言をしないといけなくなるんじゃないかな? 都知事選にかまけて 打つべき手を打つのが遅れたら 取り返しのつかないことに… 赤ちゃんの性別 私は長男の嫁です。 とにかく男の子を産んで安心したいので、最初は男の子が欲しいと思いました。 yahoo. 姑のわがままいっぱいの行動に対して、私もとうとう限界が来たのは、40代のころです。 「その他生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• news. 私が嫌がっていることがわかっていても、わざと執拗に突撃訪問してくる姑の性格の悪さには辟易していましたが、そんな私も今や50代半ばになり人間的にもずいぶん成長させてもらいました。 あれだけ嫌がらせを仕掛けてきた姑の介護なんてまっぴらです。

Next

舅・姑・小姑 新着記事

なぜ、私が姑と、そのご近所さんのために夕食を作らなければならず、もてなしをしなければならないのかがさっぱり理解できませんでした。 結局、産むまでつわりがあった妊娠でした。 みんなは働きに出ているんだから大変。 ですが、これから姑がさらに歳を重ねて介護が必要になってきたら長男の嫁である私が彼女の世話をすることになりそうです。 そんな時でも、夫はまったくノータッチなのです。 姑は私の自宅から歩いて15分のところに住んでいます。

Next

舅・姑・小姑 人気ブログランキングとブログ検索

ランキングに参加しています。 部屋が片付いていないと本当に大慌てになります。 「顔つきがキツくなってきたから、きっと男の子だね」「お腹の出方がとがってきたから、男の子だね」 と、根拠の無い昔からの言い伝え?的な発言。 でも、妊娠は奇跡・出産も奇跡 だと思うようになって、とにかく元気ならどっちでもいい、と思えました。 。 しかもその横には、仲良しのご近所さん。 自分が早く子供が欲しいというのはありましたが、 長男の嫁として男の子を産まなければいけない、という無言の重圧は感じていました。

Next

図々しい姑に我慢も限界!

事前に電話をしてくるわけでもなく、突然自宅の玄関先でピンポーンと鳴ったと思ったら、姑がニコニコ顔で立っている。 私は自分が働いていないということに、引け目を感じていました。 姑は、私が困ってパニックになっているのを見るのがきっと楽しいのだと思います。 産婦人科の病院 妊娠5か月の頃は少し、つわりも楽な日が時々あったのですが、 6か月過ぎたあたりから、またつわりのようなムカムカした感じがあり、 食べると吐いたり、匂いに敏感で少しの匂いでもすぐ吐いてしまっていました。 これは私たちが結婚してからずっとそうなのですが、やはり20年以上たっても不快感は消えることはありません。

Next

舅・姑・小姑 人気ブログランキングとブログ検索

敵もさるもので、庭のほうから入ってきてリビングの窓ガラスから覗き込んだりして私が本当に不在なのかを確認するようになりました。 yahoo. 単に嫁だから当然のこととして捉えている姑にはらわたが煮えくりかえる状態でした。 姑は80代後半となり、ひと昔のパワーはすっかり失われてきました。 。 。 。 。

Next

舅・姑・小姑 新着記事

。 。 。 。 。

Next