ライカ ma。 ライカのおすすめデジカメ特集。洗練されたデザインを楽しもう

ライカM4購入に学ぶ、クラシックカメラの賢い買い方

JPEGの色味が素晴らしい。 SETボタンから露出補正を選択する方法もあるが、やはり迅速な操作は難しい。 上の写真は秦野駅前です。 35mm• 使っていて気になったのは、露出補正がやりにくいことだ。 最近は、ライカの製品からデジタルカメラが増えてきましたが、古くから伝わるライカのよさはきちんと伝承されています。 写真の原理や基本、そして進化を体感できる、ひとつの究極を体現したカメラだと思います。 レンズは初代のズマリットf1. 標準ズームレンズが1本あれば、大体の被写体は撮影できますからね…。

Next

いま新品で買える機械式フィルムカメラ「ライカM

今から50年以上前です。 昔ってこうだったよね」という感慨が湧いてくるのです。 (そしてM6の「6」は昭和60年代ね) 発売年度とカメラの感触の相関関係 一般的に、ネットなど巷の情報では、M6よりもM4のほうが感触がいいとされています。 この辺は富士フィルムのレンジファインダー風カメラで慣れていたので、案外すんなりと慣れました。 ISO1600なら常用域といえるほどだ。

Next

【LEICA FAIR】ライカ愛 「M

では具体的に、使い方を見ていきましょう。 撮影時には、シャッター速度と絞りを手動で合わせます。 長く使い込むにつれてペイントがわずかに剥がれて、材質である真鍮があらわになることもあります。 8 ZMに。 露光不足で暗く写ると補正は難しいそうなので、ちょっと明るいくらいでちょうど良い感じに仕上がります。

Next

【Leica M4】拍子抜けするほどの「ただのカメラ」

まともな動作確認すらされてないでしょう。 撮影の一連の流れについては以下の動画も参考にしてみてくださいね。 しかしライカMは、これまでのM型とは大きく異なる部分がある。 もちろん従来のスタイルがよいという人にはライカM-Eがあり、モノクロ専用のライカMモノクロームも存在する。 3 M4 にSummicron 35mm F2. ライカM6の使い方 それでは具体的には、ライカM6はどうやって使うのでしょうか? これから初めてライカM6を使うという方のために、ライカM6の使い方を解説します。 液晶モニターはもちろん露出計すら搭載しておらず、バッテリーなしでも撮影が可能というカメラの原点ともいえる構造ですが、そこには100年にわたって培われてきたライカの技術が投入され尽くしているとのこと。 シャッタースピードは125、絞りは16に固定して撮影しました。

Next

ライカM4購入に学ぶ、クラシックカメラの賢い買い方

どこにもロゴが入らないステルスデザイン。 状態を目で確認できると安心なのですがネットだとそれが出来ません。 ・流石に状態の良い個体が少ない。 豊かなシャープネスと階調、きわめて幅広いラティチュード、そして優れたシャドーディテールの再現性で人気が高いフィルムで、芸術写真やルポルタージュ写真を撮影する際の定番のフィルムです。 悪徳転売屋です! フィルム送りレバーやファインダー周りの形状が変更されています。 フィルム交換時に裏ぶたを開くと自動でフィルムカウンターがリセットされてゼロに戻る機構が搭載されています。 現行レンズでシルバーを選ぶのは茨の道です。

Next

ライカMA(フィルムカメラ)を購入された方にご質問です。M4と購入...

【短所】 ・作りが悪い。 そしてフィルムを巻き上げる。 90mm• シャッターチャンスに出会うたび「ここの明るさは何EVだろうか?」と計測し、そこからフィルム感度と合わせ、絞りやシャッタースピードを計算しなければならないからです。 M4の時代 M4の頃の「昔」って、結構いろんなことが大雑把だったじゃないですか?テレビ番組とか商店街の売り方とか。 ピント合わせは5倍と10倍の拡大の他、ピーキングも可能。 解像感と階調再現のバランスに優れているように感じる。

Next

新製品レビュー:ライカM

中古のライカのなかでも、M6が実用ライカとして魅力にあふれているのはなぜなのでしょうか? 露出計を搭載した機械式M型ライカ 現在、中古フィルムカメラを楽しむときに欠かせないのが露出計。 フィルムを入れ替えれば「モノクロ専用機」 Photo: 照沼健太 そしてフィルムカメラならではの楽しみが、使うフィルムによって変わる描写。 それがライカM-Aの大きな魅力です。 (笑) ライカM4の特徴 ライカM4は、M型ライカの最初の機種であるM3(とそのバリエーションであるM2やM1)の次に出た機種です。 また、オリジナルのM3では装着できなかった引き金式迅速フィルム巻き上げ装置の「 」を装着できるもの特徴。 また、ボディ色が黒色のモデルは従来のメッキ仕上げから黒色塗装へと変更されていました。 ・撮って出しJPEGが素晴らしい。

Next