エースバーン 構築。 S7使用構築/サイクルゴリラ無双/最終6位

S7使用構築/サイクルゴリラ無双/最終6位

ダイナックルによる積みに注意。 エースバーンの役割と立ち回り 全ての技をタイプ一致で打てる 自分の技を出す直前に自分のタイプが技と同じタイプになる強力な夢特性「リベロ」により、全ての技をタイプ一致で打つことができます。 特性考察 もうか 低すぎない耐久により、1発耐えて効果圏内に入る事が比較的多い。 今シーズン通してタスキでんじはおにびドラパルトの対策は思いつかなかったが被害を最小限に抑えるために持ち物をラムのみにした。 また、ここまで相手の欠伸をはじめとする欠伸展開が重かったので、そこを奇襲で起点にしボコす手段としてラムビルド身代わりエースバーンを採用した。 タイプ一致の1. 追加効果は優秀。

Next

リベロエースバーンの変化技と型を考える

あく「ちょうはつ」 相手に攻撃技以外を出せなくする。 相手のパーティに カバルドンなどの状態異常撒きやドヒドイデなどの受けポケモンがいない場合、基本的に対戦は単純な技での殴り合いになります。 【コンセプト】• ゴリランダーミラーの際にアが欲しくなった場面もあったがそれ以上に10万馬力で拾った試合が多かったのでこの構成で良いと思う。 【要注意 】 ・パッチラゴン けたぐり持ちのパッチラゴンは解散! ・エースバーン 安定した処理ルートがないからキツイ ・ゴリラポケ は初手からくると誰も止められないのでか入れず、ゴリランダーはほぼ間違いなくPTにエースバーンもいるので、初手じゃんけんに負けたら半壊待ったなし。 A特化耐久無振りドラパルト対面 意地特化ドラゴンアロー一発36. 万能傘よ永遠に・・・ 新環境でより良い結果を出せるよう、プレイング面、メンタル面でもっと精進したいです。

Next

【ポケモン剣盾】チイラエースバーン&DS充電パッチラゴン【ランクマッチS1】:あみゅーずめんとぱーく地雷構築

ペリッパー確1、ドヒドイデ確2。 まもる貫通。 がよく誘うやを立ち回り次第で返り討ちにできる点もかなり強かった。 失敗すると即負けになるが、成功すれば有利に戦うことができるので早く決着をつけたい最終日において相性の良い戦術と言える。 さすが専用技。 ダイマックスさせることも多かったポケモンであり、 ダイナックルでAを上げてから制圧していくような動かし方や ダイバーンでかえんボールの火力を底上げ… 各対戦で使い方を盤面で判断し変えることができるのも魅力的なポケモンでした。

Next

【ポケモン剣盾】エースバーン対策はどうしたらいい?対策すると次はあのポケモンがキツい?皆の対策や考察を紹介!【リベロ/夢特性】

チョッキはックスとも相性が良く使い勝手が良かった。 鉢巻エラがみ急所で突破されたら、ほぼ勝てない。 調整はダイサンダーでギャラを確定とれるという名のほぼCSぶっぱ。 来シーズンから新しいが解禁され、新たな環境となるので真剣にそして楽しくをしていきたいと思います。 また自分は残飯ピクシーを構築に入れていたのでヌオーに残飯を持たせることができず、残飯でないヌオーを使う気が起こらなかったため他のエースバーン対策を考えました。 【構築経緯】• 名は型!!入りの構築には慎重に扱う。 基本的に、ダイマ時に択がかなり発生するので慎重に技を選択しなければいけないと感じた。

Next

【ポケモン剣盾】エースバーン対策はどうしたらいい?対策すると次はあのポケモンがキツい?皆の対策や考察を紹介!【リベロ/夢特性】

ダイサンダーでギャラドス確1、アーマーガア確2。 毒・猛毒状態にならなくなる。 特にはを採用している場合が多く上からボール打った後、側が下からダイブ打った後にとびはねるで避けることが可能なのでこと対面において負けたことがなかったところも強かった。 エースバーンの技構成次第では、自身でそのまま相手する事も出来る。 しかしどちらかというとちょっとS振ったが抜けるようになったことが大きなメリットになった。 虫 とんぼがえり 105 弱点の地面半減だが、とんぼがえりでは使用後手持ちに戻るのでラス一以外では耐性的な意味はない。

Next

【ポケモン剣盾 S7使用構築 最終レート2009_最終順位173位】逆転の発想のその先へ~Season4~【ギャラナットドリュ】

格闘「とびひさげり」 かくとう技。 物理受けに対して一貫し易い。 2体目のダイマックスポケモン探し• にタスキを持たせるのは数値の無駄遣いと感じ、Hに振ったところいい感じの硬さになりSも無振り抜いておけばいいと思い、ひかえめCぶっぱ、ハバンの実を持たせることによってドラゴンが半減になるので、対面性能が高くなり憎きドラゴンに対してをしてそのままイージゲームになることも多かった。 超 しねんのずつき 120 格闘に攻守両面で強い。 残りはやカウンターも使用してみたが、HBに引かれることが多くで分からせるために最終日はダストシュートを採用した。

Next