Zoom ブレイク アウト。 Zoomの使い方【ブレイクアウトルームの設定と使い方】

Zoomのブレイクアウトルームの使い方!作成・設定方法を紹介!

ブレークアウトセッションは、Zoomの大きな特徴である機能です。 【録画】• ブレイクアウトルームの名前を変えることができます(赤い囲み)• この画面では、どのグループに誰を入れるのかを設定できます。 ホストの入退室機能 ホストは各ルームに自由に出入りすることができます。 メンバー同士を交換する 詳細設定 「オプション」をクリックすると、詳細設定をすることができます。 そんな時は部屋の右側にある参加をクリックして「はい」を選択すればいいです。

Next

Zoomの「ブレイクアウトルームの使い方」について教えてください

全ての参加者がルームを退出するか設定してあるカウントダウン時間が経過するとブレークアウトルームは閉じられます。 「 すべてのルームを閉じる」ボタンを押します。 セッション作成をクリックすると、グループが作成されるとともに、次の画面が表示されます。 ・手動:手動で参加者をルームに割り当てます。 おおよそ60秒のカウントダウン通知が主催者側・参加者側両方に表示されます。

Next

Zoomのブレイクアウトルーム (グループ分け) 機能の使い方・オプション機能を徹底解説

ホストの参加 ホストは参加している部屋から退出したい時、または他の部屋に移動したいとき、 マウスをZoom画面の下の方にもっていきます。 「 再作成へ」ボタンを押します。 移動先が表示させる• ・Zoomのマイページで設定をONにする ・Zoom使用中にブレークアウトセッションアイコンを選択 これだけです。 ブレイクアウトルームは、ホストだけが使用できる機能です。 「手動」を選択した場合 各ルームの「 割り当て」ボタンを押すと、メンバーのリストが出て来ます。

Next

Zoomのブレイクアウトルームを作成する方法

自動か手動か、どちらかを選択する。 チャット機能について チャット機能については各グループごとに出来れば良いのですが、これは無理なようです。 参加者の画面にも終了までのカウントダウンのお知らせが通知されます。 3-2. 詳細設定の確認 ブレイクアウトルームを作るにはまずは設定画面に行ってブレイクアウトルームの設定をオンにします。 Zoom終了後、ホストが録画担当者からブレークアウトルームを録画したものを回収する。 2-2. この設定をしてからZoomを使うと、「ブレークアウトセッション」の選択肢が増えます。 個人の設定で• 設定画面が表示されます。

Next

Zoomの使い方【ブレイクアウトルームの設定と使い方】

Zoom活用についての個別のご相談は、こちらから承ります。 任意の部屋に参加ができます。 「ミーティングをスケジューリングする」をクリック• ブレイクアウトルームのアイコンをクリックして部屋の振り分け画面になったら移動させたいメンバーにカーソルを当てると右側に「移動先」と出ますので、そこをクリックして移動させたい部屋を選択するだけです。 左メニュー>個人>設定>ミーティングにて(詳細) ・「ブレイクアウトルーム」が有効になっていること ・「スケジューリング時にホストが参加者をブレイクアウトルームに割り当てることを許可する」の チェックボックスにレ点がついていること この設定が有効でないと、後述のMTG設定時に「ブレークアウトルーム事前割り当て」のチェックボックスがでてこないです。 終了後、すべてのセッションを開始を選択し完了させます。

Next

Zoomの使い方【ブレイクアウトルームの設定と使い方】

しかも自由にです! 各グループに入っている間は、そこでの会話に入ることが可能です。 メッセージが送信される ブレークアウトルームの終了 ブレークアウトルームを終了させるには、「すべてのルームを閉じる」をクリックします。 Zoomの機能面で大きな特徴と言えるのがこの「ブレークアウトセッション」です。 Zoomセミナーでの便利!~ブレークアウトセッション~ 会議室等でセミナーを開催するとき、時間の枠を設けてグループを作り、参加者にグループワークをしてもらうこともあるかと思います。 セッション数は、いくつグループを作るのかを設定します。

Next