おちびちゃん ゆっくり。 [B!] 【和菓子あき】なきむしおちびちゃん P18 : ゆっくり!ゆんやーの森

anko3563 おちびちゃんはとってもかわいいんだよ!(続・中編)

柵を構成するプラスチック製の格子は斜め十字に組み合わされ、 その隙間は大きく、向こう側もよく見えた。 なら的な意味で、なら概ね本当に死ぬ)。 そしてなにより、机の上に、薄汚いまりさと10匹程度の赤ゆが乗って寝ていた。 すべては手早く行われ、水に弱い饅頭のゆっくりを扱い慣れているのがわかった。 フライングしたとはいえ当然速度の違いは歴然たるもので、半分もいかないうちに子まりさ達が追い抜いてしまった。 前述のドスも、一軒を吹き飛ばす威のときもあれば、にはちょっと温かく感じる程度だったりもする。 こいつら、ポンコツになってしまっている。

Next

anko1775 ゆっくりしたおちびちゃん

母性が強く寂しがり屋だったブローチれいむにとって、子供を作り家族とゆっくりするという夢、生き甲斐が奪われた時点で、 飼い主に奉仕する動機は完全に失われたのだ。 おちびちゃんはどんな味か知らないだろうからね。 だが、赤ゆっくりは別だ。 や等のに詳しい。 台所に置いてあった食べ物は全てグチャグチャに食い荒らされている。 かつてお姉さんの家に飼われていたときでも、それほど高い頻度で食べられるものではなかった。

Next

anko1775 ゆっくりしたおちびちゃん

子供を作った時点で、まだ取り返しがつくと思ってしまった。 まずはお試しだ」 そう言い、お兄さんは一枚のクッキーを二つに割り、おちびちゃんの口に一つずつ運んだ。 「ゆふううううぅぅぅぅ~~~~~~…………」 ぶわっと顔に噴き出た汗をもみあげでぬぐい、ぱちゅりーは深い深い吐息をつく。 山で平和に暮らしていたゆっくりにはストレスの連続だったはず。 君達は素晴らしい。 「なにっ!?れいむまでおちびちゃんをいじめるのっ!?」 「とかいはじゃないわ!!れいむだけはおちびちゃんのみかただとおもっていたのに!!」 「ゆ……お、おちびちゃんのみかただからいうんだよっ!!」 しかし子供たちのことを思うと引き下がるわけにはいかなかった。 お兄さんがこれからいくつか質問するから答えてね。

Next

ゆぅ〜ん、おちびちゃんはゆっくりしてるよ〜

まずは洗ってあげるよ」 「ゆっくりりかいしたよっ!!」 「とかいはなえすこーとをおねがいするわっ!!」 風呂場に連れてゆかれ、丁寧に野良生活の汚れを落とされる。 ゆっくりにとっては、あんな生活に身を落としても、子供のほうがそれに勝るのだ。 では、次の話で。 その台詞を、言うためにまわりに人がいないか確認する。 外見上は、人やのように両親の特徴を合わせて受け継ぐことはなく、両親のどちらかのみを受け継いで産まれる(性格面ではその限りではない)。 むれのおさとして、おわびさせてちょうだい」 「ゆゆん、れいむがじぶんできめたことだよ。

Next

#ゆっくり #ゆっくり虐待 れいむの冒険(14)

その約束を破ったのだからな」 「ぢがうよ!!それはまりさのこじゃないよ!!おにいさん!!おにいさああああああああん!!!」 「ただし、いいか?」 「まりさ!まりさ!やっとれいむたちにも『かぞく』ができるよ!! ねんがんのかぞくさんだよおおおおおおお!!!」 「やったんだぜ!まりさたちはついにやったんだぜ!! おちびとゆっくりするひとゆめみていきてきたかいがあったんだぜ!!」 「聞けよおい」 「ゆゆーん!きっととてもゆっくりしたおちびちゃんができて、みんなでいっしょにゆっくりして おちびちゃんがまたあたらしいおちびちゃんをつくって すごいよおおおおおお!!!おちびちゃんがいっぱいだよおおおおおおおお!!!」 「れいむ!いっぱいゆっくりするのぜ!おちびさえいればほかにはなにもいらないんだぜ!!」 「聞けっての!!」 「「ゆゆうううううううううううううう!!??」」. 「さ、おちびちゃんたちも……ゆゆっ」 「「むーちゃむーちゃ!!むーちゃむーちゃ!!ぱにぇっ!!うみぇっ!!」」 客の子れいむと子まりさにブローチれいむが促そうとしたが、言われる前に二匹はどんぐりに口を突っ込んでいた。 親のれいむとありすは画鋲の痛みに動くこともできず、やはりお兄さんが現れるのを待ちわびていた。 野生のように活動し、にしたものを餡子に変換し身体を保つ• その時は、子供たちが眠ってしまってかられいむ達が必死にティッシュを片付け、 私に向かってびたんびたんと土下座で詫びてきた。 「ゆ゛………あ゛………お、おぢび……ぢゃ……………」 「いぢゃ……いぢゃいわあぁぁ………どっで、ごれ………どっでえええぇ…………」 二人の全身には何十個もの画鋲が突き刺さっている。 「さあ、準備オッケー。

Next

anko3563 おちびちゃんはとってもかわいいんだよ!(続・中編)

某格闘漫画にも描写されるように、皮膚の痛みはどれだけ鍛えても軽減できるものじゃない。 しばらくすると、さも面倒くさそうに目を覚ました。 ゆっくりやすんでちょうだい」 「ゆん……おさ、ゆっくりありがとう」 ブローチれいむとぱちゅりーの視線が交わる。 「おかーちゃんをいじめりゅにゃあああああああああ!!!!」 「げしゅなにんげんはとっとちょちねえええええええええ!!!」 「これはどういうことだ?クソ饅頭まりさ。 ゆっくりとは、数十年前に突然現れた生物 ?で、どういう原理で生きているのかも解明されてない。

Next

[B!] 【和菓子あき】なきむしおちびちゃん 前篇 : ゆっくりプレイス

ピクピクしている。 の体はでできているため、に長時間浸かるとふやけて動けなくなってしまう。 あたしには、あなたが必要よ」 女はありすをビニール袋に戻した。 「おや、そろそろお仕事の時間かな?」 「「……ゆぅ…………」」 「さあ、お母さんたちはこっちに戻ろうね。 「れいみゅのさいっきょうっあたっくだよっ!!」 「ゆべえっ!!?」 「お、おにぇーしゃんっ!!?」 増長しきった子れいむが、最強を証明しようとしてか、石の上から子まりさの頭上に飛び降りたのである。 ちょっとやってみせてよ、今すぐ」 「ゆぅ……」 互いに視線を交わしてから、不貞腐れたようにずーりずーりと子供の元へ這ってゆくれいむ達。

Next