あとひとつ 歌詞。 あとひとつ 歌詞「FUNKY MONKEY BABYS」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

FUNKY MONKEY BABYS あとひとつ 歌詞&動画視聴

歌手: 作詞: 作曲: あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ. 管楽器• 超えなくてはいけない壁にぶつかり、調子を崩してしまった時もあるだろう。 あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日が来るって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ 2010ABC夏の高校野球応援ソング アルバム「ファンキーモンキーベイビーズ4」収録曲 アルバム「ファンキーモンキーベイビーズ LAST BEST」収録曲. 》 TEXT:空屋まひろ. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 ギター• あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日が来るって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ 2010ABC夏の高校野球応援ソング アルバム「ファンキーモンキーベイビーズ4」収録曲 アルバム「ファンキーモンキーベイビーズ LAST BEST」収録曲. コード• あとひとつ 歌手:FUNKEY MONKEY BABYS 作詞:FUNKEY MONKEY BABYS・川村結花 作曲:FUNKEY MONKEY BABYS・川村結花 あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う そのときが来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でもその両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そうあの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う そのときが来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でもの両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけていた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう初めて口に出来た 泣きたいくらい本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい誰が止められるというのだろう あと一粒の涙が 一言の勇気が 明日を変えるそのときを見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う そのときが来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でもこの両手を あの空へ のばして あの空へ FUNKY MONKEY BABYS あとひとつ 歌詞を直接貼り付けてしまうと違法になるため(書いた人も依頼した人も、罰せられます)、上記のようなJASRAC 日本音楽著作権協会 許諾済みサイトを参照してください。 2台4手• オーボエ(二重奏)• ギターリード• 《夢をこの手に掴むために。 チューバ• ビッグバンド(スコア+パート譜)• すべて• 歌詞サイトを教えてもらうのであれば、何ら問題はありません。 フルスコア• 弦楽アンサンブル四重奏• オーケストラ• すべて• バンド• 回答に書かれたものほうが便利と感じると思いますが、違法な物になりますので許諾を受けた各種歌詞サイトをご利用ください。

Next

FUNKY MONKEY BABYS のあとひとつの歌詞をください

弾き語り• テナーサックス• パート• きっと、空へ手を伸ばすように彼らは球を追うことだろう。 「あと少しで、願いが叶うのに」 甲子園に向け高校球児たちが凌ぎを削る夏は特に、そう思わずにはいられない場面に出くわす。 試聴する KKBOXを起動 あとひとつ 作詞:FUNKY MONKEY BABYS・川村結花 作曲:FUNKY MONKEY BABYS・川村結花 あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ. その他• 弾き語り• ユーフォニアム• すべて• メロディ• その他• 歌詞についての質問の際には、上記状況を踏まえておいていただければと思います。 合唱(男声4部)• 弦楽器• また、著作権者には著作権侵害に対する差止請求権や損害賠償請求権があります。 アルトサックス• すべて• 質問者様は、歌詞の貼り付けまで求めていなかったかと思います。 夢を手にする事がどれだけ難しいか。 支え合える仲間と共に歩んでこれた者だけが、あとひとつ先を超えていけるのだ。

Next

FUNKY MONKEY BABYS あとひとつ 歌詞&動画視聴

ファゴット• あとひとつ FUNKY MONKEY BABYS あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じているから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いていた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いていた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が あとひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ これですww あとひとつ FUNKY MONKEY BABYS あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じているから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いていた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いていた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が あとひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 ホルンソロ• ベース• フルート• もし、回答に歌詞が書かれた状態で、それにより[解決]した場合、違法行為が記録として残ることになりますので、ご注意ください。 》 TEXT:空屋まひろ. もし、回答に歌詞が書かれた状態で、それにより[解決]した場合、違法行為が記録として残ることになりますので、ご注意ください。 歌詞についての質問の際には、上記状況を踏まえておいていただければと思います。 あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ. あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだで ひと 言 ことの 勇気 ゆうきで 願 ねがいがかなう その 時 ときが 来 くるって 僕 ぼくは 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ あの 日 ひもこんな 夏 なつだった 砂 すなまじりの 風 かぜが 吹 ふいてた グランドの 真上 まうえの 空 そら 夕日 ゆうひがまぶしくて どこまで 頑張 がんばればいいんだ ぎゅっと 唇 くちびるを 噛 かみしめた そんな 時 とき 同 おなじ 目 めをした 君 きみに 出会 であったんだ そう 簡単 かんたんじゃないからこそ 夢 ゆめはこんなに 輝 かがやくんだと そう あの 日 ひの 君 きみの 言葉 ことば 今 いまでも 胸 むねに 抱 だきしめてるよ あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだで ひと 言 ことの 勇気 ゆうきで 願 ねがいがかなう その 時 ときが 来 くるって 僕 ぼくは 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ のばして あの 空 そらへ いつもどうしても 素直 すなおになれずに 自信 じしんなんてまるで 持 もてずに 校舎 こうしゃの 裏側 うらがわ 人目 ひとめを 気 きにして 歩 あるいてた 誰 だれかとぶつかりあうことを 心 こころのどこかで 遠 とおざけた それは 本当 ほんとの 自分 じぶんを 見 みせるのが 怖 こわいだけだったんだと 教 おしえてくれたのは 君 きみと 過 すごした 今日 きょうまでの 日々 ひび そう 初 はじめて 口 くちに 出来 できた 泣 なきたいくらいの 本当 ほんとうの 夢 ゆめを あとひとつの 坂道 さかみちを ひとつだけの 夜 よるを 越 こえられたなら 笑 わらえる 日 ひがくるって 今日 きょうも 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ あつくなっても 無駄 むだなんて 言葉 ことば 聞 きき 飽 あきたよ もしもそうだとしても 抑 おさえきれないこの 気持 きもちを 希望 きぼうと 呼 よぶなら いったい 誰 だれが 止 とめられると 言 ゆうのだろう あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだが ひと 言 ことの 勇気 ゆうきが 明日 あしたを 変 かえるその 時 ときを 見 みたんだ なくしかけた 光 ひかり 君 きみが 思 おもい 出 ださせてくれた あの 日 ひの 景色 けしき 忘 わすれない あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだで ひと 言 ことの 勇気 ゆうきで 願 ねがいがかなう その 時 ときが 来 くるって 僕 ぼくは 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ のばして あの 空 そらへ あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida で de ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki で de 願 nega いがかなう igakanau その sono 時 toki が ga 来 ku るって rutte 僕 boku は ha 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he あの ano 日 hi もこんな mokonna 夏 natsu だった datta 砂 suna まじりの majirino 風 kaze が ga 吹 fu いてた iteta グランド gurando の no 真上 maue の no 空 sora 夕日 yuuhi がまぶしくて gamabushikute どこまで dokomade 頑張 ganba ればいいんだ rebaiinda ぎゅっと gyutto 唇 kuchibiru を wo 噛 ka みしめた mishimeta そんな sonna 時 toki 同 ona じ ji 目 me をした woshita 君 kimi に ni 出会 dea ったんだ ttanda そう sou 簡単 kantan じゃないからこそ janaikarakoso 夢 yume はこんなに hakonnani 輝 kagaya くんだと kundato そう sou あの ano 日 hi の no 君 kimi の no 言葉 kotoba 今 ima でも demo 胸 mune に ni 抱 da きしめてるよ kishimeteruyo あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida で de ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki で de 願 nega いがかなう igakanau その sono 時 toki が ga 来 ku るって rutte 僕 boku は ha 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he のばして nobashite あの ano 空 sora へ he いつもどうしても itsumodoushitemo 素直 sunao になれずに ninarezuni 自信 jishin なんてまるで nantemarude 持 mo てずに tezuni 校舎 kousya の no 裏側 uragawa 人目 hitome を wo 気 ki にして nishite 歩 aru いてた iteta 誰 dare かとぶつかりあうことを katobutsukariaukotowo 心 kokoro のどこかで nodokokade 遠 too ざけた zaketa それは soreha 本当 honto の no 自分 jibun を wo 見 mi せるのが serunoga 怖 kowa いだけだったんだと idakedattandato 教 oshi えてくれたのは etekuretanoha 君 kimi と to 過 su ごした goshita 今日 kyou までの madeno 日々 hibi そう sou 初 haji めて mete 口 kuchi に ni 出来 deki た ta 泣 na きたいくらいの kitaikuraino 本当 hontou の no 夢 yume を wo あとひとつの atohitotsuno 坂道 sakamichi を wo ひとつだけの hitotsudakeno 夜 yoru を wo 越 ko えられたなら eraretanara 笑 wara える eru 日 hi がくるって gakurutte 今日 kyou も mo 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he あつくなっても atsukunattemo 無駄 muda なんて nante 言葉 kotoba 聞 ki き ki 飽 a きたよ kitayo もしもそうだとしても moshimosoudatoshitemo 抑 osa えきれないこの ekirenaikono 気持 kimo ちを chiwo 希望 kibou と to 呼 yo ぶなら bunara いったい ittai 誰 dare が ga 止 to められると merareruto 言 yu うのだろう unodarou あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida が ga ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki が ga 明日 ashita を wo 変 ka えるその erusono 時 toki を wo 見 mi たんだ tanda なくしかけた nakushikaketa 光 hikari 君 kimi が ga 思 omo い i 出 da させてくれた sasetekureta あの ano 日 hi の no 景色 keshiki 忘 wasu れない renai あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida で de ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki で de 願 nega いがかなう igakanau その sono 時 toki が ga 来 ku るって rutte 僕 boku は ha 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he のばして nobashite あの ano 空 sora へ he. 書かれたご質問文自体に問題はないものの、歌詞を回答に直接書かれる方もおられます。 弾き語り• 大正琴• トランペット• エレクトーン• 回答に書かれたものほうが便利と感じると思いますが、違法な物になりますので許諾を受けた各種歌詞サイトをご利用ください。

Next

あとひとつ 歌詞「FUNKY MONKEY BABYS」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

リコーダー• 夢を背負い、最後まで全力で戦う球児たちが熱気を放っているからかもしれない。 あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだで ひと 言 ことの 勇気 ゆうきで 願 ねがいがかなう その 時 ときが 来 くるって 僕 ぼくは 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ あの 日 ひもこんな 夏 なつだった 砂 すなまじりの 風 かぜが 吹 ふいてた グランドの 真上 まうえの 空 そら 夕日 ゆうひがまぶしくて どこまで 頑張 がんばればいいんだ ぎゅっと 唇 くちびるを 噛 かみしめた そんな 時 とき 同 おなじ 目 めをした 君 きみに 出会 であったんだ そう 簡単 かんたんじゃないからこそ 夢 ゆめはこんなに 輝 かがやくんだと そう あの 日 ひの 君 きみの 言葉 ことば 今 いまでも 胸 むねに 抱 だきしめてるよ あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだで ひと 言 ことの 勇気 ゆうきで 願 ねがいがかなう その 時 ときが 来 くるって 僕 ぼくは 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ のばして あの 空 そらへ いつもどうしても 素直 すなおになれずに 自信 じしんなんてまるで 持 もてずに 校舎 こうしゃの 裏側 うらがわ 人目 ひとめを 気 きにして 歩 あるいてた 誰 だれかとぶつかりあうことを 心 こころのどこかで 遠 とおざけた それは 本当 ほんとの 自分 じぶんを 見 みせるのが 怖 こわいだけだったんだと 教 おしえてくれたのは 君 きみと 過 すごした 今日 きょうまでの 日々 ひび そう 初 はじめて 口 くちに 出来 できた 泣 なきたいくらいの 本当 ほんとうの 夢 ゆめを あとひとつの 坂道 さかみちを ひとつだけの 夜 よるを 越 こえられたなら 笑 わらえる 日 ひがくるって 今日 きょうも 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ あつくなっても 無駄 むだなんて 言葉 ことば 聞 きき 飽 あきたよ もしもそうだとしても 抑 おさえきれないこの 気持 きもちを 希望 きぼうと 呼 よぶなら いったい 誰 だれが 止 とめられると 言 ゆうのだろう あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだが ひと 言 ことの 勇気 ゆうきが 明日 あしたを 変 かえるその 時 ときを 見 みたんだ なくしかけた 光 ひかり 君 きみが 思 おもい 出 ださせてくれた あの 日 ひの 景色 けしき 忘 わすれない あと 一粒 ひとつぶの 涙 なみだで ひと 言 ことの 勇気 ゆうきで 願 ねがいがかなう その 時 ときが 来 くるって 僕 ぼくは 信 しんじてるから 君 きみもあきらめないでいて 何度 なんどでも この 両手 りょうてを あの 空 そらへ のばして あの 空 そらへ あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida で de ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki で de 願 nega いがかなう igakanau その sono 時 toki が ga 来 ku るって rutte 僕 boku は ha 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he あの ano 日 hi もこんな mokonna 夏 natsu だった datta 砂 suna まじりの majirino 風 kaze が ga 吹 fu いてた iteta グランド gurando の no 真上 maue の no 空 sora 夕日 yuuhi がまぶしくて gamabushikute どこまで dokomade 頑張 ganba ればいいんだ rebaiinda ぎゅっと gyutto 唇 kuchibiru を wo 噛 ka みしめた mishimeta そんな sonna 時 toki 同 ona じ ji 目 me をした woshita 君 kimi に ni 出会 dea ったんだ ttanda そう sou 簡単 kantan じゃないからこそ janaikarakoso 夢 yume はこんなに hakonnani 輝 kagaya くんだと kundato そう sou あの ano 日 hi の no 君 kimi の no 言葉 kotoba 今 ima でも demo 胸 mune に ni 抱 da きしめてるよ kishimeteruyo あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida で de ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki で de 願 nega いがかなう igakanau その sono 時 toki が ga 来 ku るって rutte 僕 boku は ha 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he のばして nobashite あの ano 空 sora へ he いつもどうしても itsumodoushitemo 素直 sunao になれずに ninarezuni 自信 jishin なんてまるで nantemarude 持 mo てずに tezuni 校舎 kousya の no 裏側 uragawa 人目 hitome を wo 気 ki にして nishite 歩 aru いてた iteta 誰 dare かとぶつかりあうことを katobutsukariaukotowo 心 kokoro のどこかで nodokokade 遠 too ざけた zaketa それは soreha 本当 honto の no 自分 jibun を wo 見 mi せるのが serunoga 怖 kowa いだけだったんだと idakedattandato 教 oshi えてくれたのは etekuretanoha 君 kimi と to 過 su ごした goshita 今日 kyou までの madeno 日々 hibi そう sou 初 haji めて mete 口 kuchi に ni 出来 deki た ta 泣 na きたいくらいの kitaikuraino 本当 hontou の no 夢 yume を wo あとひとつの atohitotsuno 坂道 sakamichi を wo ひとつだけの hitotsudakeno 夜 yoru を wo 越 ko えられたなら eraretanara 笑 wara える eru 日 hi がくるって gakurutte 今日 kyou も mo 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he あつくなっても atsukunattemo 無駄 muda なんて nante 言葉 kotoba 聞 ki き ki 飽 a きたよ kitayo もしもそうだとしても moshimosoudatoshitemo 抑 osa えきれないこの ekirenaikono 気持 kimo ちを chiwo 希望 kibou と to 呼 yo ぶなら bunara いったい ittai 誰 dare が ga 止 to められると merareruto 言 yu うのだろう unodarou あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida が ga ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki が ga 明日 ashita を wo 変 ka えるその erusono 時 toki を wo 見 mi たんだ tanda なくしかけた nakushikaketa 光 hikari 君 kimi が ga 思 omo い i 出 da させてくれた sasetekureta あの ano 日 hi の no 景色 keshiki 忘 wasu れない renai あと ato 一粒 hitotsubu の no 涙 namida で de ひと hito 言 koto の no 勇気 yuuki で de 願 nega いがかなう igakanau その sono 時 toki が ga 来 ku るって rutte 僕 boku は ha 信 shin じてるから jiterukara 君 kimi もあきらめないでいて moakiramenaideite 何度 nando でも demo この kono 両手 ryoute を wo あの ano 空 sora へ he のばして nobashite あの ano 空 sora へ he. フルスコア+全パート• あとひとつ 歌手:FUNKEY MONKEY BABYS 作詞:FUNKEY MONKEY BABYS・川村結花 作曲:FUNKEY MONKEY BABYS・川村結花 あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う そのときが来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でもその両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そうあの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う そのときが来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でもの両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけていた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう初めて口に出来た 泣きたいくらい本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい誰が止められるというのだろう あと一粒の涙が 一言の勇気が 明日を変えるそのときを見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で 一言の勇気で 願いが叶う そのときが来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でもこの両手を あの空へ のばして あの空へ FUNKY MONKEY BABYS あとひとつ 歌詞を直接貼り付けてしまうと違法になるため(書いた人も依頼した人も、罰せられます)、上記のようなJASRAC 日本音楽著作権協会 許諾済みサイトを参照してください。 FUNKY MONKEY BABYSさん『あとひとつ』の歌詞 アトヒトツ words by ファンキーモンキーベイビーズカワムラユカ music by ファンキーモンキーベイビーズカワムラユカ Performed by ファンキーモンキーベイビーズ. その他• 《夢をこの手に掴むために。 オカリナ• 支え合える仲間と共に歩んでこれた者だけが、あとひとつ先を超えていけるのだ。 著作権法には、著作権を侵害した場合、「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはこの両方」という罰則規定があります。 すべて• 追い求めてきたものが手を伸ばせば届く、すぐ目の前にある。

Next

あとひとつ 歌詞「FUNKY MONKEY BABYS」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

その他弦楽器• 甲子園もそうだが優勝を胸に勝ち進む学校がいる裏で試合に敗れ、泣き崩れる球児たちがいる。 コントラバス• メロディ• アンサンブル• ピアノ• バイオリン• スポットライトが当てられる事のない裏側を視点に添えている。 合唱(その他)• パート• その他• ハーモニカ• 当時、田中は東北楽天イーグルスに所属していた為、ジャケットはそのユニフォームを着た彼が飾っている。 すべて• 歌詞 あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ. アカペラ• アンサンブル• コード譜• このPVには、ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大も出演。 オーボエ• アルトヴェノーヴァ• 教則・音楽理論• 吹奏楽• デュオ• 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 諦めず、積み重ねた日々を信じ続け勝ち上がってきた49校の熱い舞台。 甲子園もそうだが優勝を胸に勝ち進む学校がいる裏で試合に敗れ、泣き崩れる球児たちがいる。

Next

FUNKY MONKEY BABYS のあとひとつの歌詞をください

バリトンサックス• パート• 合唱/ボーカル• そんな場面を前に、人は思わずにはいられない。 すべて• そんな場面を前に、人は思わずにはいられない。 高校球児たちを応援する楽曲 FUNKY MONKEY BABYS『あとひとつ』は、そんな球児たちを主人公に第92回夏の高校野球の応援ソングに起用された。 合唱(同声3部)• 合唱(混声4部)• ウクレレ• 教則・音楽理論• ブルースハープ• 夢を手にする事がどれだけ難しいか。 PVに登場する学校はファンモンに合わせてか、よく見るとユニフォームが《SARUGAKU》となっている。 すべて• ゴスペル• 歌手: 作詞: 作曲: あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いてた グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ ぎゅっと唇を噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに 校舎の裏側 人目を気にして歩いてた 誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと 教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々 そう 初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって 今日も信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう あと一粒の涙が ひと言の勇気が 明日を変えるその時を見たんだ なくしかけた光 君が思い出させてくれた あの日の景色 忘れない あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ. 書かれたご質問文自体に問題はないものの、歌詞を回答に直接書かれる方もおられます。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

Next