シマノ サステイン。 シエナ [SIENNA]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

サステイン C5000XG を2年使用してのインプレ【初心者向】更新

以下に主な搭載テクノロジーの詳細をご紹介していきます。 5-130、2-100、2. コアプロテクトとクイックレスポンス シマノのスピニングリールは、すべてのリールが「コアソリッド」と、「クイックレスポンス」シリーズの2シリーズにカテゴライズされています。 より読者の目線に立った記事(魚種別攻略法、ルアーランキング、釣行日記等)を一から記載していきます。 2)で、その差は2cm(ギア比では0. 耐久性に加えて、スムーズな巻き心地を実現しています。 0人中、0人が役立ったといっています• 1-400,1. おそらくその辺りの材料配分等で価格差が生まれているのではと推測できます。 これもまぁ、微々たる差と言ってもいいのかな? ベアリング数 ココは予想通り。 自重 自重:285g。

Next

シマノからマグナムライトローター、Xプロテクト搭載リール、サステイン登場!

ストラディックシリーズの追加方法ではローラークラッチも外しましたが、外す必要はなかったようです。 もしかしたら、ハイブリッド具合も異なるかもしれません。 とはいえ、サステインとツインパワーXDでは実売価格1万円以上の差が開きますから、悩みどころですよね。 ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• しかし、ボディーサイズや自重を考慮しないことを前提に、「シマノ - 15ツインパワーSW [5000XG]」をはじめとする、SWタイプのスピニングリールの公称スペックと比較すると、やはりドラグ力や巻き上げトルクは比べ物にならず、同様の用途で使用する場合は、SWタイプのスピニングリールをチョイスすることをおすすめします。 XGという設定を考えると、速い回収を求められる番手ですよね。

Next

シマノ 17 サステイン 3000XG 実釣インプレ

以前、リジッドサポートドラグではない、多板式のドラグ(ストラディック C3000HGM)を使ってみると、滑り出しの悪さに戸惑いを覚えましたが、それと比べるとかなり滑り出しがスムーズになっています。 ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• これが サステインC5000XG ですと、ハンドル1回転で103cm巻かれるとのことなので、小さなスプーンをライトタックル同様にゆっくり進めようとすると超超デッドスローなリトリーブが必要になるのですが、それをうまくやれるようになるまでがなかなか大変です。 あとはボディ設計の違いもあるかもしれません。 ストラディックSWに関しては 「カーボンクロスワッシャ」の採用でドラグシステムの強化が図られています。 予算があれば欲しい本命リールは他にありますが、ロッドやその他もろもろを買いそろえる為にはリールの予算も限られてきますよね。 ハンドル長 ツインパワーXDが57cm、サステインが55cmです。 オープンにされていない箇所での差別化はされているのかもしれないが、それにしたって、ツインパワーXDとほぼ同じ性能でこの低価格。

Next

サステインC5000XGを2シーズン使用してみて、という話 | 行けぜよ

5-170,4-150,5-125• ・ ナイトゲームの巻き用途にはハイギア過ぎる ハイギヤは確かに便利でメリットも多く感じられますが、さすがにやり過ぎでは? せめてラインナップにノーマルギアを加えてほしいものです。 さいごに. Xプロテクト 出典:SHIMANO シマノ の防水機構コアプロテクトの上位技術である、Xプロテクトを採用。 キュッとしまった感じで個人的には格好いいなと思います。 シマノからニューリールである17サステイン!! 今回はこのサステインをインプレしていきたいと思います。 最近思い切って入手したツインパワーXDも、従来のツインパワーから更にニューマグナムライトローターを採用したことによる巻きの軽さが最大の特徴であった。 5-105、3-85• 5-180、3-150、4-100• シマノ 「17 サステイン」 3000XGに定番改造。

Next

シマノ 17 サステイン 3000XG 実釣インプレ

これでローターが外れ、ボディを開けることができるようになります。 リールの改造はくれぐれも自己責任でお願いします。 4-190,5-150,6-125• あとは実機を触ってみたい ほぼ決まりなんですが、あとは実際に実機を触って決定に至りたい。 ここではそれぞれの違いをわかりやすくご紹介します。 カーボンクロスワッシャは耐久性が高く、高い負荷が掛かったときでもドラグ性能の変化を非常に小さなものに抑えることができるため、ビッグフィッシュ相手にも安心してやり取りすることが出来ることでしょう。 ウェーディングでのシーバス釣りで使っています。

Next

ストラディックSWとサステインやバイオマスターSWの違いは何?比較してわかりにくいところを明確にしてみた

細部を見ていくとボディにややケチがつきますが、それ以外は申し分ありません。 89mm ・めがねレンチ 12mm ・トルクスドライバー T6 T10 その他、各種ドライバーなど ベアリングの交換手順 ボディ内のBB追加 ベアリングの交換手順を順を追って紹介します。 地図や風向きを何度もチェックし、さまざまな形で憑りつかれたような行動を触発するウェーディングの釣り・・ そのウェーディングで被りたいデザインのCAPを形にしました。 XGですが巻きはかなり軽いです、またパワーもあり、60cmのハマチを楽々引き寄せました。 実釣では気になりませんが、シマノがこの手のローターを嫌っていたのが分かる気がします。 実際この価格帯でこれだけのスペックを有しているのならば是非買いではないか?とのインプレでした。 言いすぎかもしれませんが5万円クラスの性能に迫るリールであるということ!? 切削なしでミクロン単位の仕上げをしてあり、強度が高く、かつ巻き心地が非常に良い定評のあるギアとなっています。

Next

ストラディックSWとサステインやバイオマスターSWの違いは何?比較してわかりにくいところを明確にしてみた

(ナイロン2号-100m糸付) 5. スペックと技術特性を見ての考察 シマノホームページの表記だけ見ていると、ほとんど差がない、というのがパッと見の印象ですが、その質で差別化が図られている雰囲気です。 価格 ツインパワーXDが実売価格で35,578円、サステインが25,307円で、その差は10,271円です。 HAGANEギア ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。 ドラグの滑り出しも上々。 なのでC2500HGSがあればよりベター。 エギング、シーバス、フカセ釣りなど色んな釣りがこの1台で出来ます。 ブラックな見た目がカッコいい! 見た目に関しては人それぞれ感性が違うのでなんとも言えませんが、個人的にはすっごい好みな外観です。

Next

サステイン C5000XG を2年使用してのインプレ【初心者向】更新

5号で、そこそこ根の荒い地磯での釣行でした。 同じく3000HGに始まり5000XGまでとなっています。 この機能で実売3万円以下とは驚きです(4000XG) 出典: 大変満足です。 で購入しました• 従来の撥水処理に加え、水の侵入を抑えるラビリンス構造を複合することで、非接触でありながら高い防水性能を実現しました。 ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• Xプロテクト 「Xプロテクト」は、防水壁構造と特殊グリスにより水の浸入を防ぐ、シマノ独自の防水構造です。 146• 5-85• C3000• ホームページ上のスペックや技術特性にほぼ差がないにも関わらず、およそ1万円の価格差があるのは、ギアとボディの違いによるところが主な理由であれば説明がつきますね。 サステインはあえて3000番できたところに何か意図を感じますね…。

Next