五 等 分 の 花嫁 最終 話。 『五等分の花嫁』115話 感想:選んだ未来とそれぞれの想い!中野四葉がたどり着く答えは…?

『五等分の花嫁』115話 感想:選んだ未来とそれぞれの想い!中野四葉がたどり着く答えは…?

富豪のご令嬢ですし、 披露宴も挙式も立派なものだと 思いますが、 それでもお色直しって五回ぐらいでは? それにしてはあまりにも多かったので、 もしかして五つ子全員分のドレス? 一応納得できます。 初回登録時のみ30日間無料&無料期間中にポイントGET! music. 大粒の涙をこぼしながら、上杉には嘘をつけない、 「ずっと好きでした」と言いました。 本当の花嫁は誰? 風太郎の前に現れたウエディングドレス姿の五つ子! それぞれ自らが本当の花嫁だと風太郎に言います。 ここにたどり着くまで、色んなことがありました。 三玖への愛 郎への想いを原動力にして成長を遂げてきた三女の三玖。

Next

『五等分の花嫁』115話 感想:選んだ未来とそれぞれの想い!中野四葉がたどり着く答えは…?

。 年明けの2020年第1回目のお話を楽しみにしております。 本当にこれで最後なんだなと思うと、一つ一つのシーンや言葉がとてもかけがえのないものに感じられて、自然と目頭も熱くなって。 主任がいなくなると、 五月は部屋の電気を付けようとし、電気のスイッチを押すと、他の4人もスイッチを押そうとしていた。 」と思わず手が伸びそうになるくらい気持ちが残り続けてもいるけれど。 そこで風太郎は 人生を変える初恋をしました。 それでも未来のことに臆病にならなくていいのは、「過去」と「今」が重なり合った結果こそが「未来」だからなのだと思います。

Next

五等分の花嫁がアニメ化!あらすじは?最終話の結婚相手は謎?

朦朧としている中、 あの鈍い風太郎が五月を見破ったんですから。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• それを見ている風太郎。 というわけで、今回は 五等分の花嫁のアニメが原作漫画でいうところの何巻何話までの放送なのか調べてみました。 本当にありがとうございました。 頑張ったな。 これだけ重たいものを背負っている四葉が、自分から風太郎に想いを伝えるなんてことはないと思います。

Next

『五等分の花嫁』115話 感想:選んだ未来とそれぞれの想い!中野四葉がたどり着く答えは…?

姉妹ですら気づかないとは驚きです! 中野5姉妹は、普段どこで見分けているのでしょうか。 今では、 写真の子=最強の切り札だと思っています。 本当に心の底から嬉しく思い、作者の春場ねぎ先生に向けて今一度感謝の想いを表明したい心境でございます。 突然褒められた一花は恥ずかしくなり、照れながら風太郎を小突きます。 その軌跡が無駄になることは決してなく、彼女のこれからをより輝かせる思い出として胸に刻まれていくことを切に願っています。 五月エンドの可能性小から順に説明します。 一花さんへの愛 そんな「郎の想い」は 一花さんから順に語られていくことに。

Next

今週の「五等分の花嫁」、良い最終回だった・・・・・・・【マガジン感想】

風太郎が誓いのキスの前に、緊張で震えていたことを四葉にからかわれます。 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 郎がたとえ誰を選ぼうとも、喜びも悲しみもみんなで受け止めてその結末を祝福する。 それは一番初めに五月にバレた訳ですが、ここで三玖は五月に大きな借りを作ってしまった訳です。 おつかれさま 結婚式を終えて、風太郎は控室で休んでいます。 なので、四葉の恋が実ることはなく、他の子(五月)と結ばれる。 と、風太郎は誓いのキスをする前に、四葉が言ったことを思い出します。

Next

五等分の花嫁の結婚相手が確定!最後の結末を最終回ネタバレとして紹介!|ワンピースネタバレ漫画考察

ただ、今はこれはフェイントで一度四葉はありえないと思わせて、 「実はやっぱり四葉が花嫁でした」と読者を騙すための作戦ではないかと思っています。 望まれぬ謝罪 しかし、二乃からすればそのような気遣いは当然 「いらぬお世話」なわけですよね。 何巻から読むべき? 五等分の花嫁では、物語の大筋は原作とアニメとで同じですが、ちょこちょこカットされたりと細かい部分は結構違ってたりします。 フータローと会うの気まずいのにバッタリ会ってしまい叩き出した大赤面といい、着物に着替えた姿といい。 五つ子と出会えたことは、俺の誇り。 五月は一花の変装をしていたと言い出せない空気になってしまう。 自分に自信が持てないからこその三玖ちゃんのキーアイテム。

Next

『五等分の花嫁』いい最終回だった…。人の夢と書いて儚い?違う「三玖ちゃんの頑張り」と読むのさ!

そして、四葉エンドはないと思っていた理由3つ目は、 四葉は自分の恋を諦めているということです。 ストーリーの趣旨としては 「昨日の今日」だからこそという部分もきっと少なからずあって、一花さんが 「出来ればそのままでいてほしい」と言葉にしているように、変に気を遣い合うことのない関係をこれからも続けていきたいという意図がそこには込められていたのだと思います。 第115話:五通りの朝 さて。 かまくらの中に戻ってきた風太郎は、電話をしている三玖の耳に顔を近づけて一花との電話を聞いた。 笑顔で一つの「区切り」を付けていく強い三玖の姿に、一読者として勇気を貰えたような気がしています。 かつてお母さんがそう言っていたようにこの世にただ一人しかいない自分は間違いなく 「特別な存在」で、それを見分けてくれる「愛」で繋がったパートナーが今は側にいてくれる。

Next